瀬田西インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瀬田西インターチェンジ
瀬田西インターチェンジ(入口料金所)
瀬田西インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 E1 名神高速道路
IC番号 30-2
料金所番号 01-210
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0001.svg瀬田西 石山
起点からの距離 469.1km(東京IC起点)
瀬田東JCT/IC (1.6km)
(5.5km) 大津IC/SA
接続する一般道 滋賀県道57号瀬田西インター線
供用開始日 1980年1月8日
通行台数 6,301台/日
2015年度(平成27年度))
所在地 520-2134
滋賀県大津市瀬田2丁目720-1
備考 京都・大阪方面出入口のみのハーフIC
テンプレートを表示

瀬田西インターチェンジ(せたにしインターチェンジ)は滋賀県大津市にある名神高速道路インターチェンジである。

概要[編集]

計画当初、当インターはフルインターチェンジの瀬田インターチェンジとして整備される計画だった。しかしIC周辺が極めて狭隘なため、米原名古屋方面への出入口は瀬田東ICとして京滋バイパスと一体的に整備される方針に変更された為、このICは京都・大阪方面のみ接続するハーフインターチェンジに変更され、IC名称も瀬田西ICとなった。そのため、このICから京滋バイパスへ向かうには、いったん一般道へ降りなければならない。

上り線方面へ1.5km離れた瀬田東ICとIC番号が一緒で、セットになっている。

供用当初のIC番号は30-1であったが、上り線方面に新しく草津JCTが設置されたことにより30-2に変更された。

本線出口案内標識はかつて『瀬田西 草津』と表示されていたが草津田上ICの開通後は現在の表記になった。

歴史[編集]

道路[編集]

接続道路[編集]

出口案内標識

料金所[編集]

  • ブース数:7

入口[編集]

出口[編集]

  • ブース数:5
    • ETC専用:1
    • 一般:4

周辺[編集]

[編集]

E1 名神高速道路
(30-1)草津JCT - 草津PA - (30-2)瀬田東JCT/IC - (30-2)瀬田西IC/BS - (31)大津IC/SA

関連項目[編集]

外部リンク[編集]