足立正生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あだち まさお
足立 正生
生年月日 (1939-05-13) 1939年5月13日(78歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県北九州市
職業 映画監督脚本家俳優
ジャンル 映画

足立 正生(あだち まさお、1939年5月13日 - )は、日本映画監督脚本家俳優である。

経歴[編集]

1939年5月13日[1]福岡県北九州市に生まれる[2]。1959年、日本大学芸術学部映画学科に入学[3]。新映画研究会を立ち上げる[4]。同時期に、VAN映画科学研究所を設立する[5]

1961年の監督映画『椀』が学生映画祭大賞を受賞する[6]。1964年、飯村隆彦石崎浩一郎大林宣彦高林陽一金坂健二佐藤重臣ドナルド・リチーらと実験映画製作上映グループ「フィルム・アンデパンダン」を結成。1966年、『堕胎』で商業映画監督デビューを果たす[7]。1969年、若松プロダクション製作の『女学生ゲリラ』を監督する[8]。また、若松プロダクションではピンク映画の脚本を数多く手がけた[9][注 1]

1971年、若松孝二とともにパレスチナへ渡る[11]。1974年、日本赤軍に合流し、国際指名手配される[12]。1997年、レバノン逮捕され、3年間の禁固刑を経て、日本強制送還される[13]。2007年、田口トモロヲ主演の『幽閉者 テロリスト』を監督する[14]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 今日もまた過ぎた(1960年) - 監督・脚本・製作
  • 椀(1961年) - 監督
  • 鎖陰(1963年) - 監督・製作
  • 胎児が密猟する時(1966年) - 脚本
  • 堕胎(1966年) - 監督
  • 避妊革命(1966年) - 監督
  • 犯された白衣(1967年) - 脚本
  • 銀河系(1967年) - 監督・脚本・製作
  • 帰って来たヨッパライ(1968年) - 脚本
  • 腹貸し女(1968年) - 脚本
  • 性地帯 セックスゾーン (1968年) - 監督
  • 毛の生えた拳銃(1968年) - 出演
  • 絞死刑(1968年) - 出演
  • 新宿泥棒日記(1969年) - 脚本
  • ゆけゆけ二度目の処女(1969年) - 脚本
  • 性遊戯(1969年) - 監督
  • 女学生ゲリラ(1969年) - 監督
  • 狂走情死考(1969年) - 脚本・出演
  • 略称・連続射殺魔(1969年) - 監督・製作
  • 新宿マッド(1970年) - 脚本
  • 性賊 セックスジャック(1970年) - 脚本
  • 叛女・夢幻地獄(1970年) - 監督
  • 性輪廻 死にたい女(1971年) - 脚本
  • 秘花(1971年) - 脚本
  • 性教育書 愛のテクニック(1970年) - 脚本
  • 愛の行為 続・愛のテクニック(1971年) - 脚本
  • 噴出祈願 十五代の売春婦(1971年) - 監督・脚本
  • 赤軍PFLP・世界戦争宣言(1971年) - 監督・出演
  • 天使の恍惚(1972年) - 脚本・出演
  • (秘)女子高生 恍惚のアルバイト(1972年) - 脚本
  • 高校生無頼控(1972年) - 脚本
  • ピンクリボン(2004年) - 出演
  • 幽閉者 テロリスト(2007年) - 監督・脚本
  • 砂の影(2008年) - 出演
  • 革命の子どもたち(2010年) - 出演
  • 美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生 (2011年) - 出演
  • 断食芸人(2016年) - 監督・脚本・企画・編集

著書[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 脚本の執筆に際しては、「出口出」(でぐちいずる)という筆名を沖島勲大和屋竺らと共同で用いることもあった[10]

出典[編集]

  1. ^ Masao Adachi”. AlloCiné. 2015年9月19日閲覧。
  2. ^ Masao Adachi”. Midnight Eye (2007年8月21日). 2015年9月19日閲覧。
  3. ^ 【金子遊のドキュメンタリストの眼3】足立正生監督インタビュー”. neoneo (2003年1月6日). 2015年9月19日閲覧。
  4. ^ トークセッション「日本映画の未来」”. 日本映画監督協会. 2015年9月19日閲覧。
  5. ^ 足立正生 ゴダールを語る (1/3)”. MAGCUL.NET. 2015年9月19日閲覧。
  6. ^ 足立正生の宇宙”. シネマヴェーラ渋谷. 2015年9月19日閲覧。
  7. ^ 足立正生プロフィール”. 十三月. 2015年9月19日閲覧。
  8. ^ 足立正生特集開催 若松プロで2本撮りされたピンク映画「女学生ゲリラ」の裏話語る”. 映画.com (2012年12月6日). 2015年9月19日閲覧。
  9. ^ 仏前衛監督による、映画と革命を生きた足立正生のドキュメンタリー”. 映画.com (2012年11月30日). 2015年9月19日閲覧。
  10. ^ 映画を学ぶ/映画を教える・前編 座談会”. 日本映画監督協会. 2015年9月19日閲覧。
  11. ^ 『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生』公開記念「特集/足立正生」”. UPLINK. 2015年9月19日閲覧。
  12. ^ 新宿の酒場は日本赤軍よりヒドい!? 若松孝二監督の盟友・足立正生が振り返る60年代”. シネマトゥデイ (2012年12月6日). 2015年9月19日閲覧。
  13. ^ 審査員 足立正生”. 山形国際ドキュメンタリー映画祭. 2015年9月19日閲覧。
  14. ^ 『幽閉者(テロリスト)』初日舞台あいさつ”. fjmovie.com (2007年2月3日). 2015年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]