草津パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
草津パーキングエリア
上り線売店
上り線売店
所属路線 E1 名神高速道路
本線標識の表記 草津
起点からの距離 465.6km(東京IC起点)
草津JCT (1.2km)
(1.9km) 瀬田東JCT/IC
供用開始日 1963年7月16日
上り線事務所 24時間
上り線GS IDEMITSU
24時間
下り線事務所 24時間
下り線GS Shell
24時間
所在地 520-2152(上り線第1)
滋賀県大津市月輪5丁目28-1
525-0072(上り線第2)
滋賀県草津市笠山6丁目20-45
525-0072(下り線)
滋賀県草津市笠山5丁目2-61・笠山6丁目20-18
テンプレートを表示

草津パーキングエリア(くさつパーキングエリア)は、滋賀県大津市小牧方面)及び草津市西宮方面)の名神高速道路上にあるパーキングエリアである。新名神高速道路建設に伴い大津連絡路との接続部となり(草津JCT)、ジャンクション併設という日本の高速道路ではまれな構造となった。

概要[編集]

2008年2月6日に給油所が大津SAから移転開業した。これにより大津SAを通過しない京滋バイパス経由でも給油が可能となり、ガソリンスタンドの間隔が従来の最大約150kmから約100kmに短縮された[1]

売店は名神6車線化工事に伴い上下線ともに現在地に移転した。上り線旧PA敷地はトイレ・自動販売機・ガソリンスタンドのある第2PA(所在地は草津市)として活用している。第2PAに駐車した場合、売店施設へは300mほど歩かなければならない。なお、下り線旧PA敷地は、現PA敷地と一体化している。

2010年4月22日に上り線売店施設がリニューアルオープンした。施設は宿場町として栄えた草津宿本陣をイメージした瓦屋根の和風な外観となり、売場面積は1.5倍に拡大された。新名神の部分開通により利用客が増加したことなどから、ショッピングコーナーとフードコートは24時間営業となった。

2010年7月12日にはNEXCO西日本管轄の名神高速道路内では初となるシャワーステーションが上り線に設けられ、2010年11月16日には下り線にも設けられた。シャワーステーションにはコインシャワー・マッサージチェア・コインランドリーも併設されている。

2011年4月26日から、下り線もフードコーナーとショッピングコーナーがリニューアルオープンして24時間営業となり、パーキングエリアながらサービスエリアと変わらない規模となった。(パーキングエリアのため、レストランとインフォメーションは存在しない。)

草津PAと草津JCTは近接しているため、上り線草津PAへの流出路を通過するとすぐに草津JCTの案内標識がある。下り線はパーキングエリア利用後、新名神方面に向かうことができない。(草津JCTの項を参照)

道路[編集]

施設[編集]

上り線 (米原・名古屋方面)[編集]

下り線(京都・吹田方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 73台
    • 小型 154台
  • トイレ
  • ガソリンスタンド(昭和シェル石油(シェル石油大阪販売所)、24時間)
  • 給電スタンド(24時間)
  • スナック(24時間)
  • ショッピング(24時間)
  • コンビニエンスストア「セブン-イレブン」(24時間)[2]
  • 自動販売機
  • シャワーステーション(24時間)

[編集]

E1 名神高速道路
(29-3) 栗東湖南IC - (30)栗東IC - (30-1)草津JCT - 草津PA - (30-2)瀬田東JCT/IC

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 名神高速道路大津サービスエリア(上下線)給油所を草津パーキングエリア(上下線)へ移転します”. 西日本高速道路株式会社 (2008年1月9日). 2008年1月10日閲覧。
  2. ^ a b NEXCO西日本管内のSA・PAのコンビニ20店舗が4月27日に「セブン‐イレブン」としてリニューアルオープン!”. 西日本高速道路株式会社・西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社 (2018年3月28日). 2018年5月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]