菅原洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菅原洋一
生誕 (1933-08-21) 1933年8月21日(83歳)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1958年 -
レーベル ユニバーサルミュージック
事務所 ミュージックオフィス合田
公式サイト 菅原洋一

菅原 洋一(すがわら よういち、1933(昭和8)年8月21日 - )は日本歌手兵庫県加古川市出身。兵庫県立加古川東高等学校卒業。国立音楽大学大学院修了。徳間ジャパンコミュニケーションズ所属所属事務所はミュージックオフィス合田個人事務所はスガワラ企画。

経歴[編集]

  • 国立音楽大学卒業後、1958年にタンゴバンド「早川真平とオルケスタ・ティピカ東京」に参加し、歌手デビューをする。
  • デビューからしばらくの間はヒット作に恵まれない不遇を味わったが、1965年に発売した「知りたくないの」(元々は「恋心」のB面曲だった)が2年後の1967年に入ってからヒット、80万枚を超える売上を記録[1]し、人気歌手の仲間入りを果たし、同年、NHK紅白歌合戦にも初出場を果たす(以降1988年まで通算22回連続で紅白に出場)。
  • 1968年に「誰もいない」で第10回日本レコード大賞歌唱賞、1970年には「今日でお別れ」の大ヒットにより第12回日本レコード大賞を受賞し、実力派シンガーとしての地位を確立。また、愛嬌のある笑い皺が特徴的な丸顔から、当時の人気音楽番組「夜のヒットスタジオ」の司会者・前田武彦に「3日前のハンバーグ」との珍妙なニックネームを付けられ、以後、「ハンバーグ」という愛称が彼の代名詞的フレーズとなった。1970年代に入ってからは料理番組「キッチンパパ」(TBS)の司会も担当するなど、歌手以外の活動にも重点を置くようになった。
  • 2000年代頃からはライフワークともなった最小限の音飾で「生の歌声と生音の演奏」が中心の「ニュークラシカルコンサート」を全国クラシックホールを中心に展開している。

ニュークラシカルコンサート[編集]

ニュークラシカルコンサートとは、円熟味を増した菅原の「歌声をいかにお楽しみいただくか」に拘り、敢えてクラシックスタイルに立ったコンサート。 最小限の音飾で「生の歌声と生音の演奏」が中心。菅原自身もライフワークと語るこの新しいコンサートスタイルを全国クラシックホールを中心に展開している。このコンサートのスタジオ録音盤というべきアルバムもリリースしている。

  • 菅原洋一 New Classical Concert 〜日本の唄〜(2005年 ユニバーサルミュージック)
  • 菅原洋一 New Classical Concert Vol.2 〜世界の唄〜(2006年 ユニバーサルミュージック)
  • 菅原洋一 New Classical Concert Vol.3 〜父と子の唄〜(2007年 ユニバーサルミュージック)

主なヒット曲・レパートリー[編集]

シングル[編集]

