ヤスジのメッタメタガキ道講座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヤスジのメッタメタガキ道講座』(ヤスジのメッタメタガキどうこうざ)は、谷岡ヤスジによる日本漫画作品。ここでは、この漫画作品を元にして作られた映画『谷岡ヤスジのメッタメタガキ道講座』(たにおかヤスジのメッタメタガキどうこうざ)についても述べる。

概要[編集]

1970年から1971年にかけて、『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載された。

子供達の過激な日常を描いたギャグ漫画作品。人を殴る、蹴る、刃物が飛び交う、子供が平気で親や教師を侮辱する、派手に鼻血を噴出するという、かなり危険で過激な描写が特長だった。

映画『谷岡ヤスジのメッタメタガキ道講座』[編集]

谷岡ヤスジの
メッタメタガキ道講座
監督 江崎実生
脚本 山崎巌鴨井達比古
原作 谷岡ヤスジ
出演者 松原和仁三波伸介
音楽 坂田晃一
主題歌 「ヤスジのオラオラ節」(谷岡ヤスジ)
製作会社 日活
配給 ダイニチ映配
公開 日本の旗1971年3月20日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

実写、84分。

漫画作品を元に日活が製作し、1971年3月20日に日活系および大映系の映画館で封切られた。オラ山家の長男「ガキ夫」が巻き起こす騒動を描いたオリジナルストーリーだが、しつこく朝を告げるムジ鳥を「うるさい」とばかりに主人公が丸焼きにしてしまう、とか、ガキ夫が父親の会社に遊びに行く、などといった、原作のエピソードも挿入されている。

江崎実生が監督を務めた。

2004年にDVD化され、2009年8月と9月にファミリー劇場で放送された。

主なキャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「ヤスジのオラオラ節」

  • 歌:谷岡ヤスジ

書誌情報[編集]

  • ヤスジのメッタメタガキ道講座 講談社KCコミックス 1971年
  • ヤスジのメッタメタガキ道講座 扶桑社文庫 1996年
  • ヤスジのメッタメタガキ道講座-もうひとつの「少年マガジン黄金時代」 実業之日本社 2004年