赤いナースコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤いナースコール
RED NURSE CALL
ジャンル テレビドラマ
原作 秋元康
企画 秋元康
脚本 宮本武史
服部隆
吉﨑崇二
監督 本橋圭太
上田迅
監修 根本千尋(医療)
大橋菊夫(警察)
出演者 佐藤勝利Sexy Zone
福本莉子
池田鉄洋
ベッキー
木村了
山本浩司
橋本淳
森田甘路
大水洋介ラバーガール
堀口紗奈
板尾創路
浅田美代子
鹿賀丈史
音楽 矢野博康
オープニング Sexy Zone「Sleepless」
エンディング みゆな「凝視」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
時代設定 2022年
製作
チーフ・
プロデューサー
森田昇(テレビ東京
プロデューサー 北川俊樹(テレビ東京)
平部隆明
制作 テレビ東京
ホリプロ
製作 「赤いナースコール」製作委員会
放送
放送チャンネルテレビ東京系列
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2022年7月11日 -
放送時間月曜 23:06 - 23:55
放送枠ドラマプレミア23
放送分49分
公式サイト

特記事項:
ParaviひかりTVにて、地上波放送終了後に配信予定。
テンプレートを表示

赤いナースコール』(あかいナースコール)は、2022年7月11日からテレビ東京系列の「ドラマプレミア23」枠にて放送中のテレビドラマ[1][2]。主演は佐藤勝利Sexy Zone[1]

秋元康の企画・原作による、病院を舞台にしたミステリー&ラブサスペンス[1]。秋元が同枠の放送作品で原作を手掛けるのは、本作で4作連続となる[3]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

春野翔太朗(はるの しょうたろう)
演 - 佐藤勝利Sexy Zone[4]
主人公。若手脚本家。交際相手・三森アリサの両親に会うためのドライブ中に交通事故に遭い、右足・左腕にギブスの状態で榎木田記念病院で意識を回復する。一緒に事故に遭い入院しているアリサとの面会を先延ばしにされる。
三森アリサ(みもり アリサ)
演 - 福本莉子[2]
ヒロイン。翔太朗の彼女。父親は経済学分野の大学教授。翔太朗とともに交通事故に遭い、右の頬を損傷するなど重傷を負って榎木田記念病院に入院する。
実際は右の頬はほぼ無傷で、榎木田院長の指示で主治医の石原が血のりを付けるなど工作してまで入院させられていた。

榎木田記念病院[編集]

翔太朗とアリサが入院する病院。ナースコールを押しても看護師が来なければ、その患者は亡くなるという都市伝説がある。

スタッフ[編集]

榎木田誠
演 - 鹿賀丈史[2]
院長。古岡警察署の署長とは旧知の仲。
西垣小百合
演 - 浅田美代子[2]
翔太朗を担当する新人看護師。福山雅治のファン。
自称21歳で、福山雅治のことを自分より年上と言う。
榎木田医院長は元夫と石原医師に告げる。
石原祐二
演 - 板尾創路[2]
翔太朗とアリサの担当医。
山根ミク
演 - ベッキー[2]
看護師。
野田千鶴子
演 - 上地春奈
3号棟の看護師。アリサに翔太朗と連絡を取りたいと頼まれ、携帯電話を貸し与える。
石原医師と御遺体が安置された夜の病室で逢瀬を交わし、激しく口づけする。

313号室の入院患者[編集]

