舞坂ゆき子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まいさか ゆきこ
舞坂 ゆき子
本名 大島 舞子(おおしま まいこ)
生年月日 (1976-11-10) 1976年11月10日(42歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 160 cm
血液型 A型
職業 歌手女優
ジャンル 舞台・テレビドラマ
配偶者 既婚(一般人)
著名な家族 坂本九(父)
柏木由紀子(母)
大島花子(姉)
阿部薫(従兄)
公式サイト 舞坂ゆき子 公式ブログ
chu♥cheHP
備考
宝塚歌劇団卒業生

舞坂 ゆき子(まいさか ゆきこ、1976年11月10日 - )は、日本女優歌手ドッグセラピスト実業家。本名は大島 舞子(おおしま まいこ)。東京都出身。宝塚歌劇団卒業生。父は歌手の坂本九。母は女優の柏木由紀子。姉は大島花子。従兄にサックス奏者の阿部薫がいる。愛称は「まいちゃん」「まいぴー」「まいたん」。

略歴[編集]

東洋英和女学院小・中・高校2年修了。

1994年、約50倍の難関を突破して宝塚音楽学校に入学。

1996年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は38人中20番[1]。月組公演『CAN-CAN』で初舞台(82期生)。同年5月8日[1]、雪組に配属。

同期には蘭寿とむ(元花組トップスター)、壮一帆(元雪組トップスター)、紺野まひる(元雪組トップ娘役)などがいる。

2002年2月11日[1]、東京公演『愛燃える/Rose Garden』で退団。

2007年1月、渋谷区宇田川町の路上でバイクにひき逃げの被害に遭い、軽傷を負った。

2009年12月、ドッグウェアブランドchu♥che(クーチェ)を立ち上げる。自らがプロデュース、デザイン、ほか全てをこなしている。

2013年11月、一般男性との入籍を発表。[2]

2015年8月23日、第1子男児を出産[3]

エピソード[編集]

  • 芸名は本名の下の名前の一部である「舞」、父・坂本九の「坂」、母の下の名前である「由紀子」(ゆき子)から取られ、岩谷時子によって命名された。
  • 本名が「大島」であることから、宝塚時代に「大島紬 つむぎや」のイメージキャラクターをつとめた。
  • 幼少時代の1985年の日本航空123便墜落事故で父・坂本九が死亡したとき、母の柏木由紀子にプレゼントされたマルチーズに悲しみを癒され、ペットと共に生きる生活の素晴らしさを実感する。それが、後に「人と動物の絆のために」活動する原点となっている。
  • 愛犬家である。愛犬はトイプードル つむぎ(メス)と、ゆうき(オス)。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • OINARI 〜浅草ギンコ物語〜(2003年09月22日〜09月27日 青山劇場)(2003年10月02日〜10月28日 中日劇場) 一ノ瀬雛子役
  • ブルースな日々 ああガス欠(2003 博品館劇場他)ルミ役
  • OH!神様(2004年 三百人劇場)ルミ役 
  • 半次とお銀の悪党稼業 心ならずも人助け?(2004年5月 東京芸術劇場)お袖役
  • エリザベート10周年ガラコンサート(2006年 東京芸術劇場)女官役、家庭教師役
  • 音楽劇 赤毛のアン(2006年9月 国際フォーラム)アン役

CD[編集]

  • 2000年7月発売『SUKIYAKI 2000』(坂本九とデュエットアレンジ)
  • 2009年9月発売『ボクものがたり』[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』P.108 小林公一・監修 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日。ISBN 9784484146010
  2. ^ 坂本九さん次女 舞坂ゆき子が結婚!お相手は1歳年下の一般男性(スポニチ、2013年11月1日)
  3. ^ 坂本九さん次女・舞坂ゆき子が第1子男児出産「父も目を細めて喜んでくれてるかな」”. ORICON (2015年8月27日). 2015年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]