坂田明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂田 明
生誕 1945年2月21日(71歳)
出身地 日本の旗 日本広島県呉市
学歴 広島大学水畜産学部水産学科卒業
ジャンル ジャズ
担当楽器 サクソフォーン
活動期間 1972年~現在
共同作業者 山下洋輔ジム・オルーク

坂田 明(さかた あきら、1945年2月21日 - )は、日本ジャズサックス奏者、タレント俳優ミジンコ研究家としても知られている。

息子もミュージシャンで、元・バンド「Polaris」のドラム担当の坂田学

プロフィール[編集]

広島県呉市広長浜生まれ。広島大学水畜産学部水産学科卒業後、1969年に上京し「細胞分裂」を結成。1972年から1979年にかけて山下洋輔トリオに参加し、1979年末まで在籍。激しいサックス演奏で知られるようになる。同トリオを脱退後は、さまざまなグループの結成・解体を繰り返し、2000年から「坂田明mii(みい)」を中心に活動。現在は「坂田明Trio」、「坂田明&chikamorachi」でのレギュラーユニットの活動と同時に、内外のミュージシャンとのフリー・セッションを行なっている。

ミジンコとの関わり[編集]

広島大学水畜産学部水産学科(現・生物生産学部)の卒業生であり、2003年には長年にわたるミジンコの研究・普及活動が認められ、日本プランクトン学会から特別表彰された。2007年には東京薬科大学生命科学部客員教授に就任した。[1]

タレントとしての坂田明[編集]

山下洋輔、赤塚不二夫、タモリらのお友達としても活躍[2]ハナモゲラ語の元祖でもある[2]1982年セイコー腕時計「ハイブリッド」のテレビCMのユニークなパフォーマンスで一気に有名になった[2]。商品名をもじった「ハイブリッド人間」は、当時の流行語となり、その代表ともいわれた[2]。CMは1990年代テイジン2005年に、KINCHOのゴキブリ用殺虫剤「コックローチ」で輪島功一と共に学ラン姿で出演している。

ディスコグラフィー[編集]

  • Counter Clockwise Trip
  • Peking
  • Tenoch Sakana
  • Pochi
  • 20人格
  • 死ぬときは別
  • 4 O'Clock
  • Live-dub
  • Dance
  • 下駄はいてこなくっちゃ
  • Trauma
  • DA-DA-DA
  • Tacology
  • Akira Sakata vs Spherical Sound
  • MOOKO(蒙古)
  • Silent Plankton
  • Nano Space Odyssey
  • どうでしょう?!(How's That)
  • 海La Mer/Harpacticoida
  • Scenic Zone/ gazelle 
  • Fisherman's.com
  • 108 Desires
  • 坂田さんとTOY-Live at PIT INN-
  • A SAKATA/KAIGARABUSHI DJ KRUSH REMIX
  • 赤とんぼ
  • かなしい EXPLOSION
  • チョット!(I'm here)

著書[編集]

  • ジャズ西遊記
  • ハイブリッドだもんネ!
  • 笑うかどで逮捕する!
  • エイズエイジの混同夢狂騒曲
  • ミジンコの都合
  • 瀬戸内の困ったガキ
  • クラゲの正体
  • ミジンコ道楽-その哲学と実践

映画[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

DVD[編集]

参考文献[編集]

  • 季刊・analog「連載:PIT INN その歴史とミュージシャンたち」、音元出版

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]