京都SUSHI劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京都SUSHI劇場
情報
開館 2018年11月19日
開館公演 『寿司は別腹』
客席数 226席
延床面積 485m²
所在地

606-8341
京都府京都市左京区岡崎西天王町97番地2

位置 北緯35度0分54.6秒 東経135度46分53.7秒 / 北緯35.015167度 東経135.781583度 / 35.015167; 135.781583座標: 北緯35度0分54.6秒 東経135度46分53.7秒 / 北緯35.015167度 東経135.781583度 / 35.015167; 135.781583
最寄駅 京都市営地下鉄東西線東山駅
最寄バス停 岡崎公園 美術館・平安神宮前
最寄IC 名神高速道路京都東インターチェンジ
外部リンク sushi-theater.kyoto
特記事項 2019年2月23日より休館中

京都SUSHI劇場(きょうとすしげきじょう)は、京都府京都市左京区平安神宮敷地内の京都・時代祭館 十二十二内にある劇場である。

公演[編集]

京都ではかねてから、インバウンド観光客の伸びに対してエンターテインメントを楽しめる施設の少なさが指摘されてきた。そこで総合プロデューサー秋元康を迎え入れ、2018年11月19日に平安神宮の境内に「京都SUSHI劇場」をオープンした。劇場名は、世界的な観光都市である「京都」と、日本の食文化として知られるSUSHIを組み合わせて名付けられた[1]

約1000人の応募者の中から、10代から30代まで38人の役者が選ばれ、専属チーム2班に分かれ交替で公演が行われた。演目は『寿司は別腹』で、歌舞伎忍者戦隊ヒーローオタク文化などを盛り込んだ、主に訪日外国人を観賞対象とした80分のショーが行われた[2][3]。火曜・木曜・土曜が午後5時、水曜・金曜・日曜は正午からの開演で、月曜は休館であった[2]。タイトルは「観光で満足しても、この公演ならまだ楽しめる」と言う意味が込められた[1][3]

2019年2月23日から2週間の休演期間ののち演目のリニューアルを行う方向で協議が行われていたが、2月20日付で「一旦千秋楽とする」旨の発表があった[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]