ダニエル・オートゥイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ダニエル・オートゥイユ
Daniel Auteuil
Daniel Auteuil
2012年
生年月日 (1950-01-24) 1950年1月24日(68歳)
出生地 アルジェ
国籍 フランスの旗 フランス
配偶者 アンヌ・ジュッセ(1978-1984)
エマニュエル・ベアール (1993-95)
Aude Ambroggi (2006-)
著名な家族 オーロル・オートゥイユ(娘)

ダニエル・オートゥイユ(オトゥイユ)Daniel Auteuil 発音例, 1950年1月24日 - )は、アルジェリアアルジェ出身のフランスを代表する男優

来歴[編集]

父アンリはアヴィニョンを中心に活動するオペレッタ/オペラバリトン歌手。母は元合唱団員。

6歳で初舞台を踏み、その後もアヴィニョンの舞台に立つ。パリで演技を学び、舞台ではコメディミュージカル、古典と幅広く出演。映画界からも注目され『ザ・カンニング [IQ=0] 』の大ヒットで人気を獲得。連作『愛と宿命の泉』でシリアス演技に挑戦し、セザール賞を受賞。以後、演技派としても認知される。

1996年の『八日目』ではカンヌ国際映画祭男優賞を、1993年の『愛を弾く女』と2005年の『隠された記憶』でヨーロッパ映画賞の男優賞を受賞している。

プライベート[編集]

最初の妻アンヌ・ジュッセとの間に、俳優となった娘オーロル・オートゥイユをもうけた。元妻エマニュエル・ベアールとの間にも娘が一人いる。

出演作品[編集]

日本語吹替は主に菅生隆之が担当している。

公開年 邦題
原題
役名 備考
1975 ヘルバスター
L'agression
ナターシャの婚約者
※クレジットなし
日本劇場未公開、テレビ放映時のタイトルは『避暑地の異常な夜・犯されて…』『アグレッション・避暑地の異常な夜
1979 夢追い
A nou deux
凶悪犯
1980 ザ・カンニング[IQ=0]
Les sous-doués
ベベル
華麗なる女銀行家
La Banquière
デュクロー
1982 ザ・カンニング/アルバイト情報
Les sous-doués en vacances
ベベル
1984 ファースト・ブラッド/追悼の流儀
Les fauves
クリストファー・バーガム(バーグ) 日本劇場未公開
アスファルト・ウォリアーズ/鮮血ストリート殺人
L'arbalète
ヴァンサン 日本劇場未公開
1985 優しく愛して
Dan L'amour en douce
マルク
1986 愛と宿命の泉 Part1/フロレット家のジャン
Jean de Florette
ウゴラン・スベラン セザール賞 主演男優賞 受賞
英国アカデミー賞 助演男優賞 受賞
愛と宿命の泉 Part2/泉のマノン
Manon de Sources
ウゴラン・スベラン
1988 僕と一緒に幾日か
Quelques jours avec moi
マルシャル
1989 ロミュアルドとジュリエット
Romuald et Juliette
ロミュアルド
1992 愛を弾く女
Un coeur en hiver
ステファン ヨーロッパ映画賞 男優賞 受賞
1993 私の好きな季節
Ma saison préférée
アントワーヌ
1994 王妃マルゴ
La Reine Margot
アンリ4世
1995 フランスの女
Une femme française
ルイ
1996 八日目
Le Huitième jour
アリー カンヌ国際映画祭 男優賞 受賞
夜の子供たち
Les Voleurs
アレックス
見憶えのある他人
Passage à l'acte
アントワーヌ・リヴィエール
1997 愛と復讐の騎士
Le bossu
アンリ・ド・ラガルデールフランス語版 日本劇場未公開
JSB(WOWOW)で放映
1999 橋の上の娘
La Fille sur le pont
セザール賞 主演男優賞 受賞
ロスト・サン
The Lost Son
クサビエ・ロンバルド
2000 サン・ピエールの生命
La Veuve de Saint-Pierre
ジャン
発禁本 SADE
Sade
マルキ・ド・サド
2001 メルシィ!人生
Le Placard
フランソワ・ピニョン
プロジェクトV(バイオント) 史上最悪のダム災害
Vajont - La diga del disonore
アルベリコ・ビアデネ 日本劇場未公開
2003 レッドナイト
Rencontre avec le dragon
レッドナイト 日本劇場未公開
2004 そして、デブノーの森へ
Le prix du désir
ダニエル
あるいは裏切りという名の犬
36, Quai des Orfèvres
レオ・ヴリンクス
2005 隠された記憶
Caché
ジョルジュ ヨーロッパ映画賞 男優賞 受賞
2006 ぼくの大切なともだち
Mon meilleur ami
フランソワ・コスト(美術商)
ナポレオンの愛人
N (Io e Napoleone)
ナポレオン・ボナパルト 日本劇場未公開
2007 画家と庭師とカンパーニュ
Dialogue avec mon jardinier
画家(キャンバス)
マルセイユの決着(おとしまえ)
Le deuxième souffle
ギュ
やがて復讐という名の雨
MR 73
ルイ・シュナイゼル 日本劇場未公開
2012 裏切りのスナイパー
Le Guetteur
マテイ警視 日本劇場未公開
2013 世界にひとつの金メダル
Jappeloup
セルジュ・デュラン
殺意は薔薇の香り
Avant l'hiver
ポール 日本劇場未公開、WOWOWで放映
2016 修道士は沈黙する
Le confessioni
ダニエル・ロシェ イタリア映画祭2017での上映タイトルは『告解[1]

参照[編集]

  1. ^ 作品情報”. イタリア映画祭2017. 朝日新聞. 2018年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]