TVジョーカーズ笑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TVジョーカーズ笑
ジャンル バラエティ番組
出演者 堺正章
中原理恵
研ナオコ
高見知佳
ほか
製作
プロデューサー 桂邦彦
制作 TBS
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1983年4月17日 - 1983年6月19日
放送時間 日曜 20:00 - 20:54
放送分 54分
回数 9
テンプレートを表示

TVジョーカーズ笑』(テレビジョーカーズしょう)は、TBS系列局テレビ山口(当時フジテレビ系列とのクロスネット局)で放送されていたTBS製作のバラエティ番組である。全9回。TBS系列局では1983年4月17日から同年6月19日まで、毎週日曜 20:00 - 20:54 (日本標準時)に放送。

概要[編集]

コント、ゲーム、歌などのコーナーで構成。

裏番組にはNHK総合テレビの『徳川家康』、日本テレビの『久米宏のTVスクランブル』、フジテレビの『オールスター家族対抗歌合戦』があり、番組はそれらへの宣戦布告として「家康久米も真っ青!」なるキャッチフレーズを掲げていた。しかし、全9回の合計平均視聴率は当時のゴールデンタイムでは最低となる2.6%を記録してしまい[1]、1クールで終了。ビートたけし高田文夫は『北野ファンクラブ』で初回の視聴率は1.2%だったと発言した。

本番組の放送期間中はプロ野球シーズン真っ只中だったため、『TBS日曜ナイター』(横浜ナゴヤ広島巨人ビジターゲーム)の編成によって番組休止となるケースがあり、さらに中部日本放送 (CBC) は中日の、中国放送 (RCC) は広島の対巨人戦以外のホームゲームをローカル放送していたため、この2局の放送対象地域では番組未ネットになることもあった。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

エンディングテーマ[編集]

エンディングテーマは、大野方栄がジャズスタンダード「恋人よ我に帰れ」に日本語歌詞を付し、カシオペアをバックにして歌った「Eccentric Person, Come Back To Me」。番組のエンディングは、出演者たちがこの曲に合わせてガラスに息を吐きながら面白い顔をするという内容だった。

この曲は、1983年8月24日にアルファレコードから発売された大野のデビューアルバム『マサエ・ア・ラ・モード』(ALR-28050 / 規格:LP)のB面に収録されている。2014年12月10日にBRIDGE-INC.から発売された同アルバムの復刻盤(規格:ブルースペックCD)にも収録されているが、シングルCD化はされていない。

放送リスト[編集]

放送日
(1983年)
サブタイトル 備考
1 4月17日 家康・久米・欽もまっ青!
2 4月24日 迫力 少林寺対堺エイリアン
3 5月8日 堺・ナオコのドタバタ美容室
4 5月15日 ウルトラ一家総出演! 同日のプロ野球ナイター中継の中止によって放送
5 5月22日 今夜は何かが違うぞ!! 最新企画総登場!! 研ナオコの大巨編映画
6 5月29日 今夜のTVはいつもと違う!! 勢揃い漫画女学生
7 6月5日 今夜はとびきり企画!!
8 6月12日 今夜もとびきり珍企画
9 6月19日 とびきり楽しい珍企画

参考:下野新聞縮刷版』下野新聞社、1983年4月17日 - 同年6月19日付のラジオ・テレビ欄。

脚注[編集]

  1. ^ 高田文夫のラジオビバリー昼ズ』2012年12月14日放送分にて[出典無効]


TBS系列 日曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
Gメン'82
(1982年10月17日 - 1983年3月13日)
TVジョーカーズ笑
(1983年4月17日 - 1983年6月19日)
54分単発特番
(1983年6月 - 1983年9月)

84分単発特番
(1983年10月)
※19:30 - 20:54

日曜ファミリードラマ
(1983年11月6日 - 1984年3月18日)