秋津温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋津温泉』(あきつおんせん)は、1947年に発表された藤原審爾小説1962年には同名のタイトルで日本映画として公開される。

小説[編集]

藤原審爾は戦争中21歳の時に岡山で「秋津温泉」の執筆を始め、戦災で吉備津に移り、戦後倉敷市で書きあげた。同人誌に書いた作品が河盛好蔵らに認められて、『人間別冊』『別册文藝春秋』から執筆の依頼が来て、1947年に前半を『人間別冊』に、後半を『別册文藝春秋』に掲載。1948年、講談社の新鋭文学選書として刊行。加筆したものを1949年に新潮社より刊行。藤原の初期代表作として知られる。

主人公<私>は17年間にわたり5度秋津温泉を訪問し、ヒロイン新子と17年間にわたる愛を深める。

岡山県奥津温泉がモデルである。藤原審爾は少年期と戦中を岡山で暮らした。作中、ヒロインが営む温泉旅館の『秋津荘』は、旅館『河鹿園』がモデルだったが、2012年に廃業した。また、<私>とお新さんの関係が終止符を打たれる場面に描かれた、サクラの木のある場所は奥津渓の脇だが、実際にあるのはモミジの木である[1]

映画[編集]

監督と脚本は吉田喜重岡田茉莉子のデビューから100本記念作品として、岡田自身が「秋津温泉」の映画化を提案し、『熱愛者』に続いてプロデューサーとなった。監督の吉田にはかつて『ろくでなし』の出演を依頼されたがスケジュールの都合で出られなかったことがあり、『秋津温泉』の監督を依頼したところ一度は断られ、脚本を吉田、カメラを成島東一郎とする条件で引き受けてもらった[2][3]。戦後、秋津荘を舞台に、生きる希望を失い時代に流されゆく男と、変わらぬ真情を抱き裏切られる女を、時代から取り残される秋津荘の運命を背景に描く。

1962年昭和37年)キネマ旬報ベストテン第10位、第17回毎日映画コンクール女優主演賞(岡田茉莉子)を受賞した。

岡田はこの映画の後で引退しようと考えたが、監督の吉田に「あなたは青春を映画に全て捧げて、もったいないかと思いませんか」と言われて引き留められた。1963年には吉田と結婚、「吉田と結婚したから、女優を一生続けようと思いました」と語っている[3]

当初、芥川比呂志でクランクインしたが、途中で芥川が病気で降板し、急きょ長門裕之を代役に立てて撮り直した。

旅館『大釣荘』で撮影が行われた。また、入浴場面は大釣荘近くの般若寺温泉で撮影された。大釣荘は廃業し、跡地は『大釣温泉』[1]という日帰り入浴施設になっている[1]

あらすじ[編集]

太平洋戦争中、生きる気力を無くした一人の青年、河本周作は死に場所を求めてふらりと秋津温泉にくる。結核に冒されている河本は、温泉で倒れたところを、温泉宿の女将の娘、新子の介護によって元気を取り戻す。そして、終戦。玉音放送を聞いて涙する純粋な新子に心打たれた河本は、やがて生きる力をとりもどしていく。互いに心惹かれる二人だったが、女将が河本を追い出してしまったために、河本は街に戻る。数年後、秋津に再び現れた河本だが、酒におぼれ、女にだらしない、堕落してしまった河本に、新子はいらだちを覚える。そこで、河本が結婚したことを知った新子は、苦しい河本への思いを捨てきれないまま、河本を送り出す。その後、東京に行くことになった河本は再び秋津を訪れる。一途なまでに河本を思う新子、そして、優柔不断でだらしない河本は再び都会へ。さらに四たび秋津を訪れる河本、そのときには旅館を廃業した新子だったが、河本は新子との肉体の情欲にだけ溺れる。新子は、河本にいっしょに死んでくれと言う。そして最後、河本と別れたあとに、思いつめた新子は手首を剃刀で切るのだった。

原作では、寺の次男との結婚を控えた新子が「あたしはこれでいいのよ、これで倖せだわ」と話すところで終わっており、手首を切る場面はない。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 岡山の街角から - 舞台探訪・聖地巡礼>秋津温泉・岡山ロケ地
  2. ^ 『女優 岡田茉利子』(文藝春秋)
  3. ^ a b 朝日新聞「人生の贈り物 岡田茉莉子 10 吉田喜重の才能にほれた」2018年4月6日