TOKYO-POP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TOKYO-POP
Tokyo Pop
監督 フラン・ルーベル・クズイ
脚本 リン・グロスマン
フラン・ルーベル・クズイ
製作 葛井克亮
ジョエル・チューバー
出演者 キャリー・ハミルトン
田所豊
小林宏史
杉田広志
金井聡
神田瀧夢
音楽 アラン・ブリューワー
撮影 ジェームズ・ヘイマン
編集 カミーラ・トニオロ
クリスティーナ・ボーデン
配給
公開
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
言語 英語
日本語
テンプレートを表示

TOKYO-POP』(トーキョーポップ Tokyo Pop)は、音楽を中心にアメリカ人の娘とロック・バンドのボーカルの日本人青年との交流を描いたアメリカと日本の合作映画。1988年に公開された。アメリカの習慣と東京のライフ・スタイルのコントラストと、2人の主人公の間で発展するラブ・ストーリーを織り交ぜている[4]

主人公はキャリー・ハミルトン扮するウェンディーと、田所豊(現:ダイアモンド☆ユカイ)扮する山口ヒロ。ほかの出演者にはジーナ・ベラフォンテ丹波哲郎らがいる。監督と脚本はフラン・ルーベル・クズイ。メタル・バンドのX JAPANがカメオ出演している。

あらすじ[編集]

これはマイケル・サーヴェリス扮する恋人を母国アメリカに残し、東京へと旅立ったウェンディー・リードという名前の少女の物語である。ウェンディーは東京で女友達を訪ねるつもりが叶わず、代わりに売れないポップ・バンドでボーカリストをしているヒロという青年と出会う。ブロンド髪で背の高いウェンディーは東京で人目を引く存在であった。ウェンディーはヒロと恋に落ち、物語が進むにつれ音楽シーンでその名が知られるようになる。やがてレコード会社のプロデューサーの目に留まり、わずかな間だが成功を手にする。物語を通して演奏される楽曲はジョン・セバスチャンの「ドゥー・ユー・ビリーブ・イン・マジック?」のカバーである。チャートのトップに立ち、成功を収めていた短い間には贅沢な暮らしも享受したが、徐々にお互いの心が離れ、2人の恋は終りを迎える。

この映画でいうTOKYO-POPとは、バンドがチャートでヒットを1つ飛ばし、それを最後に永遠に消える1日限りのビジネスのことを指す。このためウェンディーは、より安定した職を探そうとアメリカに帰国。ヒロとは忘れられない時間を過ごしたが、素晴らしい作曲家であったヒロには自ら道を切り開く力があったので、お互い別々の人生を歩むことになった。ヒロはプロデューサーの関心を集めるために彼女の力を借りる必要がなくなっていた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

・木元ゆうこ

備考[編集]

  • 当初ヒロの役は尾崎豊も挙げられていたが、実現しなかった。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Tokyo Pop (1988)”. IMDb(Company Credits). Amazon.com. 2021年5月16日閲覧。
  2. ^ a b 映画「TOKYO POP」劇場公開日 1988年11月5日”. 映画.com. 株式会社エット・コム. 2021年5月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e Tokyo Pop (1988)”. IMDb(Release Info). Amazon.com. 2021年5月16日閲覧。
  4. ^ Walter Goodman (1988年4月15日). “In 'Tokyo Pop,' Youth Cultures Clash”. The New York Times. 2015年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]