レ・シェルバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レ・シェルバン』は宝塚歌劇団の舞台作品。雪組[1]公演。形式名は「グランド・レビュー[1]」。22場[1]

作・演出は中村一徳[1]。併演作品は『真夜中のゴースト[1]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[2]を参考にしている。

宝塚ならではのダイナミックさを打ち出した"レビュー・ルネッサンス"の年にふさわしい豪華絢爛なレビュー。新トップスター・轟悠を中心とした新生雪組の魅力を存分に活かした作品。第三章はイラストレーター天野喜孝イメージコンセプターを担当した。

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ[編集]

主な配役[編集]

  • レビューの紳士S、ジゴロS、ラテンの男S、革命家、紳士S、パレードの紳士S - 轟悠[1]
  • レビューの女王、レビューの淑女S、サリア、ラテンの女S、エストレリータ、恋人、淑女S、パレードの淑女S - 花總まり[1]
  • レビューの紳士A、ベルグロス、ラテンの男A、同志、紳士A、パレードの紳士A - 和央ようか[1]
  • レビューの淑女A、夜の女A、ラテンの女A、恋人、淑女、パレードの淑女A - 星奈優里[1]

星奈優里の組み替えによる配役の変更[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 90年史 2004, p. 68.
  2. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 176.

参考文献[編集]