  • 若い日本 (1963.7.1臨発:DJ-1370)
    作詞:橋本竹茂/補作:西城八十/作曲:飯田三郎/編曲:飯田三郎
  • 若い命よいつまでも (1963.11月新譜:DJ-1400)
    作詞:駿河あきら/作曲:早川博二/編曲:早川博二
  • むらさき色の人 (1964.3月新譜:DJ-1423)
    作詞:椿庄二/作曲:下村耕史/編曲:藤原秀行
  • 鈴懸の雨 (1964.5月新譜:DJ-1446)
    作詞:水木かおる/作曲:藤原秀行/編曲:藤原秀行
  • 青い小径 (1964.7月新譜:SDR-1004)
    作詞:/作曲:/編曲:
  • 赤坂の人 (1964.10月新譜:SDR-1032)
    作詞:高階茂正/作曲:岩崎宏康/編曲:岩崎宏康
  • 二つのハンカチ (1964.11月新譜:SDR-1041)−−B面曲で、A面は丘野美子の「奥様、奥様、奥様」
    作詞:はかま満緒/作曲:早川博二/編曲:早川博二
  • 恋心 (1965.10.5:SDR-1149)
    訳詞:なかにし礼/作曲:エンリコ・マシアス/編曲:伊部晴美
  • 知りたくないの 上記「恋心」のB面
    訳詞:なかにし礼/作詞:Howard Barnes/作曲:Don Robertson/編曲:早川博二
    I Really Don't Want to Knowの日本語カバー
  • 今日でお別れ (1967.3月新譜:SDR-1252)
    作詞:なかにし礼/作曲:宇井あきら/編曲:早川博二
  • 芽生えてそして (1967.6.5:SDR-1276)
    作詞:永六輔/作曲:中村八大/編曲:早川博二
  • むらさき色の人 (1967.9.5:SDR-1300)
    作詞:椿庄二/作曲:下村耕史/編曲:早川博二
  • 行かないで (1968.1.5:SDR-1320)
    作詞:なかにし礼/作曲:あべさとし/編曲:早川博二
  • 誰もいない (1968.4.5:SDR-1338)
    作詞:なかにし礼/作曲:大六和元/編曲:早川博二
  • 花は語らない (1968.9.5:SDR-1374)
    作詞:川内康範/作曲:曽根幸明/編曲:早川博二
  • 愛のブルース (1968.11.15:SDR-1396)
    作詞:なかにし礼/作曲:鈴木邦彦/編曲:森岡賢一郎
  • 水に流して (1968.11.15:SDR-1396)
    作詞:水木かおる/作曲:下村耕史/編曲:川上義彦
  • サヨナラ (1969.6.5:SDR-1434)
    作詞:水木かおる/作曲:下村耕史/編曲:川上義彦
  • 潮風の中で (1969)
    作詞:岩谷時子/作曲:アルフレッド・ハウゼ/編曲:アルフレッド・ハウゼ
    アルフレッド・ハウゼ楽団演奏
  • 今日でお別れ (1969.12.25)−−1967年盤とは別のアレンジ
    作詞:なかにし礼/作曲:宇井あきら/編曲:森岡賢一郎
  • 愛のフィナーレ (1970.8.1)
    作詞:なかにし礼/作曲:宮川泰/編曲:小野崎孝輔
  • 希望をあたえて (1971.9.1)
    作詞:なかにし礼/作曲:なかにし礼/編曲:
  • 忘れな草をあなたに (1971.11.10)
    作詞:木下龍太郎/作曲:江口浩司/編曲:森岡賢一郎
  • 命果てる日まで (1972)
    作詞:かぜ耕士/作曲:小室等/編曲:東海林修
  • 幸せのかたみ (1973)
    作詞:岩谷時子/作曲:東海林修/編曲:東海林修
  • 恋の別れ道 (1973)
    作詞:なかにし礼/作曲:中島安敏/編曲:
  • 愛の嵐 (1974.12.21)
    作詞:岩谷時子/作曲:東海林修/編曲:東海林修
  • 乳母車 (1975)
    作詞:阿久悠/作曲:森田公一/編曲:早川博二
  • 紫の雨 (1977.6)
    作詞:岩谷時子/作曲:東海林修/編曲:東海林修
  • 1990年 (1980)
    訳詞:岡田冨美子/作詞:吉屋潤/作曲:吉屋潤/編曲:前田憲男
    ※キル・オギュンやその妻だったパティ・キムほかによって歌われた同名曲の日本語カバーで1990年1月1日に再発売
  • アマン (1982.11)※デュエットシルヴィア
    作詞:杉紀彦/作曲:森田公一/編曲:竜崎孝路
  • 歓びの日に (1985.9.25)
    作詞:片桐和子/作曲:東海林修/編曲:田中公平
  • 風の盆 (1989.6.5)
    作詞:なかにし礼/作曲:なかにし礼/編曲:悠木昭宏
  • 恋すみれ (1990.11.21)
    作詞:杉紀彦/作曲:三木たかし/編曲:若草恵
  • '白夜抄'〜北のおもいで〜  (1992.10.25)
    作詞:阿久悠/作曲:森田公一/編曲:若草恵
  • 海と空(Mar Y Cielo) (1993.9.26)
    作詞:José Luis Rodríguez/作曲:José Luis Rodríguez/編曲:
  • 誰故草 (1994.7.25)
    作詞:杉紀彦/作曲:四方章人/編曲:矢野立美
  • 夢に抱かれて (1997.6.25)
    作詞:岡田冨美子/作曲:井上大輔/編曲:渡辺俊幸
  • アマンII (2003.10.22)※デュエット園まり
    作詞:杉紀彦/作曲:森田公一/編曲:川口真
  • ありがとうごめんね (2007.2.21)
    作詞:山崎ハコ/作曲:国吉良一/編曲:国吉良一
  • ビューティフルメモリー (2010.10.6)
    作詞:なかにし礼/作曲:菅原英介/編曲:菅原英介
  • 幸せへの言葉〜嫁ぐお前に〜 (2012.1.25)※デュエット浜﨑久美子
    作詞:E.Macias/作曲:加藤修滋/編曲:美野春樹

