スパイvsスパイ (コンピュータゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スパイvsスパイ
ジャンル 固定画面アクション
対戦アクション
対応機種 Apple II
Atari 8ビット・コンピュータ
コモドール64
開発元 ファーストスターソフトウェア
発売元 ファーストスターソフトウェア
デザイナー マイケル・J・リーデル
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア フロッピーディスク
発売日 INT 1984年
テンプレートを表示

スパイvsスパイ』(SPY vs SPY、スパイ アンド スパイ)は、ファーストスターソフトウェアが1984年に発売したコンピュータゲームソフトである。

概要[ソースを編集]

タイトル表記は『スパイVSスパイ』だが、読み方は「スパイ アンド スパイ」である。アメリカンコミックス『Mad』に連載された『Spy vs. Spy』(1961年)のゲーム化で、コミックの著者はAntonio Prohías(アントニオ・プロヒアス)。

オリジナルはAtari 8ビット・コンピュータ版で、同年にコモドール64Apple II、後年にはAmigaAtari STなど当時の主要な海外プラットフォームに広く移植された。2人対戦が基本のアクションゲームで、続編もリリースされる人気シリーズとなった。

日本ではファミリーコンピュータセガマークIIIPC-8801X1ゲームボーイカラーに移植されている。

ゲーム内容[ソースを編集]

システム[ソースを編集]

スパイの情報争奪戦をテーマとした対戦型アクションゲーム。白のスパイ「ヘッケル」と黒の「ジャッケル」を操作し、部屋のどこかに隠された『カバン』『設計図』『パスポート』『金』『』の4種類のアイテムを探し出し、相手よりも早く空港から飛行機で脱出することが目的である[1]。カバンを除くそれぞれのアイテムは2つ以上は持てないので、カバンを手に入れて他のアイテムを運ばなくてはならない。なお、武器、カバンを含むアイテムとプレーヤーは、マップ上に青く表示される。カバンに4種類のアイテムを入れて、制限時間内に空港のドアを出た方の勝ちとなる。アイテムが揃っていないのに空港のドアを開けると、はじかれて一回気絶する。

以下の罠の要素を使って相手の動きを妨害することができる。設置された罠に引っかかると死亡し、一定時間行動不能となり、ペナルティとして制限時間が30秒マイナスされる。制限時間が0秒になった場合ゲームオーバーになるので、気絶した回数が多いと不利になる。

罠と回避方法[ソースを編集]

以下の種類の罠が存在し、それぞれ決められた場所に仕掛けることができる。仕掛けた罠は仕掛けた本人にも効果がある。

ダイナマイト
タンス額縁などに仕掛ける。設置された机などを開けた途端爆発、即死する。赤い防火用具入れにある白バケツを使用し、ダイナマイトを元から消火することで回避できる。
スプリング
タンス、机、額縁などに仕掛ける。設置された机などを開けた途端弾き飛ばされ気絶する。なお、飛んだ先のドアが開いていれば、その隣の部屋まで飛ばされる。その部屋のドアも開いていれば、さらに隣へ飛ばされる。白い工具箱にあるペンチを使用しスプリングをばらして回避できる。
硫酸バケツ
ドアに仕掛ける。ドアを開けた途端、バケツに仕込まれた硫酸を頭からかぶり、死亡する。コートラックにあるを使い硫酸から体を守ることで回避できる。
時限爆弾
部屋に仕掛ける。部屋に入るとキャラクターの顔が青くなり、2秒後に爆死する。回避するためのアイテムは無く、基本的に仕掛けられている状態での回避は不可能。2秒以内に一旦部屋から出れば消滅する。

罠を回避する白バケツ、ペンチ、傘は、A又はBボタンを押すと消える。また、相手と遭遇して戦闘モードに入っても消える。

戦闘モード[ソースを編集]

2人のスパイが同じ部屋に入ると戦闘が開始する[1]。基本的に殴り合いだが、途中で武器を手に入れると攻撃力が増す。防御力を高くするアイテムは無い。武器はどちらか一方しか持てず、武器を持っている状態でもう一方の武器を入手すると前に持っていた武器は消える。