翔太朗と同室に入院する患者たち。

松井時雄〈33〉
演 - 木村了[2]
IT会社(メタバース関連)の経営者。腫瘍マーカーが高く入院3週目。写経の代わりにパソコンでお経をタイピングしている。
同じ病室の患者2人が連続で殺害されたことから勝手に退院するが、その翌日の7月14日、自宅で右肘から下を切断され物干し竿に吊られた遺体で発見される。死因はシアン化合物によるとみられる毒殺。切断された右腕は自宅の洗濯機の中で洗濯されていた。
津田八郎
演 - 山本浩司[2]
無職(自称何でも屋)で、詐欺等の前科あり。肝機能障害で入院6ヵ月目。競馬新聞を読み耽っている。
滝中良一〈25〉
演 - 橋本淳[2]
トラック運転手。椎間板ヘルニアで入院3ヵ月目。握力グリップを握り続けている。既婚者。
近日退院予定であったが、7月10日、翔太朗のベッドの下から翔太朗のスマホを握りしめた下半身がない状態の遺体で発見される。
後に下半身は病院の調理場の寸胴鍋で煮込まれた状態で発見される。
後藤田健斗
演 - 森田甘路[2]
カーテンレールのセールスマン。離婚歴あり。肝硬変で入院4ヵ月目。読書や計算ドリルに集中している。
下塚半太〈39〉
演 - 大水洋介ラバーガール[2]
焼肉店の経営者。眼窩底骨折と肋骨骨折で入院2ヵ月目。ジグソーパズルに興じている。
焼肉店の酔っぱらった客に暴行を受けて上記の傷を負っている。
7月11日、洋式便器に頭を突っ込んだ格好で看護師・山根に発見されるが、頭部が切断された遺体であった。
後に頭部は病院のゴミ捨て場にレジ袋に入れられた状態で発見される。

入院患者[編集]

三上多恵[5]
演 - 藤夏子
翔太朗がアリサの病室を訪れた際、病室から出てきた高齢女性。その日は酸素吸入器の具合が悪く、アリサの病室に替わっていた。
認知症のふりをしており、夜更けに突如アリサの病室を訪れ「病院から逃げろ」と忠告し、アリサが翔太朗と一緒に逃げたいと言ったことから、翔太朗に接触してアリサが集合場所と時間を書いたメモをボケたふりをして渡す。

古岡警察署 刑事第一課[編集]

翔太朗の事故について調べる群馬県警の刑事。人体の一部を持ち去る連続猟奇殺人の犯人を追っている。

工藤文世
演 - 池田鉄洋[2]
交通事故ながら、翔太朗に疑惑を持ち事情聴取に訪れる。
加藤桜
演 - 堀口紗奈[2]
工藤のバディ。

ゲスト[編集]

第3話[編集]

山之内優馬〈46〉
演 - 小堀裕之2丁拳銃)(第4話・第5話)
テレビ東洋ドラマ部プロデューサー。翔太朗の見舞いに現れ、病院での猟奇殺人事件をベースに、脚本家が犯人の考察物の連続殺人ミステリーを脚本することを勧める。
7月15日深夜にアリサに会いに行く翔太朗の身代わりに翔太朗のベッドの中に潜り込んでいたが、何者かに薬で眠らされ、足に取り付けたワニ口クリップのバッテリーコードに電流を流され感電死する。
焼肉店のアルバイト
演 - 一ノ瀬竜末吉9太郎土路生優里
下塚の焼肉店のアルバイト。殺害された下塚の身辺調査のために工藤たちから事情聴取を受ける。
与田
演 - 潟山セイキ[6] (第4話 - )
群馬県警本部長。
篠田
演 - 吉田ウーロン太(第4話 - )
古岡警察署の刑事。人体の一部を持ち去る連続猟奇殺人事件と、榎田記念病院の殺人事件は別物だとする工藤の意見に、激怒して理由を問い詰める。
江口美由紀〈25〉
演 - 名取えりか
病院の購買部の女性。病院駐車場に駐車したチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」が流れる車内で、右足が切断され持ち去られた遺体が発見される。死亡推定時刻は7月13日午後10時から7月14日午前3時の間、死因は紐状のものによる絞殺。
殺害される直前に313号室の松井と院内で話をしていた。

第4話[編集]

