岡部警部シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡部警部シリーズ』(おかべけいぶシリーズ)は、内田康夫の推理小説『岡部警部シリーズ』を原作とし、その推理小説に登場する岡部和雄を主人公に据えた実写映像化作品シリーズ。

西郷輝彦版[編集]

女子大生危険な片想い』(じょしだいせいきけんなかたおもい)は、1987年7月12日TBS系で放送された。主演は西郷輝彦

キャスト(西郷輝彦版)[編集]

スタッフ(西郷輝彦版)[編集]

佐藤慶版[編集]

吉備路殺人事件』(きびじさつじんじけん)は、1989年5月23日日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」で放送された。主演は加納みゆき

キャスト(佐藤慶版)[編集]

スタッフ(佐藤慶版)[編集]

髙嶋政宏版[編集]

「萩原朔太郎」の亡霊』(はぎわらさくたろうのぼうれい)は、2002年2月18日TBS系「月曜ミステリー劇場」で放送された。主演は髙嶋政宏

キャスト(髙嶋政宏版)[編集]

スタッフ(髙嶋政宏版)[編集]

近藤真彦版[編集]

岡部警部シリーズ
ジャンル 刑事ドラマ
原作 内田康夫
脚本 前川洋一
武藤数顕
谷口純一郎
監督 武藤数顕
出演者 近藤真彦
製作
制作 フジテレビ
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
第1作
(金曜エンタテイメント)
オープニング歴代テーマ曲を参照
エンディング歴代テーマ曲を参照
放送期間2006年9月1日
放送時間変遷を参照
回数1
第2作 - 第4作
(金曜プレステージ)
オープニング番組オープニングCGを参照
エンディング番組主題歌を参照
放送期間2007年8月31日 - 2009年11月27日
放送時間放送時間の変遷を参照
回数3
金曜プレステージ
テンプレートを表示

2006年から2009年までフジテレビ系で放送されたシリーズ。全4回。主演は近藤真彦

放送枠は「金曜エンタテイメント」(第1作)、「金曜プレステージ」(第2作 - 第4作)。

キャスト(近藤真彦版)[編集]

警察関係者[編集]

岡部和雄
演 - 近藤真彦
警視庁捜査一課 刑事。階級は警部。
神谷茂
演 - 泉谷しげる
警視庁捜査一課 刑事。階級は巡査部長。順子の父。
上田
演 - 植草克秀少年隊
経歴:倉敷中央警察署
→ 警視庁捜査一課
→ 品川警察署(第4作)
刑事。

ゲスト(近藤真彦版)[編集]

第1作「倉敷殺人事件」(2006年)
第2作「多摩湖畔殺人事件」(2007年)
第3作「十三の墓標」(2008年)
第4作「シーラカンス殺人事件」(2009年)

スタッフ(近藤真彦版)[編集]

放送日程(近藤真彦版)[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本
1 2006年09月01日 倉敷殺人事件[3] 前川洋一
武藤数顕
2 2007年08月31日 多摩湖畔殺人事件[3] 前川洋一
3 2008年09月05日 十三の墓標[4]
4 2009年11月27日 シーラカンス殺人事件[5] 前川洋一
谷口純一郎

高橋克典版[編集]

警視庁岡部班
ジャンル 刑事ドラマ
原作 内田康夫
脚本 穴吹一朗
演出 中前勇児
出演者 高橋克典
製作
プロデューサー 中川真吾(ジニアス)
制作 TBS
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2017年11月27日2018年11月12日
放送時間放送時間の変遷を参照
回数2
月曜名作劇場
テンプレートを表示

警視庁岡部班』(けいしちょうおかべはん)は、2017年から2018年までTBS系「月曜名作劇場」で放送されていたシリーズ。主演は高橋克典

信濃のコロンボ』のスピンオフ。

キャスト(高橋克典版)[編集]

警視庁捜査一課 岡部班[編集]

