小牧インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小牧インターチェンジ
小牧北出入口
国道41号犬山方面側の入口直上の高架橋は名古屋高速11号小牧線
国道41号犬山方面側の入口
直上の高架橋は名古屋高速11号小牧線
所属路線 E1 東名高速道路
IC番号 24
本線標識の表記 国道41号標識Japanese Urban Expwy Sign 0011.svg小牧 犬山
空港アイコン 中部空港
起点からの距離 346.7km(東京IC起点)
小牧JCT (6.9km)
所属路線 E1 名神高速道路
料金所番号 01-201
本線標識の表記 小牧 名古屋
(5.7km) 尾張一宮PA
所属路線名 Japanese Urban Expwy Sign 0011.svg 名古屋高速11号小牧線
IC番号 (小牧北出口)1106
(小牧北入口)1116
料金所番号 (小牧)41-633
(小牧北)41-634
本線標識の表記 小牧 名神高速 東名
起点からの距離 (出口)7.5km
(入口)8.2km(楠JCT起点)
接続する一般道 名濃バイパス国道41号
供用開始日 (小牧)1965年7月1日
(名高速小牧)2001年10月19日
(小牧北入口)2002年4月24日
通行台数 (2014年度)
(小牧)38,259台/日
(名高速小牧)5,519台/日
(小牧北入口)11,541台/日
所在地 485-0082
愛知県小牧市大字村中松原856
テンプレートを表示

小牧インターチェンジ(こまきインターチェンジ)は、愛知県小牧市にあるインターチェンジである。

なお同項目では、名古屋高速11号小牧線小牧北出入口についても記述する。

概要[編集]

名神高速道路東名高速道路の起終点であり当インターより西は名神、東は東名という境界線であるが、ジャンクションではなく、両者をまたがった通行者は一本の高速道路のようにそのまま通過できる。

当該インターチェンジは名古屋高速が接続し、東名・名神高速とは連絡路で直結している[1]。名古屋高速における小牧ICは東名・名神高速との乗り継ぎ専用であり、国道41号との出入は小牧北出入口で行う。ただし、小牧北出入口はハーフインターチェンジのため国道41号犬山方面および国道155号バイパス(村中交差点)のみアクセスできる[2]。また、当該出入口は名古屋高速11号小牧線の終点でもあるため[3]、これより北側については高速道路がないため国道41号を介した連絡となる。なお、小牧北入口は名古屋市内に向かう名古屋高速専用入口のため、東名、名神高速に乗り入れることは出来ない[4]。乗り入れる場合は小牧ICを利用する[4]。一方、東名、名神高速から名古屋高速へ乗り入れる場合は小牧北入口とは別の小牧料金所を通過する[5][6]

インターはトランペット型として設計された[7]。名神高速のインターチェンジとしては比較的遅く構造設計されたことから他のICと異なって構想段階から現構造で計画された。本線から分流して270°方向転換して出口料金所に至るのは神戸方面からの交通となっているが、これは東名高速と中央自動車道からの重複交通によって東京方面からの流出路は交通量が多いとされ、反対に神戸方面からの利用は少ないとの判断により西側からの本線流出路に270°ループが採用されたものである[8]

歴史[編集]

小牧IC供用当初は名神単独のICであって、東名高速とは接続していなかった。よって、県道名古屋小牧線(現在の国道41号)の交差部で本線が途切れた状態で供用された[9]

当初はシングルトランペット型として完成し[8]、接続する一般道路とは平面接続とされた。しかし、国道41号の慢性的な渋滞によって平面接続では支障をきたしたことから、日本道路公団建設省は渋滞解消緊急改良事業(アクションプログラム)を推進し、1989年に犬山方面からの流入路を立体交差化した[10]。さらに国道41号の往復6車線化の事業も推進され、これは1993年に完成を見ている[11]

2001年10月には名古屋高速11号小牧線と接続したが、この時は用地取得の遅延により東名、名神との連絡路と小牧北出口のみ開通し、小牧北入口については翌年の供用とされた[12]

