モニカ・ルインスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モニカ・ルインスキー
Monica Lewinsky.jpg
モニカ・ルインスキー(2015年)
生誕 (1973-07-23) 1973年7月23日(44歳)
カリフォルニア州サンフランシスコ
職業 社会運動家[1]

モニカ・ルインスキーMonica Lewinsky、本名:Monica Samille Lewinsky1973年7月23日 - )は、アメリカ合衆国の実業家、女優。

ホワイトハウス実習生時代のビル・クリントン元大統領との不倫スキャンダルで、世界中のマスコミの注目を浴びた。

プロフィール[編集]

カリフォルニア州サンフランシスコ東欧ユダヤ系医師の家に生まれ、ロサンゼルス市内のビバリーヒルズで過ごす。オレゴン州ポートランドの大学を出た後、3通の推薦状を得てホワイトハウス実習生になった。推薦状は実質的には政府高官や政治家のコネだが実習生は100人/年の狭き門であるといわれる(実習生の項目参照)。

クリントン元大統領と一時不倫関係にあった。1994年、クリントンがアーカンソー州知事時代の部下だったポーラ・ジョーンズセクハラで告訴された。その公判の中でクリントンはルインスキーとの関係を否定したが、これが元で偽証疑惑が浮上、スター特別検察官が捜査を開始した。クリントンから「私と関係があったことは裁判で言わないでくれ」と念押されて困ったルインスキーは電話で同僚に相談したが、話を聞いてしまった同僚は裁判で自分までもが偽証することを拒否し、モニカとの電話内容をテープで公表した。

こうして1998年1月、当時の大統領・クリントンとの「不適切な肉体的関係」不倫騒動が世界のトップニュースとなり、モニカ・ルインスキーは一躍有名人となる。その後ルインスキーが「大統領の精液がついた青いドレス」の存在を明らかにし、クリントンは血液採取、DNA鑑定を受けることになった。「精液が別人のものである確率は、欧米人で7兆8700万人に1人」という結果が出たため、8月19日、クリントンは法廷証言とテレビ演説で「不適切な関係」を認め、事態は前代未聞のスキャンダルに発展した。このときに、NOWをはじめとする有力なフェミニスト団体は大統領を擁護する立場に回り、ルインスキーの人格攻撃を行った。

しかし下院は大統領弾劾訴追したものの、上院が無罪の評決を下し、この事件に幕がひかれた。

1999年には、大統領との経緯を綴った暴露本『モニカの真実』(Monica's Story)を出版。「彼は性的な親友だと思っていた」と記しつつも、肉体関係を持っていたことは否定。2000年には、ダイエット商品のCMに出たり、オリジナルバッグを扱うオンラインショップを開設したり、起業家としての活躍も報じられた。また2006年には、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの大学院に進学したことが報じられ、翌2007年には修士号取得。現在、ブランド・オーナーとして、グリニッジ・ヴィレッジニューヨークセレブリティとして暮らしているという。

2015年3月、久々の公の場としてTEDに登場、当時の心境を告白し、さらに自身も経験したネットいじめの危険性を訴え、話題となった[2]

関連作品[編集]

  • 『モニカの真実』 アンドリュー・モートン著、河合衿子訳 徳間書店

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 晒された屈辱の値段TED Talk
  2. ^ モニカ・ルインスキーさん、TEDで雄弁に語る「自分の過去を避けて通るのはやめにしました」

外部リンク[編集]