ボブ・グッチョーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボブ・グッチョーネBob Guccione1930年12月17日 - 2010年10月20日)は、アメリカの男性向けの月刊雑誌「ペントハウス」誌のオーナー。

長男のボブ・グッチョーネJr.英語版は音楽雑誌スピンの創刊者である。

人物[編集]

もともとは画家志望だったが、留学先のイギリスで男性向け月刊誌「ペントハウス」を創刊、同誌は後にライバル誌の「プレイボーイ」を発行部数で追い抜くまでになった。

その後は映画製作に関心を移し、1980年には巨費を投じて豪華なキャスト、スタッフを起用したハード・ポルノ映画『カリギュラ』を製作、ヒットを飛ばした。

2010年10月20日、アメリカ合衆国テキサス州ダラス郊外のプラーノの病院で肺がんのため死去[1]。79歳没。

脚註[編集]

関連項目[編集]