クルク島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルク島
海から眺めた中心の町、クルク

クルク島(Krk、イタリア語Vegliaドイツ語Veglラテン語Curicta)はクロアチアアドリア海北に浮かぶ島。行政上はプリモリェ=ゴルスキ・コタル郡に属している。人口16,402(2001年)。最大の町は、人口5,491人(2001年度)を抱えるクルク。その他にも町村がある。

クロアチア本土とは1980年に掛けられた長さ1,430mの橋を通じて結ばれており、南ドイツや東欧から観光客が訪れている。

歴史[編集]

島には紀元前10世紀から人が定住している。古代ローマ人は島をクリクタ(Cricta)と呼んでいた。ローマ内乱時代、クリクタの湾でユリウス・カエサルポンペイウスの艦船が海戦を繰り広げた。1000年以上、島はダルマチア語の方言ヴェグリオットの中心地であった。島は伝統的にクロアチア文化の中心であった。グラゴル文字で多様な文学作品が創られ、その一部は島に保存されている。クルクには中世司教座があり、重要な貴族フランコパン家に支配された。

クルクは中世からヴェネツィア共和国の支配下にあり、1797年のカンポ・フォルミオ条約以後はイストリアとともにオーストリア帝国領となった。第一次世界大戦後、島はイタリアに併合され、第二次世界大戦後にユーゴスラビア社会主義連邦共和国の一部となった。

外部リンク[編集]