敏(びん)
演 - 増澤ノゾム
古岡警察署の刑事。購買部の江口が亡くなる直前まで松井と話をしていたことから、病院を抜け出した松井の事情聴取に彼の自宅を訪れるが、右肘から下が切断され、物干し竿に吊られた松井の遺体を発見する。
大川(おおかわ)
演 - 兒玉宣勝
古岡警察署の刑事課長。連続殺人犯の足取りを掴めない部下たちを捜査本部で激しく叱責する。

第5話[編集]

遠山健二
演 - 岩本淳
榎木田記念病院の広報。
藤沢亮太
演 - 高久慶太郎
榎木田記念病院の顧問弁護士。
新聞記者
演 - 氏家恵、遊屋慎太郎、西村誠治、菜月
5件の殺人でマスコミが押しかけ、苦情の電話が殺到し病院業務に支障をきたしたことから、殺人と榎木田記念病院は無関係と釈明する会見に出席した記者たち。
看護師
演 - 仁科咲姫、結城陽葵
徘徊して行方が分からなくなった三上多恵を探す。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 ラテ欄[9] 脚本 監督
episode 1 7月11日 秋元康の最恐ホラー
入院したら最期!? 全員怪しい謎の恐怖病院
秋元康
宮本武史
本橋圭太
episode 2 7月18日 奇妙な病院内を徘徊する殺人犯!
目的は? 今日の犠牲者は誰!?
秋元康
episode 3 7月25日 次は誰だ!? 止まない謎多き殺人…
接近する恋人たちに迫る罠!!
秋元康
服部隆
episode 4 8月01日 顔面包帯が暴く真相
止まらない連続殺人…真夜中に襲う電ノコ
秋元康 上田迅
episode 5 8月08日 牙を剥く異常病院!?
謎老婆と電ノコ男導く午前0時の犠牲者!!
秋元康
宮本武史
本橋圭太
episode 6 8月15日(予定) 秋元康

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [10] 備考
2022年7月11日 - 月曜23:06 - 23:55 テレビ東京 関東広域圏 製作局
テレビ大阪 大阪府
テレビ愛知 愛知県
テレビせとうち 岡山県香川県
テレビ北海道 北海道
TVQ九州放送 福岡県
びわ湖放送 滋賀県
奈良テレビ 奈良県
テレビ和歌山 和歌山県
岐阜放送 岐阜県

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c Sexy Zone 佐藤勝利、テレ東ドラマ初主演 秋元康企画・原作『赤いナースコール』放送決定”. Real Sound|リアルサウンド 映画部. blueprint (2022年6月13日). 2022年6月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 福本莉子、佐藤勝利主演『赤いナースコール』でヒロインに 「今から怯えています(笑)」”. Real Sound|リアルサウンド 映画部. blueprint (2022年6月25日). 2022年6月25日閲覧。
  3. ^ 秋元康氏がテレ東「ドラマプレミア23」枠4作連続担当「地上波の限界と言われる怖いドラマを」”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2022年6月13日). 2022年7月2日閲覧。
  4. ^ Sexy Zone佐藤勝利、最恐ミステリーで“怯える表情”を自主練習「撮影を楽しんでいきたい」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年7月1日). 2022年7月1日閲覧。
  5. ^ 赤いナースコール episode3 - テレビ東京
  6. ^ 潟山セイキ | 中野笑店”. nakano-showten.com. 2022年8月6日閲覧。
  7. ^ 佐藤勝利の主演ドラマ「赤いナースコール」オープニングテーマをSexy Zoneが担当”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年7月6日). 2022年7月6日閲覧。
  8. ^ 佐藤勝利&福本莉子が包帯でぐるぐる巻きに ドラマ『赤いナースコール』メインビジュアル公開”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年7月1日). 2022年7月1日閲覧。
  9. ^ 該当各日 『日本経済新聞』 テレビ欄。
  10. ^ テレビ放送対象地域の出典:

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 ドラマプレミア23
前番組 番組名 次番組
吉祥寺ルーザーズ
(2022年4月11日 - 6月27日)
赤いナースコール
(2022年7月11日 - )
-