港浩一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みなと こういち
港 浩一
生誕 (1952-05-15) 1952年5月15日(70歳)
日本の旗 日本 北海道
出身校北海道札幌西高等学校
早稲田大学第一文学部
職業実業家
活動期間1976年 -
肩書きフジテレビジョン代表取締役社長
任期2022年 -

港 浩一(みなと こういち、1952年5月15日 - )は、日本テレビプロデューサーフジテレビジョン代表取締役社長。

来歴・人物[編集]

北海道出身。北海道札幌西高等学校[1]早稲田大学第一文学部を卒業後、1976年にフジテレビ入社。制作現場を希望していたが、当時フジテレビの制作部門は系列子会社のフジポニーなどに移していたために人事部に配属。その後1980年の社内改編で制作部門を本社に復帰させたため、念願叶い制作部に所属することとなる。

石田弘(現・フジテレビ嘱託エグゼクティブプロデューサー)の一番弟子として知られ、ディレクター・プロデューサーとして数々の人気バラエティ番組を手掛ける。フジテレビとんねるず班のトップであり、木梨憲武が「小港さん」としてものまねすることで有名になった。相方の石橋貴明は石田(ダーイシ)をものまねしている。「とんねるずのこんとinなえば」に参加していた。また近年では、明石家さんまの枠も多く担当しており、先輩である三宅恵介が担当しないさんまの番組は港担当になっていることも多かった。B21スペシャルヒロミとも親交があり、1or8ではプロデューサーもしていた。

第二制作部部長やバラエティ制作センター室長、バラエティ制作センター担当局長などを歴任。

2013年6月27日付で常務取締役(編成制作局バラエティ制作・アナウンス室・美術制作担当)に就任。同年12月に発生したほこ×たてが不適切な演出を理由に打ち切りとなった件で常務でもある港が減俸処分を受けた[2]

2015年6月11日、共同テレビの代表取締役社長に就任する[3]。これに伴い、同月にフジテレビ常務取締役を退任した[4]

2022年6月28日付でフジテレビジョン代表取締役社長に就任した。

港班のスタッフ[編集]

フジテレビに限らず、テレビ局の制作スタッフは、いくつかの班に分かれて番組を制作していたが、現在同局においては班制度なるものが存在せず、バラエティ制作管掌役員時代までは、バラエティー編成を一手に率いていた。

※右記は近況の肩書
神原孝
FCC制作室企画開発部長。入社当初は王東順率いる王班で修業を積んだ後に港班に移籍、その後音組で修業する。制作・プロデューサー担当歴は、『5LDK』『なかよしテレビ』『百識王』『ザ・ベストハウス123』『クイズ!ヘキサゴンII』『アイドリング!!!』など。

過去の担当番組[編集]

ディレクター
プロデューサー
総合プロデューサー
ゼネラルプロデューサー
監修
制作
制作統括
製作総指揮

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 札幌西高 35期” (日本語). 北海道札幌西高等学校 35期(昭和60年卒)のホームページ. 2020年8月14日閲覧。
  2. ^ “「ほこ×たて」で懲戒処分 フジテレビ、常務を減俸”. 共同通信. (2013年12月27日). http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122701001204.html 2014年7月13日閲覧。 
  3. ^ “人事 共同テレビ”. 産経ニュース. (2015年5月29日). https://www.sankei.com/article/20150529-MSK3VYP7T5ITTETWD2SI24L25I/ 2015年6月7日閲覧。 
  4. ^ “人事 フジテレビ役員”. 産経ニュース. (2015年5月15日). https://www.sankei.com/article/20150515-JEP5F3QOIRJJTMTQV4UJ5Z4HDM/ 2015年6月7日閲覧。 
  5. ^ なお1984年ドリフ大爆笑」において、同番組のスタジオセットをそのまま使ったパロディコント「オールナイト不死」で、スタジオ後方に港本人が映り込んでいる。

外部リンク[編集]