第12回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第12回日本レコード大賞
Imperial Garden Theater Japan.jpg
会場として使われた帝国劇場
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
放送時間 木曜19:00 - 20:56(116分)
放送期間 1970年12月31日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBSテレビ
出演者 高橋圭三
佐良直美
堺正章
加藤茶ほか
音声 モノラル放送
テンプレートを表示
第12回日本レコード大賞
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1970年12月31日
放送時間 木曜19:00 - 21:00
放送回数 1回
放送局 TBSラジオ
出演 高橋圭三
佐良直美
堺正章
加藤茶ほか
テンプレートを表示

第12回日本レコード大賞は、1970年昭和45年)12月31日帝国劇場で行われた、12回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第12回の大賞は、菅原洋一の「今日でお別れ」に決定した。菅原洋一は初の受賞。この年に限り最優秀歌唱賞の発表はなく、最優秀新人賞→大賞の順に発表が行われた。

この年の応募総数は、レコード会社11社から計736枚。内訳は(童謡以外の)シングル盤が610枚・LPが67枚、童謡のシングル盤が45枚・LPが14枚であった[1]

視聴率は5.8P上昇し36.7%。

司会[編集]

レポーター[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

発表なし

最優秀新人賞[編集]

歌唱賞[編集]

大衆賞[編集]

新人賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

童謡賞[編集]

観覧に訪れた著名人[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • プロデューサー:
  • 総合演出:
  • 舞台監督:
  • 編成担当:
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

  1. ^ 「レコード大賞部門賞 童謡で『ムーミン』 大衆賞に藤、ドリフ」『朝日新聞』1970年11月23日付東京夕刊、7頁。
  2. ^ 但し、当時の岸は膠原病の病気療養中だった為生出演出来ず、電話での応対となった。
  3. ^ 当時の歌唱賞は、後の最優秀歌唱賞に相当する。
  4. ^ 玉川版はカバーで、オリジナルは藤田淑子が歌っていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]