岡部警部シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡部警部シリーズ』(おかべけいぶシリーズ)は、内田康夫の推理小説『岡部警部シリーズ』を原作とし、その推理小説に登場する岡部和雄を主人公に据えた実写映像化作品シリーズ。

西郷輝彦版[編集]

女子大生危険な片想い』(じょしだいせいきけんなかたおもい)は、1987年7月12日TBS系で放送された。主演は西郷輝彦

キャスト(西郷輝彦版)[編集]

スタッフ(西郷輝彦版)[編集]

佐藤慶版[編集]

吉備路殺人事件』(きびじさつじんじけん)は、1989年5月23日日本テレビ系の2時間ドラマ火曜サスペンス劇場」で放送された。主演は佐藤慶

キャスト(佐藤慶版)[編集]

スタッフ(佐藤慶版)[編集]

髙嶋政宏版[編集]

「萩原朔太郎」の亡霊』(はぎわらさくたろうのぼうれい)は、2002年2月18日TBS系の2時間ドラマ月曜ミステリー劇場」で放送された。主演は髙嶋政宏

キャスト(髙嶋政宏版)[編集]

スタッフ(髙嶋政宏版)[編集]

近藤真彦版[編集]

岡部警部シリーズ
ジャンル 刑事ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
監督 武藤数顕
原作 内田康夫
脚本 前川洋一
武藤数顕
谷口純一郎
出演者 近藤真彦
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
第1作
(金曜エンタテイメント)
放送時間 変遷を参照
放送期間 2006年9月1日(1回)
オープニング 主題歌を参照
エンディング 主題歌を参照
第2 - 4作
(金曜プレステージ)
放送時間 放送時間の変遷を参照
放送期間 2007年8月31日 - 2009年11月27日(3回)
オープニング 番組オープニングCGを参照
エンディング 番組主題歌を参照
外部リンク 金曜プレステージ
テンプレートを表示

2006年から2009年までフジテレビ系の2時間ドラマで放送されたシリーズ。全4回。主演は近藤真彦

放送枠は「金曜エンタテイメント」(第1作)、「金曜プレステージ」(第2作 - 第4作)。

キャスト(近藤真彦版)[編集]

警察関係者[編集]

岡部 和雄
演 - 近藤真彦
警視庁捜査一課 刑事。階級は警部。
神谷 茂
演 - 泉谷しげる
警視庁捜査一課 刑事。階級は巡査部長。
上田
演 - 植草克秀少年隊
経歴:倉敷中央警察署 → 警視庁捜査一課 → 品川警察署(第4作)
刑事。

警察関係者の家族[編集]

神谷 順子
演 - 安達祐実(第2作)
神谷茂の亡娘。

ゲスト(近藤真彦版)[編集]

第1作「倉敷殺人事件」(2006年)
第2作「多摩湖畔殺人事件」(2007年)
第3作「十三の墓標」(2008年)
第4作「シーラカンス殺人事件」(2009年)

スタッフ(近藤真彦版)[編集]

放送日程(近藤真彦版)[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 2006年09月01日 倉敷殺人事件[3] 前川洋一
武藤数顕
武藤数顕
2 2007年08月31日 多摩湖畔殺人事件[3] 前川洋一
3 2008年09月05日 十三の墓標[4]
4 2009年11月27日 シーラカンス殺人事件[5] 前川洋一
谷口純一郎

高橋克典版[編集]

警視庁岡部班
ジャンル 刑事ドラマ
放送時間 放送時間の変遷を参照
放送期間 2017年11月27日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 中前勇児
原作 内田康夫
脚本 穴吹一朗
プロデューサー 中川真吾(ジニアス)
出演者 高橋克典
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 月曜名作劇場
テンプレートを表示

警視庁岡部班』(けいしちょうおかべはん)は、2017年11月27日TBS系「月曜名作劇場」で放送。主演は高橋克典

信濃のコロンボ』のスピンオフ。

キャスト(高橋克典版)[編集]

警視庁岡部班[編集]

岡部 和雄
演 - 高橋克典
警視庁捜査一課 刑事。
坂口 隆太郎
演 - 田口浩正
警視庁捜査一課 刑事。
神谷 幸助
演 - 佐野史郎
警視庁捜査一課 刑事。
松岡 千秋
演 - 中村静香
警視庁捜査一課 刑事。階級は巡査部長。
佐藤 俊
演 - 鈴木貴之
警視庁捜査一課 刑事。

警視庁[編集]

宮島 昌矢
演 - 近江谷太朗
警視庁捜査一課。階級は警部。岡部の上司。

長野県警捜査一課[編集]

竹村 岩男
演 - 寺脇康文
長野県警捜査一課。階級は警部。

ゲスト(高橋克典版)[編集]

第1作「倉敷殺人事件」(2017年)

スタッフ(高橋克典版)[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]