久保田祐佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くぼた ゆか
久保田 祐佳
プロフィール
愛称 浜辺のキャベツ[1]くぼゆか[要出典]
出身地 日本の旗 日本 静岡県静岡市
生年月日 (1982-11-15) 1982年11月15日(35歳)
最終学歴 慶應義塾大学文学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 静岡→東京アナウンス室
活動期間 2005年
ジャンル 報道・情報・バラエティー
配偶者 あり
家族 夫(NHKディレクター)
公式サイト NHK
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照
その他 静岡局で地上デジタル放送推進大使

久保田 祐佳(くぼた ゆか、1982年11月15日 - )は静岡県静岡市出身のNHKアナウンサー

人物[編集]

静岡雙葉高等学校を経て慶應義塾大学文学部卒業後、2005年入局。NHKとテレビ朝日の新卒アナウンサー職募集に応募したが、テレビ朝日の採用試験で不合格になったことからNHKに入局した経緯を持つ[2]。当初は出身地の静岡局に配属され、地上デジタル放送推進大使も務めた。入局2年目で当初は番組たまご枠(パイロット版)だった『解体新ショー』の司会に起用され、レギュラー放送開始後も静岡局在籍のまま引き続き担当し収録時に上京していた。

2010年8月にNHKの先輩職員(静岡局時代の同僚ディレクターで、同時期に東京に転勤)と結婚[3]2011年10月8日放送のフジテレビめちゃ×2イケてるッ!』内「近くへ行きたい」コーナーに短時間ではあるものの登場。フジテレビ並びに民放全国ネット番組への初出演を果たした。

NHK紅白歌合戦では副音声の『紅白ウラトーク』の進行を2回、中継出演のリポーターを4回担当している。

2016年10月15日、第1子を妊娠していることが判明したことが報じられ[4]、その後、自身が担当する『所さん!大変ですよ』(12月15日放送)の番組エンディングにて産前産後休業に入ることを自ら公表した[5]

座右の銘は「しなやかに逞しく」・「光陰矢の如し」。

2017年9月末に産前産後休業から復職[6]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

静岡局時代[編集]

東京アナウンス室異動後[編集]

以上は守本奈実との隔週交代担当。

主な同期アナウンサー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 解体新ショー』担当時代に、番組ブログで学生時代のラジオネームとして使用していたことを明かす。 [出典無効]
  2. ^ 「ブラタモリ」第1シリーズ最終回でも自ら明かしている。ちなみに同回のテーマはテレビ朝日のある「六本木」だった。
  3. ^ “〈速報〉「ブラタモリ」久保田アナ結婚していた”. asahi.com. nikkansports.com (朝日新聞社). (2011年8月18日). オリジナル2011年8月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110818024341/http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201108180001.html 2011年8月18日閲覧。 
  4. ^ “NHK久保田祐佳アナ妊娠、結婚6年待望の第1子”. 日刊スポーツ. (2016年10月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1724954.html 2017年4月8日閲覧。 
  5. ^ “NHK久保田アナ 産休のため「所さん!」卒業…初代「ブラタモリ」相棒”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2016年12月15日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/15/0009753957.shtml 2016年12月16日閲覧。 
  6. ^ “タモリ:復帰の久保田祐佳アナと再共演「感慨深い」”. まんたんウェブ. 毎日新聞社. (2017年9月25日). https://mantan-web.jp/article/20170925dog00m200008000c.html 2017年9月25日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
-
ブラタモリ
初代アシスタント
久保田祐佳
2009年10月 - 2010年3月
2010年10月 - 2011年3月
2011年11月 - 2012年4月
次代:
桑子真帆