ジュスト・ジャカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュスト・ジャカン
Just Jaeckin
生年月日 (1940-08-08) 1940年8月8日(77歳)
出生地 ヴィシー
国籍 フランスの旗 フランス

ジュスト・ジャカン(Just Jaeckin、1940年8月8日 - )は、フランスの映画監督、写真家。

略歴[編集]

父はオランダ人、母はイギリス人。フランスがナチス・ドイツの占領下にある時期ヴィシーで生まれた。すぐに父母とともにイギリスに渡り、戦後フランスに戻った。帰国後、アートと写真を学び始めたが、本格的に学んだのは軍役の後になってからである。

パリにてファッション写真家として「ELLE」、「ヴォーグ」、「marie claire」といった雑誌で活躍していたが、アート・ディレクター、コマーシャルのフィルムなどを何本か撮ったのち映画界に進出する。1974年『エマニエル夫人』で監督デビューした。以後、エロスを描いた映画を多く監督した。現在もフランスに在住し、妻アンナと暮らしている。映画製作に携わった時代のことをよく覚えているが、今も続けているのは写真と彫刻である。

代表作[編集]

外部リンク[編集]