ヘッケルとジャッケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘッケルとジャッケル』(英語: Heckle and Jeckle)は、アメリカ合衆国テレビアニメ作品である。1946年制作。

概要[編集]

1940年代ポール・テリー (Paul Houlton Terry) によって生み出された。主人公は2羽の鳥のキャラクターで、いたずら好きの彼らが毎回騒動を起こす。日本ではカラスとして通ったが、実際はカササギ (magpie) である。このキャラクターは、日本では東京芝浦電気(現・東芝)のCMキャラクターに使われていた。

登場人物[編集]

ジャッケル
声 - 三波伸介(日本語吹き替え版)
ヘッケル
声 - 長門勇(日本語吹き替え版)
ナレーター(登場はせず)
声 - 牟田悌三(日本語吹き替え版)

日本での放送[編集]

日本では、1957年10月4日から1958年6月27日までラジオ東京テレビ=KRテレビ(現・TBSテレビ)で放送。同局では毎週金曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)に前述の東芝の一社提供で放送されていた[1]

続いて1963年4月20日から同年9月28日までフジテレビ系列局で放送。同系列局では毎週土曜 19:00 - 19:30 に蛇の目ミシン工業(ジャノメミシン)の一社提供で放送されていた[2]。フジテレビはその後も、本作と『マイティ・マウス』をセットにした『ヘッケルとマイティ』および『いこうぜヘッケル まけるなマイティ』を放送していた。前者は1965年6月1日から同年7月13日まで、毎週火曜 19:30 - 20:00 に日清食品の一社提供で放送。後者は1966年4月5日[疑問点 ]から同年6月27日[疑問点 ]まで、毎週日曜 18:00 - 18:30 に放送されていた。

1987年7月26日にTBS系列局で放送された『テレビ探偵団』の夏休みアニメ特集では、三宅裕司の思い出の作品として本作の映像が当時の吹き替え入りで紹介された。

21世紀に入ってからは、2001年8月から同年9月までスーパーチャンネル(現・スーパー!ドラマTV)で放送されていた。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 以上『TBS50年』[要ページ番号]および『毎日新聞[どれ?][要ページ番号]より。
  2. ^ 1963年4月[いつ?]産経新聞広告より。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

KRテレビ 金曜19:30枠
東京芝浦電気一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
海賊船ナルアカ
ヘッケルとジャッケル
(1957年10月4日 - 1958年6月27日)
フジテレビ系列 土曜19:00枠
ジャノメミシン一社提供枠)
出てこいキャスパー
(1962年10月6日 - 1963年4月13日)
ヘッケルとジャッケル
(1963年4月20日 - 1963年9月28日)
マンガで行こう!
フジテレビ系列 火曜19:30枠
日清食品一社提供枠)
日清ジェットショー 地上最大のクイズ
(1964年10月13日 - 1965年5月25日)
ヘッケルとマイティ
(1965年6月1日 - 1965年7月13日)
日清ちびっこのどじまん
(1965年7月27日 - 1965年10月26日)
フジテレビ系列 日曜18:00枠
ビッグスリーゴルフ
いこうぜヘッケル まけるなマイティ
(1966年4月 - 1966年6月)
新忍者部隊月光
(1966年7月3日 - 1966年10月2日)