レパートリー[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

菅原は1988年の第39回まで、連続22回出場。その年にヒット、または話題になった洋楽などを披露することが多くあった。

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1967年(昭和42年)/第18回 知りたくないの 10/23 伊東ゆかり(1)
1968年(昭和43年)/第19回 2 奥様お手をどうぞ 10/23 九重佑三子
1969年(昭和44年)/第20回 3 潮風の中で 09/23 伊東ゆかり(2)
1970年(昭和45年)/第21回 4 今日でお別れ 22/24 伊東ゆかり(3)
1971年(昭和46年)/第22回 5 忘れな草をあなたに 12/25 由紀さおり
1972年(昭和47年)/第23回 6 知りたくないの(2回目) 13/23 森山良子
1973年(昭和48年)/第24回 7 今日でお別れ(2回目) 08/22 八代亜紀
1974年(昭和49年)/第25回 8 ケ・サラ 09/25 森昌子
1975年(昭和50年)/第26回 9 愛の嵐 13/24 伊東ゆかり(4)
1976年(昭和51年)/第27回 10 夜のタンゴ 10/24 梓みちよ
1977年(昭和52年)/第28回 11 奥様お手をどうぞ(2回目) 09/24 佐良直美(1)
1978年(昭和53年)/第29回 12 恋歌師 16/24 西川峰子
1979年(昭和54年)/第30回 13 知りたくないの(3回目) 16/23 佐良直美(2)
1980年(昭和55年)/第31回 14 ラ・クンパルシータ 16/23 金沢明子
1981年(昭和56年)/第32回 15 慕情 08/22 小柳ルミ子(1)
1982年(昭和57年)/第33回 16 愛の讃歌 08/22 研ナオコ(1)
1983年(昭和58年)/第34回 17 アマン(シルヴィアとのデュエット) 18/21 研ナオコ(2)
1984年(昭和59年)/第35回 18 忘れな草をあなたに(2回目) 15/20 岩崎宏美
1985年(昭和60年)/第36回 19 歓びの日に 11/20 早見優
1986年(昭和61年)/第37回 20 小雨降る径 12/20 和田アキ子
1987年(昭和62年)/第38回 21 ラ・バンバ 15/20 小柳ルミ子(2)
1988年(昭和63年)/第39回 22 ラ・クンパルシータ(2回目) 17/21 小柳ルミ子(3)

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の( )内の数字は、その歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は、紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順) / (出場者数)」で表す。

主な出演番組(歌手としての出演を除く)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』社会思想社、1997年、140頁。ISBN 4390116010

外部リンク[編集]