日曜お笑い劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日曜お笑い劇場
ジャンル バラエティ番組
企画 白井荘也
出倉宏
構成 玉井冽
ほか
ディレクター 重松修
演出 白井荘也
出演者 三波伸介
高田みづえ
近藤真彦
森川正太
柳生博
ジミー・オズモンド
ナレーター 徳光和夫
音楽 永作幸男
製作
製作総指揮 中村公一(制作)
プロデューサー 庄司文雄
製作 日本テレビ
放送
放送局 日本テレビ系列
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1981年5月3日 - 1981年9月20日
放送時間 日曜 20:00 - 20:54
放送分 54分
回数 全13回

日曜お笑い劇場』(にちようおわらいげきじょう)は、1981年5月3日から同年9月20日まで日本テレビ系列で放送されていた日本テレビ製作のバラエティ番組である。全13回。放送時間は毎週日曜 20時00分 - 20時54分(日本標準時)。

概要[編集]

主にゲストの歌と長編コントで構成されていた公開番組で、当時『カックラキン大放送!!』も手掛けていたスタッフが番組制作に参加していた。主演は三波伸介。当時三波は同局の『笑点』(日曜 17:20 - 18:00)とNHKの『お笑いオンステージ』(日曜 19:20 - 20:00)にも出演しており、視聴者は3番組立て続けに三波の姿を見ることができた。

メインの長編コントは、「にぎやか笑楽居町(わらいちょう)サンロード」という商店街にある三波一家の自宅を舞台にした家族コント。当初はこの一家が織り成すドタバタとユーモラスを主体にした内容で、三波扮する「お婆ちゃん」が狂言回しとなっていた。このコーナーには歌のゲストも参加し、各々の役を演じていた。しかし、後期にはコントの要素が薄れていき、嫉妬ネタや留学生の家出ネタ(笑いではなくて号泣ネタ)が織り交ぜられるなどヒューマンドラマ色が濃くなっていった。

出演者[編集]

()内は、その人物のメインコントにおける配役。

スタッフ[編集]

  • ナレーション:徳光和夫(当時日本テレビアナウンサー)
  • 企画:白井荘也、出倉宏
  • 構成:出倉宏、玉井冽、柊達雄、遠藤まなぶ、内海譲司、鵜沢茂郎
  • 音楽:永作幸男
  • ディレクター:重松修
  • プロデューサー:庄司文雄
  • 演出:白井荘也
  • 制作:中村公一
  • 製作著作:日本テレビ

放送リスト[編集]

放送日
(1981年)
サブタイトル 備考
1 5月3日 スローなギャグにしてくれ
2 5月10日 街角ワライタイム
3 5月17日 お婆サンバ
4 5月24日 春咲コメディー・ケケケケッ!
5 5月31日 つっぱりアイスクリームッ!!
6 6月14日 イタズラチック・イエーッ!! 同日のプロ野球ナイター中継の中止によって放送
7 6月21日 ババアの指輪…ギャー!
8 7月5日 シャドーカントリーシティ・ナヌッ!?
9 7月26日 渚のフラレター・なんやて!!
10 8月2日 のぞかれたい、もう一度 キャー!!
11 8月16日 サン嫉妬メモリー・ナヌ!?
12 9月6日 さよならジミー ジミー最後の出演回
13 9月20日 すみ色の涙

参考:下野新聞縮刷版』下野新聞社、1981年5月3日 - 同年9月20日付のラジオ・テレビ欄。

日本テレビ系列 日曜 20:00 - 20:54
前番組 番組名 次番組
宇宙空母ギャラクティカ
(1981年2月1日 - 1981年4月12日)
日曜お笑い劇場
(1981年5月3日 - 1981年9月20日)
日曜8時!ドパンチ放送!!
(1981年10月11日 - 1981年11月29日)