華麗なる女銀行家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
華麗なる女銀行家
La Banquière
監督 フランシス・ジローフランス語版
脚本 ジョルジュ・コンションフランス語版
フランシス・ジロー
製作 アリエル・ゼイトゥンフランス語版
出演者 ロミー・シュナイダー
ジャン=ルイ・トランティニャン
ジャン=クロード・ブリアリ
マリー=フランス・ピジェ
ダニエル・オートゥイユ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ベルナール・ジツェルマンフランス語版
編集 ジュヌヴィエーヴ・ウィンディングフランス語版
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 新日本映画社
公開 フランスの旗 1980年8月27日
日本の旗 1985年10月5日
上映時間 130分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

華麗なる女銀行家』(かれいなるおんなぎんこうか、 : La Banquière: The Lady Banker)は、1980年に製作されたフランス映画。実在した女性銀行家のマルト・アノー(Marthe Hanau)の生涯をベースに、金融界を描いた映画。

ストーリー[編集]

エンマ・エケール(ロミー・シュナイダー)は豊富な資金力にモノを言わせ、贅沢な生活を送っていた。そのうち、若手政治家ルクードレ(レミー・ダニエル・メグイシュ)を好きになり、彼に資金援助をしてまで不貞関係を始める。彼が地方へ行く際は、エンマはルクードレが女遊びをする金まで用意する。ルクードレがいかがわしい女性と寝ていると、エンマはその女性を追い出してまでサプライズでルクードレに会いに行く。 それが政治家に対する賄賂として司法当局に察知され、エンマは逮捕され、エンマの経営する銀行に取り付け騒ぎが起こる。 収容先でエンマは食事に文句を言うと、女性看守に「ここはリッツではない」とあしらわれ、贅沢な生活に慣れていたエンマは食事が喉を通らなくなり、病院に移送される。 保釈されて裁判をしながらエンマは銀行経営に復帰するが、ルクードレは失脚し、妻にまで見放される。そこでエンマは自分が選挙に出馬し、演説会を大々的に開くが、その演説中に何者かにエンマは狙撃され、暗殺されてしまう。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  • DVD「La Banquière」(日本では非発売)をPCでリージョンコードを変更して視聴

外部リンク[編集]