一杯のかけそば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一杯のかけそば』(いっぱいのかけそば)は、栗良平による日本童話、および同作を原作とした映画作品。

概要[編集]

実話を元にした童話という触れ込みで涙なしでは聞けない話として、1989年に日本中で話題となり、社会現象にまでなったが、実話としてはつじつまの合わない点や作者にまつわる不祥事でブームは沈静化した。映画化もされた[1][2]

経緯[編集]

もともとは作者の栗良平が語り部となって、全国を行脚して口演で披露していた話である。それが1988年に『栗良平作品集2』の一編として書籍となる。出版後、口コミでじわじわと人気が広がり[1]、それを共同通信が地方紙に記事を配信し[3]、同年の大晦日FM東京の『ゆく年くる年』の中で朗読された[4]

1989年1月22日産経新聞が一杯のかけそばを取り上げ[4]2月17日には衆議院予算委員会審議において公明党大久保直彦竹下登首相に対する質疑で当時話題となっていた本作のほぼ全文を朗読・紹介して、リクルート問題に関する質問をし、大物政治家の金丸信も泣いたということで話題になった[3]

その後、「読む人誰もが涙するという幻の童話」という触れ込みで知る人ぞ知る話として『週刊文春』は全文掲載し、ワイドショーなどを賑わせ、マスコミで話題となり5月に大きなブームとなる。中でもフジテレビタイム3』は中尾彬武田鉄矢森田健作などの有名人を迎え、一週間の間を連日「一杯のかけそば」を朗読するまでに至った[4]

ブームの最中、5月19日放送のフジテレビ『笑っていいとも』にて、司会のタモリが一杯のかけそばを批判した。タモリは「その当時、150円あったらインスタントのそばが3個買えたはず」「涙のファシズム」と作品を批判した[4]

ブームの反動として実話という触れ込みで発表されたこの話が実は創作ではないかとの指摘もなされるようになった[1]

そして、美談の語り部と讃えられていた作者についても美談とは相反するスキャンダルが報じられた[1]滋賀県のローカル紙・滋賀夕刊5月22日付で「謎? 童話作家の言動」と題して作者が車の借り逃げで捜査対象となったことが報じられ[5]。小児科医を詐称して治療費を受け取った疑惑など[1]新潮社の『週刊新潮』と『FOCUS』も作者の過去の行状を報じた[6]

次第に作者の実生活など作品外の事情にスポットがあたるようになったことから、翌6月頃にはブームが終焉していった[4]

後援会[編集]

作者が『一杯のかけそば』を口演して日本各地を行脚したため、物語に感動した有志達による「一杯のかけそばを読む会」、「栗っ子の会」が結成され、これが日本中へ作品を広めるきっかけとなった。栗っ子の会が『一杯のかけそば』が収録された『栗良平作品集』の出版元となった。

あらすじ[編集]

1972年大晦日の晩、札幌の時計台横丁(架空の地名)にある「北海亭」という蕎麦屋に子供を2人連れた貧相な女性が現れる。閉店間際だと店主が母子に告げるが、どうしても蕎麦が食べたいと母親が言い、店主は仕方なく母子を店内に入れる。店内に入ると母親が「かけそば(つゆが入った器に茹でた麺を入れただけの、種を入れていない蕎麦)を1杯頂きたい(3人で1杯食べる)」と言ったが、主人は母子を思い、内緒で1.5人前の蕎麦を茹でた。そして母子は出された1杯(1杯半)のかけそばをおいしそうに分け合って食べた。この母子は事故で父親を亡くし、大晦日の日に父親の好きだった「北海亭」のかけそばを食べに来ることが年に一回だけの贅沢だったのだ。翌年の大晦日も1杯、翌々年の大晦日は2杯、母子はかけそばを頼みにきた。「北海亭」の主人夫婦はいつしか、毎年大晦日にかけそばを注文する母子が来るのが楽しみになった。しかし、ある年から母子は来なくなってしまった。それでも主人夫婦は母子を待ち続け、そして十数年後のある日、母とすっかり大きくなった息子2人が再び「北海亭」に現れる。子供達は就職してすっかり立派な大人となり、母子3人でかけそばを3杯頼んだ。

映画[編集]

一杯のかけそば
監督 西河克己
脚本 永井愛
製作 電通
エフエム東京
ソニー・ミュージックエンタテインメント
東北新社
北海道放送
キネマ東京
製作総指揮 上田彦二
高橋松男
富原薫
中川真次
入江雄三
出演者 渡瀬恒彦
市毛良枝
泉ピン子
鶴見辰吾
奥村公延
柳沢慎吾
池波志乃
音楽 渡辺俊幸
撮影 高村倉太郎
編集 鈴木晄
配給 東映電通
公開 日本の旗 1992年2月15日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1992年2月15日公開。配給は電通東映。原作のエピソードに独自設定を加えたオリジナルシナリオになっている。

文部省選定。映画評論家山根貞男は企画自体は時代錯誤としながらもベテラン監督の力量によりまともな映画となっていると評した[7]大高宏雄も同様に企画については貧困ぶりを指摘し、一部からは差別と侮蔑で無視されていたと伝えながらも、映画の作りは丁寧で観客を感動させるとしている[8]

公開後、半年も経たずにポニーキャニオンからビデオ化されたが、このリリースは当時としては異例の早さであった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

書籍[編集]

類似した台湾の実話[編集]

2006年3月、台湾に似た実話があることを毎日新聞が報じた。ある貧しい7人家族がおり、母親がガンで入院しているために看病をしていた5人の子供が食事がろくに食べられず、それを見かねた病院の看護婦がその家族にワンタン麺を与えた所、5人のうち3人の子供たちは麺だけを食べ、母親に元気になってほしいとワンタンを母親の為に残した。これを見た看護婦が感動し台湾中の人々に伝え、台湾中の人々が涙しその家族に対し寄付が殺到した[9]。同年4月21日にその母親が子供を残しガンで死去し、陳水扁総統が哀悼の意を表した[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 宝泉薫「騙り部の泣ける人生 『一杯のかけそば』栗良平」『芸能界一発屋外伝』彩流社1999年、pp.154-157
  2. ^ 小林信彦『現代“死語”ノート〈2〉1977‐1999』岩波新書2000年、p.110
  3. ^ a b 「週刊誌記者匿名座談会」『噂の真相』1989年7月号、p.104
  4. ^ a b c d e “【プレイバック芸能スキャンダル史】(20) タモリの一言でブーム終焉となった「一杯のかけそば」”. 日刊ゲンダイ. (2011年10月18日). http://gendai.net/articles/view/geino/133616 2012年6月20日閲覧。 
  5. ^ 「日本中を泣かせた一杯のかけそばドンデン返し 栗良平の詐欺師まがいの過去を暴いたのは地元紙」『噂の真相』1989年7月号、p.7
  6. ^ 「週刊誌記者匿名座談会」『週刊新潮』1989年8月号、p.104
  7. ^ 山根貞男『映画はどこへ行くか 日本映画時評'89-'92』筑摩書房1993年、p.197
  8. ^ 大高宏雄『興行価値』鹿砦社1996年、p.133
  9. ^ 物語「一杯のかけそば」に似た実話、人々が感動 MSN毎日インタラクティブ(毎日新聞2006年3月10日(リンク切れ)
  10. ^ <一杯のかけそば>台湾版の母親が死亡 陳総統も哀悼の意 Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2006年4月21日(リンク切れ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]