岡部和雄
演 - 高橋克典
班長。階級は警部。
電話越しの相手の心理を言い当てる鋭い洞察力の持ち主。格闘技術も高い。懸賞マニア。
坂口隆太郎
演 - 田口浩正
刑事。階級は巡査部長。岡部の高校時代の後輩で、岡部のことを「先輩」と呼ぶ。
趣味は登山で、地質学にも詳しい。元交通総務課・交通安全係だったため、緊急時にも安全運転してしまう。
第2作は胃潰瘍で特捜中央病院に入院する。
松岡千秋
演 - 中村静香[6]
刑事。階級は巡査部長。岡部班に入って3年目。
待機中はスイーツを食べてばかりいるが、男勝りの格闘技術と、とっさに民間人を銃撃からかばう勇気の持ち主。
佐藤俊
演 - 鈴木貴之[7]
刑事。巡査長。
サイバー捜査の技術は鑑識係を凌ぐ。血液型はA型。
神谷幸助
演 - 佐野史郎[8]
刑事。階級は警部補。ニックネームは「神チョー」。
飄々とした性格だが、「刑事の命は足」をモットーとし、軽いフットワークで捜査を行う。趣味は将棋。

警視庁[編集]

中谷雅子
演 - 濱田マリ
清掃員。お城マニアで、気が強い。岡部のことを「べーちゃん」と呼んでいる。
宮島昌矢
演 - 近江谷太朗(第1作)
捜査一課長。階級は警視。岡部の上司。

長野県警捜査一課[編集]

竹村岩男
演 - 寺脇康文
階級は警部。別名「信濃のコロンボ」。
木下隼人
演 - 川村陽介
竹村の相棒。

その他[編集]

戸沢信夫
演 - 村松利史(第2作)
海晏寺の住職。『信濃のコロンボ』にも出演していて転職を繰り返している。

ゲスト(高橋克典版)[編集]

第1作「倉敷殺人事件」(2017年)
第2作「多摩湖畔殺人事件」(2018年)

スタッフ(高橋克典版)[編集]

放送日程(高橋克典版)[編集]

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出
1 2017年11月27日 倉敷殺人事件 「倉敷殺人事件」 穴吹一朗 中前勇児
2 2018年11月12日 多摩湖畔殺人事件 「多摩湖畔殺人事件」

脚注[編集]

  1. ^ “マッチ、穏やかなパパ…「岡部警部―」自然体演技”. スポーツ報知. (2008年3月30日). オリジナルの2009年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090207191638/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20080330-OHT1T00073.htm 2016年6月26日閲覧。 
  2. ^ “平愛梨 アノ人はやはり「ギンギラギンに輝いていた」”. スポニチ Sponichi Annex. (2009年4月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/04/16/kiji/K20090416Z00000010.html 2016年5月12日閲覧。 
  3. ^ a b 近藤真彦の『岡部警部シリーズ』第2弾が放送”. ORICON STYLE (2007年8月31日). 2016年5月12日閲覧。
  4. ^ 近藤真彦が名子役との共演で父性を実感”. ORICON STYLE (2008年9月3日). 2016年5月12日閲覧。
  5. ^ 近藤真彦が「大人になった」と告白”. 日刊スポーツ (2009年4月15日). 2016年5月12日閲覧。
  6. ^ プロフィール - オスカー電子カタログ
  7. ^ 鈴木貴之 公式サイト(アーカイブ)
  8. ^ 佐野史郎 - Twitter 2017年11月27日
  9. ^ 読み方「ひかり」
  10. ^ プロフィール - コニイ
  11. ^ 鳴神綾香 - Twitter 2017年11月19日
  12. ^ 山口美優 - Twitter 2017年11月7日
  13. ^ 倉敷殺人事件?! - 田中愛ブログ 2017年11月25日
  14. ^ プロフィール - 加藤明子 オフィシャルサイト(アーカイブ)
  15. ^ ハヤテ - Twitter 2018年11月12日
  16. ^ 鵜川もえか - Twitter 2018年11月12日
  17. ^ プロフィール - エビス大黒舎
  18. ^ プロフィール - 研音(アーカイブ)
  19. ^ プロフィール - NEWSエンターテインメント(アーカイブ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]