ブラウン・バニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラウン・バニー
The Brown Bunny
監督 ヴィンセント・ギャロ
脚本 ヴィンセント・ギャロ
製作 ヴィンセント・ギャロ
出演者 ヴィンセント・ギャロ
クロエ・セヴィニー
シェリル・ティーグス
音楽 ヴィンセント・ギャロ
テッド・カーソン
ジェフ・アレクサンダー
ゴードン・ライトフット
ジャクソン・C・フランク
マティス・アッカルド・カルテット
撮影 ヴィンセント・ギャロ
編集 ヴィンセント・ギャロ
配給 キネティック
公開 フランスの旗 第56回カンヌ国際映画祭
日本の旗 2003年11月22日
アメリカ合衆国の旗 2004年8月27日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
興行収入 $366,301[1] アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

ブラウン・バニー』(原題:The Brown Bunny)は2003年アメリカ合衆国の映画ヴィンセント・ギャロの第二回監督作品である。

ストーリー[ソースを編集]

バイクレーサーのバド・クレイは、カリフォルニアのレース会場へ向かう道中、元恋人であるデイジーの母親が住む家に立ち寄った。 その家でバドはデイジーと付き合っていたころに飼われていたうさぎを目にする。 その後、彼は様々な女性との出会いを繰り返し、ついにはかつてデイジーと一緒に暮らしていた家を訪れる。

スタッフ[ソースを編集]

評価[ソースを編集]

本作は第56回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、観客のあいだで賛否両論の大論争を巻き起こした。映画評論家ロジャー・イーバートは「史上最悪の映画」と酷評した[2]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]