白井荘也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白井 荘也(しらい そうや、1935年9月4日 - )は元日本テレビ放送網のディレクター、プロデューサー。元日本テレビエンタープライズ常務取締役。元オフィスG (野口五郎プロダクション)社長。元桐朋学園芸術短期大学ステージ・クリエイト専攻教授。

経歴[編集]

成蹊大学政治経済学部卒業後、1959年日本テレビ放送網株式会社芸能局音楽部に入社し、音楽と笑いを融合させた番組を多数作り上げた。1960年代〜1970年代に『味の素ホイホイ・ミュージック・スクール[1]、『ドリフターズ大作戦』、『カックラキン大放送!![2][3]など、高視聴率の音楽番組を製作。その傍ら視聴者公開の特撮番組『突撃! ヒューマン!!』を手がける。また1975年大晦日の『ゆく年くる年』を総合演出。その後、事業局に移り、ミュージカル 『アニー』、そしてマイケル・ジャクソンバッド・ワールド・ツアー』、巨大オペラ『アイーダ』、ローリング・ストーンズなどの日本公演をプロデュース。その後、日本テレビ・エンタープライズ制作常務取締役、(株)オフィスG (野口五郎プロダクション)社長、桐朋学園芸術短期大学ステージ・クリエイト専攻教授を歴任。2017年9月『マイケル・ジャクソン来日秘話 テレビ屋の友情が生んだ20世紀最大規模のショービジネス』(DU Books)[4]を出版し、87-88年マイケル・ジャクソンバッド・ワールド・ツアー』日本公演(ソロでの日本初公演)契約交渉の裏話を語った。

前田武彦によると、ジャズピアノの腕前はセミプロ級だったという[5]

担当番組[編集]

担当公演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『テレビ夢50年 番組編② 1961-1970』(発行:日本テレビ放送網)、2004年
  2. ^ a b 『カックラキン大放送』読売新聞社(発行:日本テレビ放送網)、1980年
  3. ^ a b c d 『テレビ夢50年 番組編③ 1971-1980』(発行:日本テレビ放送網)、 2004年
  4. ^ 『マイケル・ジャクソン来日秘話 テレビ屋の友情が生んだ20世紀最大規模のショービジネス』(発行:DU Books)、2017年
  5. ^ 『マエタケのテレビ半生記』(いそっぷ社、2003年)p.67