武器 威力 射程
なし
こん棒
ナイフ

戦闘モードに限り、ABボタンを同時に押すとジャンプもできる。

他機種版[ソースを編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1Spy vs Spy
アメリカ合衆国 1985年
ヨーロッパ 1985年
Amstrad CPC
ZX Spectrum
First Star SoftwareBeyond Softwareフロッピーディスク--
2スパイvsスパイ
日本 198604261986年4月26日
アメリカ合衆国 198810311988年10月31日
PAL 199007271990年7月27日
ファミリーコンピュータコトブキシステムコトブキシステム320キロビットロムカセット[2]日本 KSC-SP
-
3スパイvsスパイ
日本 1986061986年6月
アメリカ合衆国 1988101988年10月
ヨーロッパ 1988年
セガ・マークIIIセガセガロムカセット日本 C-514
アメリカ合衆国 4010
ヨーロッパ MK-4583-50
-
4スパイvsスパイ
日本 1986121986年12月
PC-8801
X1
ホット・ビィホット・ビィフロッピーディスク
カセットテープ
--
5Spy vs Spy
ヨーロッパ 1987年
コモドール16
BBC Micro
First Star SoftwareTynesoftフロッピーディスク--
6Spy vs. Spy
アメリカ合衆国 1989年
Amiga
Atari ST
First Star SoftwareWicked Softwareフロッピーディスク--
7スパイ アンド スパイ
日本 199907231999年7月23日
アメリカ合衆国 199908011999年8月1日
ヨーロッパ 200005132000年5月13日
ゲームボーイカラーコトブキシステムコトブキシステム8メガビットロムカセット日本 CGB-AS6J-JPN
アメリカ合衆国 CGB-AS6E-USA
ヨーロッパ CGB-AS6P-EUR
-
8Spy vs. Spy
アメリカ合衆国 200504062005年4月6日
PAL 200504292005年4月29日
Xbox
PlayStation 2
Global Star SoftwareVicious Cycle SoftwareDVD-ROM--
リメイク版
9Spy vs. Spy
INT 201207262012年7月26日
iPhone
(iOS)
Robots and PencilsRobots and Pencilsダウンロード--
リメイク版
10Spy vs. Spy
INT 2014年
AndroidRobots and PencilsRobots and Pencilsダウンロード--
リメイク版
ファミリーコンピュータ版
ケムコから1986年4月に発売された。クレジットは『MAD MAGAZINE'S OFFICIAL KEMCO』。ストーリーは1Pのヘッケルはケムコの産業スパイ、2Pのジャッケルはライバル会社トムコの産業スパイという設定で、2人が奪い合う設計図はゲーム界の元締めであるジンテンドウの開発した新型ディスクシステムの設計図を奪うというもの。本作発売年の2月に任天堂ディスクシステムが発売。『別冊宝島797 僕たちの好きなTVゲーム 80年代懐かしゲーム編』では「産業スパイが狙うような最新機器として、ディスクシステムは認知されていた…のかなぁ」と解説されている[3]。ケムコからは1999年ゲームボーイカラー版も発売されている。
セガ・マークIII版
セガ(後のセガゲームス)から1986年6月に発売され、移植は中裕司が担当した。
日本国内PC版
PC-8801版およびX1版がホット・ビィから1986年12月に発売された。

スタッフ[ソースを編集]

オリジナル版
  • ゲーム・デザイン:マイケル・J・リーデル
ファミリーコンピュータ版
  • プロジェクト・ディレクター:フェルナンド・フェレーラ、リチャード・M・スピタルニー
  • キャラクター・クリエイター:アントニオ・プロヒアス
  • 音楽
    • タイトル音楽:増野宏之
    • ゲーム内音楽:ニック・スカイリム(作曲)、増野宏之(編曲)
セガ・マークIII版
  • リード・プログラミング:中裕司
  • プログラミング:マイケル・J・リーデル

