吉備津

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉備津
きびつ
日章旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
自治体 岡山市
行政区 北区
旧自治体 吉備郡真金町
北緯34度40分11.69秒 東経133度50分42.61秒 / 北緯34.6699139度 東経133.8451694度 / 34.6699139; 133.8451694座標: 北緯34度40分11.69秒 東経133度50分42.61秒 / 北緯34.6699139度 東経133.8451694度 / 34.6699139; 133.8451694
吉備津の位置(岡山県内)
吉備津
吉備津
テンプレートを表示

吉備津(きびつ)は、岡山県岡山市北区高松地域(北区役所高松地域センター管内)東部にある地区である。かつては真金(まかね)と呼ばれていた。

本項では吉備郡真金町(まかねちょう)(町制前の名称は賀陽郡 → 吉備郡真金村(まかねそん))についても述べる。

地区内北部(吉備津駅周辺)は板倉(いたくら)、南部(吉備津神社周辺)は宮内(みやうち)と呼ばれている。

概要[編集]

岡山市北区の高松地区中心部の東部にあたり、一宮地区の西隣に位置する。吉備中山北西麓となり、備中国備前国国境に接しており、これが一宮地区との境ともなっている。南は吉備中山、北は名越山大平山に挟まれ、平地は東西に横長になっているが、西部は平地が広がっている。

地区内は東西に国道180号と桃太郎線(吉備線)が通っており吉備津駅が設置されている。

かつて周囲は田園地帯であったが、幹線道路がありが近くにあるため郊外型ベッドタウンとして主要道路沿線を中心に急速に宅地化が進んだ。なお、主要道から離れた地区では今でも田園が多い。

また、この地区は吉備路の一角でもあり吉備中山の北麓に吉備津神社福田海、吉備中山山中に吉備津彦命の陵墓を有し、他にも名所・史跡が多い。

付近には吉備津彦神社最上稲荷神道山黒住教本部)があるため、国道180号は正月には大渋滞となる。

地名の由来[編集]

元は吉備津地区は「真金(まかね)」と呼ばれていた。由来は、『古今和歌集』で吉備中山について「真金吹く 吉備の中山 帯にせる 細谷川の音のさやけさ」と歌われたことに由来している。この歌中の「真金吹く」とは吉備国を表す枕詞であり、「真金」は鉄という意味である。

その後、真金は高松町に編入合併し、そのときに現在の「吉備津」に改称した。由来は吉備津神社と吉備津駅からである。吉備津の地名の由来を、この付近に吉備国の津(港)があったこととする場合があるが、前述の通り吉備津の地名は高松町と合併してからであるので間違いである。また、この付近に港関連の遺跡もない。

歴史[編集]

まかねちょう
真金町
廃止日 1960年(昭和35年)4月1日
廃止理由 編入合併
真金町 → 高松町
現在の自治体 岡山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
吉備郡
総人口 2,532
国勢調査1955年
隣接自治体 東:一宮町
西:高松町
南:吉備町庄村
北:高松町、一宮町
真金町役場
所在地 岡山県吉備郡真金町
 表示 ウィキプロジェクト

古代~江戸時代[編集]

  • 古代、この辺りは備中国賀陽郡板倉郷と呼ばれていた。桃太郎のモデルといわれ、吉備中山や吉備津神社も舞台となった吉備津彦命伝説が今に残っている。
  • 吉備津地区北部、名越山麓は板倉と呼ばれており街道山陽道)が通っていた。そのため宿場町板倉宿)として繁栄し、今もその町並の雰囲気を残している。
  • 吉備津地区南部、吉備津神社周辺は宮内と呼ばれ、古くから吉備津神社の鳥居前町として賑わっていた。江戸時代には遊郭が並ぶなど繁栄した。江戸時代の書物には、西国街道以西では随一の遊里花街と記され、規模は縮小するも戦後辺りまで遊郭街として機能した[1]
  • 江戸時代は、板倉村と宮内村の一部は庭瀬藩領、宮内村の一部は吉備津神社領であった。

沿革[編集]

史跡・観光地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本地名体系 岡山県の地名』平凡社