華麗なる千拍子'99

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

華麗なる千拍子'99』(かれいなるせんびょうし きゅうじゅうきゅう)は宝塚歌劇団舞台作品。雪組[1]公演。副題は「高木史朗作品より[2]」。形式名は「グランド・レビュー[2]」。22場[2]

監修は酒井澄夫[2]、構成・演出は中村一徳[2]。併演作品は『バッカスと呼ばれた男[1]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[3]参考。

1960年初演で、東京公演が芸術祭賞を受けた作品『華麗なる千拍子』の再演。世界巡りの構成になっており、宝塚の舞台の特徴を生かした伝統的なショースタイルを展開。タイトルに「'99」と付けたのは初演のエスプリはそのままに、1999年当時の時代に合致したリズム(千拍子)をテーマに、リメイクして再構成。

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ[編集]

オリジナルスタッフ[編集]

主な配役[編集]

  • 歌う紳士S、千拍子の歌手、マタドールS、パイナップルの女王、リオの男S、ニューヨークの男S、デュエットの男S、パレードの紳士S - 轟悠[2]
  • 淑女S、恋人、リオの女S、踊る女S、ニューヨークの女S、デュエットの女S、パレードの淑女S - 月影瞳[2]
  • 紳士A、スタンリー、リオの男A、踊る男A、ニューオリンズの男A、ニューヨークの男A、花の紳士、パレードの歌手A - 香寿たつき[2]
  • 紳士A、黒い影S、リオの男A、踊る男A、ギャルソン、パレードの歌手A - 汐風幸[2]
  • 紳士・トリオ、マタドール、リオの男・歌手、リオの男A、モンマントルの歌手、パレードの歌手 - 安蘭けい[2]
  • 紳士・トリオ、ジェイソン、踊る男A、リオの男A、踊る紳士、パレードの歌手 - 成瀬こうき[2]
  • 紳士・トリオ、マタドール、踊る男A、リオの男A、アフリカの男、パレードの歌手 - 朝海ひかる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 90年史 2004, p. 98.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 90年史 2004, p. 99.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 180.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]