毛の生えた拳銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毛の生えた拳銃
監督 大和屋竺
脚本 大山村人
製作 若松孝二
出演者 吉沢健
麿赤兒
大久保鷹
音楽 相倉久人
撮影 伊東英夫
製作会社 若松プロダクション
公開 1968年
上映時間 70分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

毛の生えた拳銃』(けのはえたけんじゅう)は、1968年の日本の映画。別題『犯す』(おかす)[1]

監督は大和屋竺[2]麿赤兒大久保鷹が殺し屋コンビの役で出演した[3]。長くソフト化されず幻の傑作と言われていたが、2017年4月、幻の映画復刻レーベルDIGよりDVD化された

あらすじ[編集]

司郎(吉沢健)は、自らの恋人を襲った組織に復讐するために、ボスを刺し、その手下を撃った。組織は、高(麿赤兒)と商(大久保鷹)という殺し屋2人組を雇い、司郎を始末するよう命じる。しかし、高と商は、追跡を続けるうち、司郎に親しみをおぼえはじめる。

キャスト[編集]

評価[編集]

高崎俊夫は、本作を「日本映画史上、もっとも過激なフリー・ジャズ・シネマ」と評した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 上島春彦. “映画の中のジャズ、ジャズの中の映画 第15回 山下洋輔大復活祭と「ミナのセカンド・テーマ」(後編)”. 映画の國. マーメイドフィルム. 2014年7月25日閲覧。
  2. ^ 『日本の映画人 日本映画の創造者たち』佐藤忠男日外アソシエーツ、2007年、652頁。
  3. ^ 『日本映画俳優全集 男優編』キネマ旬報社、1979年、98, 546。
  4. ^ 高崎俊夫 (2012年11月1日). “大和屋竺という映画作家がいた時代”. 高崎俊夫の映画アットランダム. 清流出版. 2014年7月25日閲覧。

外部リンク[編集]