評価[ソースを編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame3.5/5stars (FC)[4]
3.5/5stars (SMS)[5]
Computer and Video Games97/100点 (C64)[6]
88/100点 (CPC)[7]
24/40点 (ST)[8]
82/100点 (ZX)[9]
ファミ通26/40点 (GBC)[10]
GameSpot7.6/10点 (GBC)[11]
IGN8/10点 (GBC)[11]
Sinclair User5/5stars (ZX)[9]
Commodore Format80/100点 (C64)[6]
Your Computer3/5stars (C64)[6]
Computer Gamer5/5stars (ZX)[9]
Sinclair Programs71/100点 (ZX)[9]
ファミリーコンピュータMagazine15.16/30点 (FC)[2]
Mean Machines84/100点 (FC)[4]
Raze60/100点 (FC)[4]
Atari ST User8/10点 (ST)[8]
Aktueller Software Markt5.4/12点 (ST)[8]
The Games Machine65/100点 (Amiga)[12]
ユーゲー肯定的 (FC)[13]
受賞
媒体受賞
Your SinclairOfficial Top 100 Games of All Time[14]
ファミリーコンピュータ版
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.66 2.56 2.54 2.45 2.59 2.36 15.16
  • ゲーム誌『ユーゲー』では、「実際対戦してみると、プレイヤーの性格が丸出しになり、実に面白い」、「美しく勝つ術など本作には存在しない。欺き、利用し、ひたすら『悪く』勝ってこそ本作は楽しめる」と評している[13]
ゲームボーイカラー版

ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」では、6・6・7・7の合計26点(満40点)となっており[15][10]、レビュアーからの肯定的な意見としては、「ファミコン版を思い出して懐かしがる人もいるだろうけど、新作としても楽しめる」、「単純に見えて奥が深いバトルは魅力的」、「ルールが単純なのでとっつきやすく、スリルもあっておもしろい」、「通信対戦がアツい」などと評されているが、否定的な意見としては、「対戦プレイは、初心者どうしだとそっけないかも」、「いかんせんこの小さいモニターで敵の行動を見ながらプレイするのは少々無理がある」、「敵のスパイと同室に入ると、画面が敵側に移ってしまい、一瞬『やられた!?』と思うときがあるのが気になる」、「スピーディーな展開と神経衰弱的要素は人を選ぶかも知れない」などと評されている[15]

続編[ソースを編集]

  • Spy vs. Spy II: THE ISLAND CAPER(1985年)
  • Spy vs Spy III: AECTIC ANTICS(1987年)
    • 南極を舞台にしたシリーズ第3弾。日本製ハードには移植されなかった。
  • Spy vs Spy iPad/iPhone版(2012年)、Android版(2014年)
    • シリーズ第1作のリメイク版。海外産アプリのため、メニュー画面など全て英語表記となる。グラフィックは現代風に描き直されているが、レトロモードを選べばオリジナル版のグラフィックでも楽しめる。尚、Android版は現在では日本国内での購入は不可能となっている。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、26ページ
  2. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 74頁。
  3. ^ 浅野智明、川島栄作、(株)ヘッドルーム編「スパイvsスパイ」『別冊宝島797 僕たちの好きなTVゲーム 80年代懐かしゲーム編』宝島社、2003年6月24日。ISBN 4-7966-3311-1、62頁。
  4. ^ a b c Spy vs Spy for NES (1986) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2017年3月4日閲覧。
  5. ^ Spy vs Spy for SEGA Master System (1986) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2017年3月4日閲覧。
  6. ^ a b c Spy vs Spy for Commodore 64 (1984) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2017年3月4日閲覧。
  7. ^ Spy vs Spy for Amstrad CPC (1985) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2017年3月4日閲覧。
  8. ^ a b c Spy vs Spy for Atari ST (1989) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2017年3月4日閲覧。
  9. ^ a b c d Spy vs Spy for ZX Spectrum (1985) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2017年3月4日閲覧。
  10. ^ a b スパイ アンド スパイ まとめ [PS] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2018年7月14日閲覧。
  11. ^ a b Spy vs Spy for Game Boy Color (1999) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2018年7月14日閲覧。
  12. ^ Spy vs Spy for Amiga (1989) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2017年3月4日閲覧。
  13. ^ a b 「ユーゲーが贈るファミコン名作ソフト 100選」、『ユーゲー 2003 Vol.07』第7巻第10号、キルタイムコミュニケーション2003年6月1日、 59頁、 ISBN 雑誌17630-2
  14. ^ “Readers' Top 100 Games of All Time”. Your Sinclair. (1993年9月). 
  15. ^ a b 「新作ゲームクロスレビュー」、『ファミ通』第14巻第31号、アスキー1999年7月30日、 31頁、 ISBN 雑誌26255-7/30

外部リンク[ソースを編集]