花のステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花のステージ
ジャンル 音楽番組
出演者 伊東四朗
泉ピン子
桜田淳子
小柳ルミ子
植木等
宇崎竜童ほか
製作
制作 NHK総合テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
水曜日時代
放送期間 1978年1月11日 - 同年3月29日
放送時間 水曜20:00 - 20:50
放送分 50分
木曜日時代
放送期間 1978年4月6日 - 1980年4月3日
放送時間 木曜20:00 - 20:50
放送分 50分
テンプレートを表示

花のステージ』(はなのステージ)は、1978年1月11日から1980年4月3日まで、NHK総合テレビの夜8時台に放送された音楽番組である。

概要[編集]

人気番組「歌のグランド・ショー」の後を受けて登場した新趣向の歌謡番組。第一線歌手による歌謡パレードや舞台機構をふんだんに使った歌謡バラエティ。それにスペシャルゲストを迎えてのショータイムなどを取り混ぜた歌番組だった。

また出演者も歌手に限らず、人気俳優女優も出演し、番組に彩を添えた。

放送時間[編集]

  • 1978年1月11日 - 1978年3月29日:毎週水曜日 20:00 - 20:50
  • 1978年4月6日 - 1980年4月3日:毎週木曜日 20:00 - 20:50

レギュラー出演者[編集]

歴代司会者
  • 1978年1月 - 1978年3月:伊東四朗泉ピン子桜田淳子
  • 1978年4月 - 1978年12月:伊東四朗、小柳ルミ子
    小柳がコンサート等で出演できない場合はゲスト歌手が代理司会。
  • 1979年1月 - 1979年5月:植木等
  • 1979年6月 - 1980年1月:植木等、宇崎竜童
  • 1980年2月 - 4月(番組終了)
    宇崎とゲスト歌手の一人がコンビで司会。
歴代アシスタント
  • ザ・チェリーズ

番組の歴史[編集]

第1回の放送は1978年1月11日(水曜日)の夜8時からスタート。司会は伊東四朗、泉ピン子、桜田淳子の3人。アシスタントはこの番組からデビューした3人組女性アイドルのザ・チェリーズ。第1回のゲストは加山雄三都はるみ堺正章南沙織、小柳ルミ子、西城秀樹清水健太郎高田みづえ狩人。毎週一人(一組)スペシャルゲストが登場。

1978年4月から小柳ルミ子が司会者として登場、小柳の代わりに佐良直美岡崎友紀なども司会を務める。また4月から毎月最終週は「特集・花のステージ」として、夜7時30分からの80分特番枠になり、紅白対抗の歌合戦や『歌手が選ぶベストヒット』などの企画が行われる。尚、この特集企画時には原則として伊東・小柳(→植木・宇崎)は出演せず(または司会以外の役回りでの出演)、山川静夫アナウンサーが司会を担当した。

1979年1月11日から司会が植木等に代わる。また同年6月には司会に宇崎竜童も加わり、植木率いる「植木等チーム」と宇崎率いる「宇崎竜童チーム」の対決形式で構成する歌謡ショーとなる。例えば、植木率いる「ひらがな・カタカナチーム」(ゲスト歌手:フランク永井ジュディ・オングさとう宗幸)と、宇崎率いる「漢字チーム」(ゲスト歌手:田辺靖雄藤圭子欧陽菲菲)の対抗歌合戦 [過去放送分]…といった具合に、毎週異なる一つのテーマを掲げ、ゲスト歌手が二手に分かれてチーム対抗戦を繰り広げる。

1980年1月24日の放送を最後に植木が病気療養のため急遽降板。以降はゲスト歌手の一人が宇崎とペアで司会をすることとなる。

2017年3月29日美空ひばり生誕80周年記念として発売された『永遠の美空ひばり 紅白のすべてと伝説のNHK番組』に、1978年放送の「競演!ひばり・北島五木」と1979年放送の「納涼演歌まつり」(森進一島倉千代子と共演)の回が収録されている[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 美空ひばり生誕80周年記念『永遠の美空ひばり 紅白のすべてと伝説のNHK番組』”. 日本コロムビア (2017年3月29日). 2017年6月9日閲覧。
NHK総合テレビ 歌謡曲・演歌系音楽番組
前番組 番組名 次番組
花のステージ
NHK総合テレビ 水曜20時枠
歌のグランド・ショー
花のステージ
NHK総合テレビ 木曜20時枠
花のステージ