タモリと鶴瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タモリと鶴瓶
NHK Broadcasting Center 20080809-001.jpg
NHK放送センター
番組収録が実施されていた。)
ジャンル ミニ番組 / ドラマ番組
放送時間 下記参照(5分)
放送期間 2015年5月9日 - 2016年1月2日(全11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
脚本 秋元康
出演者 タモリ
笑福亭鶴瓶
ゲスト1組
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
放送回数は完全版を含む。
テンプレートを表示

タモリと鶴瓶』(タモリとつるべ)は、NHK総合テレビ2015年5月9日から2016年1月2日まで不定期で全11回(完全版を含む)放送された日本ミニドラマ番組タモリ笑福亭鶴瓶冠番組ステレオ放送文字多重放送を実施。

概要[編集]

NHKでレギュラーの冠番組を持つ、タモリ笑福亭鶴瓶の競演による番組。番組と番組の合間に挟み込まれる「ミニ番組」の一つとして制作され、放送開始はNHKのTwitterアカウントによる放送前日の予告でのみ告知された[1]。番組の性格上、初回放送や再放送の放送時間は一定ではなく、放送時間は放送回によって5分間もしくは4分間になる場合もある。

「毎回ゲストを迎えて、タモリと鶴瓶がNHK放送センター内で繰り広げるすれ違いミニドラマ」と銘打たれており、『ブラタモリ』の打ち合わせのために、NHK放送センターを訪れたタモリにゲストが挨拶に行くとタモリが鶴瓶への謎の伝言をゲストに託して立ち去り、『鶴瓶の家族に乾杯』のスタジオ収録を終えた、鶴瓶のもとをゲストが訪れてタモリの伝言を伝えると、今度は鶴瓶がタモリへの謎の伝言をゲストに託す、というプロット(順序は鶴瓶が先のこともあり)で描かれる[2]。5分間(4分間)の放送時間にタモリと鶴瓶が同時に出演することはない(二人がほぼ同時に行違う様が描かれることはある)。完全版とその10(最終回)でタモリと鶴瓶は同時を果たし、謎の伝言の数々はタモリと鶴瓶によって解き明かされた。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

タモリと鶴瓶が競演するのは、2014年3月31日に放送終了したバラエティ番組森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系列)以来である[注 1]

ゲスト[編集]

放送回 初回放送日時(JST ゲスト 関連番組 備考
その1 2015年05月09日 02:50 - 02:55 大泉洋 連続テレビ小説まれ
その2 2015年05月18日 14:50 - 14:55 有働由美子
(NHKアナウンサー
あさイチ
その3 2015年06月27日 12:41 - 12:45 福山雅治 POPSの遺伝子
その4 2015年06月28日 15:50 - 15:55 リリー・フランキー The Covers
その5 2015年08月21日 22:45 - 22:50 爆笑問題
太田光田中裕二[注 2]
探検バクモン
その6 2015年08月26日 13:51 - 13:55 久保田祐佳
(NHKアナウンサー)[注 3]
所さん!大変ですよ
その7 2015年09月26日 13:50 - 13:55 SMAP
中居正広木村拓哉稲垣吾郎草彅剛香取慎吾[注 4][注 5]
SMAPプレゼンツ NHKのど自慢 in山田町 前編
その8 2015年09月26日 13:55 - 14:00 後編
その9 2015年12月21日 14:50 - 14:55 堺雅人[注 6] 大河ドラマ真田丸
完全版 2015年12月31日 00:00 - 00:50 (全9回のゲストが出演)、有働由美子(NHKアナウンサー) 第66回NHK紅白歌合戦 [注 7]
その10 2016年01月02日 11:49 - 11:54 なし(タモリと笑福亭鶴瓶のみ) ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 真田丸スペシャル[3] 最終回[注 7]

伝言内容[編集]

放送回 伝言内容 備考
その1 (タモリ)が降ったら、ちくわぶが欲しい
(鶴瓶)ちくわぶは何とかしますけど、井戸は掘っていいんですね?
その2 (タモリ)井戸は掘っていいけど、くるぶしの見え方がちょっと気になる
(鶴瓶)誰がなんと言ってもチョキ出しますよ
その3 (鶴瓶)シダ科の植物図鑑の中からすきなん選んで
(タモリ)パラグアイ夕日を君は見たか?
その4 (タモリ)これ(中華鍋)渡しといて
(鶴瓶)これは受け取ってもいいけど閏年まで待って下さい
その5 (タモリ)(お尻を思いっきりたたく)
(鶴瓶)俺に隠してたでしょ?それはあきまへんで
その6 (タモリ)(オリジナルメロディー
(鶴瓶)新作落語 山名屋浦里
その7 (タモリ)44503 前編
その8 (鶴瓶)やっぱり次は「ブラつるべ」やな 後編
その9 (鶴瓶)あなたがその気なら仕方ない。その意味がわかりますね?
(タモリ)寄らば斬る 朧月夜とて主のよくは見える
完全版 なし
その10 (タモリ)秋元康への伝言 トルコ政党AKPだけど、どう思う? 最終回

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 鶴瓶は1987年4月から番組放送最終日まで木曜日レギュラーのリーダーを務めていた。
  2. ^ かつてタモリと帯バラエティ番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系列)で共演していた(2000年4月から水曜日レギュラーをコンビで務め、2012年4月から番組終了までは別々の曜日となった)。
  3. ^ かつてタモリと同局の旅バラエティ番組『ブラタモリ』で共演していた。
  4. ^ このうち中居・草彅・香取はかつてタモリと帯バラエティ番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系列)で共演していた。なお、草彅は『ブラタモリ』のナレーションを担当している。
  5. ^ 後編は『鶴瓶の家族に乾杯』アシスタントの小野文惠アナウンサーも出演。
  6. ^ タモリと同じ芸能事務所(田辺エージェンシー)に所属。
  7. ^ a b 『ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 真田丸スペシャル』のスタジオセットで収録された。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]