年表[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • レーン数 : 22

レーン運用は、時間帯やメンテナンスなどの事情により変更される場合がある。

小牧料金所[編集]

東名・名神高速の料金所。画像左が入口、同右が出口。料金所は連絡の国道41号と名古屋高速とは直角の位置関係となる。画像右に見える高架道路上の施設は名古屋高速小牧北料金所。 東名・名神高速の料金所。画像左が入口、同右が出口。料金所は連絡の国道41号と名古屋高速とは直角の位置関係となる。画像右に見える高架道路上の施設は名古屋高速小牧北料金所。
東名・名神高速の料金所。画像左が入口、同右が出口。料金所は連絡の国道41号と名古屋高速とは直角の位置関係となる。画像右に見える高架道路上の施設は名古屋高速小牧北料金所。
  • レーン数 : 16[14]
入口
  • レーン数 : 5
    • ETC専用 : 2
    • ETC/一般 : 2
    • 一般 : 1
出口
  • レーン数 : 11
    • ETC専用 : 4
    • 一般 : 3
    • 休止中 : 4

名高速小牧料金所[編集]

名古屋高速の料金所。画像左が小牧北入口で国道41号接続の料金所、同右が小牧入口で東名・名神高速接続の料金所。 名古屋高速の料金所。画像左が小牧北入口で国道41号接続の料金所、同右が小牧入口で東名・名神高速接続の料金所。
名古屋高速の料金所。画像左が小牧北入口で国道41号接続の料金所、同右が小牧入口で東名・名神高速接続の料金所。
東名・名神から名高速
  • レーン数 : 3[15]
    • ETC専用:1
    • 一般 : 1
    • 一般(精算機): 1

名高速小牧北料金所[編集]

一般道から名高速
  • レーン数 : 3[15]
    • ETC専用:1
    • 一般 : 1
    • 休止中 : 1

[編集]

E1 東名高速道路名神高速道路
(22)春日井IC - (23)小牧JCT - (24)小牧IC - 尾張一宮PA - (25)一宮IC
Japanese Urban Expwy Sign 0011.svg 名古屋高速11号小牧線
(1105,1115)堀の内出入口 - (1106) 小牧北出口 - 小牧IC - (1116) 小牧北入口

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 116.
  2. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 115 - 116.
  3. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 418.
  4. ^ a b c “「小牧北入口」、あす通行開始 名古屋高速道路”. 朝日新聞(名古屋)朝刊: p. 22. (2002年4月23日) 
  5. ^ 名古屋高速道路ドライブマップ” (日本語). 名古屋高速道路公社. 2016年6月11日閲覧。
  6. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 115 - 118.
  7. ^ 名神高速道路建設誌編さん委員会 1967, pp. 289 - 291.
  8. ^ a b 名神高速道路建設誌編さん委員会 1967, p. 289.
  9. ^ 『写真集 名神高速道路』建設界社、1965年11月20日、愛知県図書館蔵
  10. ^ a b “小牧・桑名IC 立体化が完了 名神・東名阪道”. 中日新聞朝刊: p. 21. (1989年2月23日) 
  11. ^ a b “名濃バイパス6車線化 小牧で完成式”. 中日新聞夕刊: p. 10. (1993年4月12日) 
  12. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 118.
  13. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 465.
  14. ^ 料金所ナビまっぷ 名神 (PDF)” (日本語). NEXCO中日本. 2016年6月7日閲覧。
  15. ^ a b ETC対応料金所一覧” (日本語). 名古屋高速. 2016年6月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 名神高速道路建設誌編さん委員会 『名神高速道路建設誌(各論)』 日本道路公団、1967年 
  • 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 『名古屋高速道路公社四十年史』 名古屋高速道路公社、2012年 
  • 建設界社 『名神高速道路』 建設界社、1965年 
  • 『名古屋高速道路ミニマップ』名古屋高速道路公社経営企画部、平成27年6月版(電子版でも閲覧可能[1]
  • 『名古屋高速道路案内地図 Access Guide Map』名古屋高速道路公社経営企画部、平成27年6月版

関連項目[編集]