京都東インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都東インターチェンジ
京都東インターチェンジ(入口料金所)
京都東インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 名神高速道路
IC番号 32
料金所番号 01-212
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0001.svgJapanese National Route Sign 0161.svg 京都東 湖西道路 山科
起点からの距離 477.9km(東京IC起点)
大津IC/SA (3.3km)
(9.7km) 京都南IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
京都府道143号四ノ宮四ツ塚線
供用開始日 1963年7月16日
通行台数 34,619台/日(2006年度)
所在地 607-8116
京都府京都市山科区小山鎮守町34-1
テンプレートを表示

京都東インターチェンジ(きょうとひがしインターチェンジ)は、京都市山科区にある、名神高速道路インターチェンジである。なお、西大津バイパス(琵琶湖西縦貫道路を形成する)の藤尾南ランプに直結している。

概要[編集]

名神高速道路が計画された当初の予定では日本道路公団により、現在の京都東ICが『大津IC』として公表されていた。これに対して当時の大津市長が「それでは大津ICとは言えない、京都市内にあるではないか」と猛抗議したため、当初大津SAのみの予定であった場所に急遽大津ICが併設された。当初予定の大津ICは1963年7月16日、『京都東IC』として設置された。なお当ICの名称については、駅名に倣い「東京都(ひがしきょうと)IC」と方角‐地名の順で命名すると、東京都(とうきょうと)と混同するため、「京都東IC」と地名‐方角の順の命名になったとされる。よって高速道路では方角を伴う場合、東大阪などそういう地名でない限り、地名‐方角の順でインターチェンジなどの名称が命名されるのが通例となった。

名古屋方面からは京都への、大阪方面からは大津市街地への、高速道路の玄関口である。

西大津バイパスと直結しており、大津市旧堅田町域や高島市など湖西方面へ向かう交通の要衝のひとつである。また、国道1号(通称:五条バイパス)および府道143号(通称:三条通)と直結している。春・秋の観光シーズンには名神高速から一般道に向かう車両の増加により渋滞となり、時には高速道路の本線上まで渋滞する。

道路[編集]

接続道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:9

入口[編集]

  • ブース数:4
    • ETC専用:1
    • ETC・一般:2
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:5
    • ETC専用:3
    • 一般:2

周辺[編集]

[編集]

名神高速道路
(31)大津IC/SA - (32)京都東IC - (33,33-1,33-2)京都南IC

入口分岐標識[編集]

左方向

  • 名古屋
  • 北陸道

右方向

  • 大阪
  • 中国道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]