八日目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
八日目
Le huitième jour
監督 ジャコ・ヴァン・ドルマル
脚本 ジャコ・ヴァン・ドルマル
製作 フィリップ・ゴドー
製作総指揮 ドミニク・ジョセ
エリック・ロメルア
出演者 ダニエル・オートゥイユ
パスカル・デュケンヌ
音楽 ピエール・ヴァン・ドルマル
撮影 ウォルター・ヴァン・デン・エンデ
編集 スザナ・ロスベルグ
オーロール・ムチエ
製作会社 Canal+
配給 フランスの旗 PolyGram Film Distribution
日本の旗 アスミック・エース
公開 フランスの旗 1996年5月22日
日本の旗 1997年5月24日
上映時間 118分
製作国 フランスの旗 フランス
 ベルギー
イギリスの旗 イギリス
言語 フランス語
製作費 FRF 25,000,000[1]
テンプレートを表示

八日目』(ようかめ、原題: Le huitième jour)は、ジャコ・ヴァン・ドルマル監督が1996年に製作したフランスの映画

概要[編集]

エリートサラリーマンのアリーがダウン症の青年ジョルジュとの交流により、友情や家族の大切さを知るファンタジー要素を含んだドラマ。監督は「トト・ザ・ヒーロー」でカンヌ国際映画祭で新人監督賞を受賞したジャコ・ヴァン・ドルマル。ダウン症の青年ジョルジュは実際にダウン症患者であるパスカル・デュケンヌが演じ、ダニエル・オートゥイユとともに1996年第49回カンヌ国際映画祭男優賞を受賞した。

キャスト[編集]

その他[編集]

  • アリーの娘役のアリスとジュリエットは監督の実の娘である。

参考文献[編集]

  1. ^ Le huitième jour (1996) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]