3000万円クイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テレビビッグプレゼント
3000万円クイズ
ジャンル クイズ番組
出演者 宍戸錠
芳村真理
てんぷくトリオ
八代英太
高松しげお
東京ぼん太
ストレートコンビ
ほか
製作
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1969年10月1日 - 1970年3月28日
放送時間 月曜 - 土曜 19:30 - 19:45
放送分 15分

3000万円クイズ』(さんぜんまんえんクイズ)は、1969年10月1日から1970年3月28日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ製作のクイズ番組である。放送時間は毎週月曜 - 土曜 19:30 - 19:45 (日本標準時)。

正式名称は「テレビビッグプレゼント 3000万円クイズ」であるが、新聞のテレビ欄においては表題通りの表記が用いられていた。

概要[編集]

視聴者の代表がクイズに挑戦していた視聴者参加型番組で、トライに成功した者には3000万円が贈られていた。電光掲示板を利用してあみだくじを行う「アミダ・エレクトロニクス」というコーナーがあった。

大卒会社員の初任給が約4万円、全国宝くじの1等賞金が1000万円の時代に3000万円という賞金額[1]は破格であった。

番組開始時には、賞金の上限を100万円までとする公正取引委員会日本民間放送連盟の規制がまだかけられていなかったが、1970年1月から同じくフジテレビで放送の『クイズ・キングにまかせろ!』でエスカレートした賞品が問題視されたことで翌年に規制がかけられた。

『クイズ・キングにまかせろ!』の打ち切りとともに本番組も終了した。

司会[編集]

以下のメンバーが日替わりで務めていた。

脚注[編集]

  1. ^ 賞金額を2014年度の貨幣価値に換算(換算は日本銀行HP内にある消費者物価指数の戦前基準東京都区部指数での比較より。総務省に記録が残っている番組終了時点での1970年と2014年時点での換算では3.09949818308倍となる)すると約9000万円となる。
フジテレビ系列 月曜 - 土曜 19:30 - 19:45枠
前番組 番組名 次番組
スター千一夜
(1969年4月1日 - 1969年9月30日)
※19:45枠へ移動
テレビビッグプレゼント 3000万円クイズ
(1969年10月1日 - 1970年3月28日)
クイズグランプリ
(1970年3月30日 - 1974年9月)