ヴァンサン・ランドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァンサン・ランドン
Vincent Lindon
ヴァンサン・ランドン Vincent Lindon
2013年
生年月日 (1959-07-15) 1959年7月15日(59歳)
出生地 ブローニュ=ビヤンクール
国籍 フランスの旗 フランス
職業 俳優、脚本家
配偶者 サンドリーヌ・キベルラン(1998年 - 2008年)

ヴァンサン・ランドンVincent Lindon, 1959年7月15日 - )は、フランスオー=ド=セーヌ県ブローニュ=ビヤンクール出身の俳優

来歴[編集]

アラン・レネの『アメリカの伯父さん』に衣装アシスタントとして参加。後に渡米し、帰国後はフランスのル・マタン紙の記者として働きながら、俳優を志すようになる。[1]

キャリア[編集]

1983年、『Le Faucon』で映画デビューを果たし、その後多くの映画に出演する。 これまで、セザール賞の主演男優賞に1992年『女と男の危機』、1999年『Ma petite entreprise』、2007年『Ceux qui restent』、2009年『君を想って海をゆく』、2012年『母の身終い』の5度ノミネートされていた。

2015年、自身の出演作『シャンボンの背中』『母の身終い』で監督をしたステファヌ・ブリゼ監督作『ティエリー・トグルドーの憂鬱』で第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、自身が男優賞を受賞する。翌年の第41回セザール賞でも、6度目のノミネートで自身初となる主演男優賞を受賞する[2]

私生活[編集]

カロリーヌ・ド・モナコと交際した時期があったが、1998年に俳優サンドリーヌ・キベルランと結婚し、一女をもうけたが、2008年に離婚。 その後、キアラ・マストロヤンニオーレ・アティカと交際していた。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 映画『ティエリー・トグルドーの憂鬱』公式サイト及びパンフレットより
  2. ^ https://fr.wikipedia.org/wiki/41e_cérémonie_des_César

外部リンク[編集]