天下御免

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天下御免
ジャンル 時代劇
放送時間 毎週金曜日
20:00 - 21:00(60分)
放送期間 1971年10月8日 - 1972年9月29日(46回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会
演出 岡崎栄山本誠ほか
脚本 早坂暁
プロデューサー 小川淳一
出演者 山口崇
林隆三
津坂匡章
坂本九
ハナ肇 ほか
オープニング 船出の歌
時代設定 江戸時代
田沼意次時代
テンプレートを表示

天下御免』(てんかごめん)は、NHK総合テレビジョン1971年昭和46年)10月8日から1972年(昭和47年)9月29日まで、金曜日の20時(午後8時)より放映されたテレビ時代劇。平賀源内が諸問題や難事件を解決してゆく「痛快時代劇[1]」である。

作品解説[編集]

制作は小川淳一、脚本早坂暁(挿入歌作詞も担当)ほか。演出は岡崎栄山本誠ほか。音楽は山本直純。タイトルバックのイラスト黒鉄ヒロシ。ナレーションは水前寺清子(最終回には水前寺清太夫としても出演)。早坂暁の作・演出による松竹製作の舞台版(1989年8月3日 - 26日)もある。

享保年間・田沼意次時代が舞台である。平賀源内を主人公に、江戸時代ごみ問題公害問題、受験戦争等を風刺。視聴率平均が約30パーセントと人気を博し、1年間全46話を放映した。

時代劇でありながら、度々現代の風景が登場する。第6回で長崎遊学を終えた源内一行が江戸に着いた際には、大胆にもそのままの衣装で銀座の歩行者天国の人混みの中を練り歩くという異色の演出(脚本のト書きにその指示がある)があった。美濃部亮吉東京都知事もゲスト出演し、背広姿で公害問題を語ったことがある。

このように、時代劇で欠かせない時代考証の制約をある意味取っ払ってしまったかのようなドラマが『天下御免』。音響効果においても「二日酔いの主人公が頭を振ると、ぽちゃんぽちゃん音がする」など、実験的なドラマならではの脚本・演出があった[2]

当時はVTR2インチ規格で機器・テープとも高価だったため使い回されて消去されたこと(撮影に35ミリフィルム・カメラは使用していなかった)などからNHKでは1作も現存していないが、主演の山口崇が個人的に録画していた第1回と最終回が現存し、NHKアーカイブス番組公開ライブラリーにて公開されている。ただし、安定した再生が出来なかったため、ビデオカメラでテレビ画面を撮影する形で復元された。最終回については最後の10分間が欠落している。音声だけは24話、35話、最終回の完全版が民間から発掘されている[3]。後日談としての『びいどろで候〜長崎屋夢日記』が1990年(平成2年)に同局で放映された。

主なキャスト[編集]

サブタイトル[編集]

太字は早坂暁の単独脚本。それ以外は( )に脚本の執筆者を記す。

  • 第1回:こんぴら船々
  • 第2回:長崎ぶんちゃっちゃ!
  • 第3回:和蘭陀まんざい
  • 第4回:ブラックは忍びの色
  • 第5回:あれも人の子仇討ち
  • 第6回:大江戸うそ八百八町
  • 第7回:こともあろうに忠臣蔵
  • 第8回:唄はちょぼくれ・男は源内
  • 第9回:花の大江戸の番外地
  • 第10回:ああ万国博覧会
  • 第11回:歌謡曲だよ人生は
  • 第12回:Xマスには切腹を
  • 第13回:魚が水から出てくる日
  • 第14回:真夜中の将軍たち
  • 第15回:巷に雪の降る如く
  • 第16回:誰かが北で哭(な)いてくる
  • 第17回:北にノロシを上るとき
  • 第18回:謎の女は泣きぼくろ(大西信行と早坂の共同)
  • 第19回:モナリザは微笑む(大西信行と早坂の共同)
  • 第20回:大江戸の華はまっかっか
  • 第21回:わたしの城下町
  • 第22回:北西に進路をとれ
  • 第23回:ふるさとさんこんにちは
  • 第24回:試験地獄に花が散る
  • 第25回:春は嬉しや結婚すれば
  • 第26回:月は東に陽は西に(大西信行と早坂の共同)
  • 第27回:筑波おろしに おや むしろ旗(大西信行と早坂の共同)
  • 第28回:武士の魂いまいづこ(佐々木守
  • 第29回:とりかえばや物語
  • 第30回:特ダネを探してみたら(大西信行)
  • 第31回:子連れ浪士は麦畑
  • 第32回:雨は、しとしと子連れ旅(福田善之
  • 第33回:なぜだか銀は泣いている
  • 第34回:あゝ和蘭陀ばやし(佐々木守)
  • 第35回:みだらに立ち入る事なかれ(佐々木守)
  • 第36回:長持御用心(大西信行)
  • 第37回:ここに立ちたるワシントン
  • 第38回:夢はぴょんぴょん大レース
  • 第39回:父親は悲しからずや
  • 第40回:あらら富士山大噴火
  • 第41回:備えあれば憂いあり
  • 第42回:それでも地球は動いてる
  • 第43回:OH! オランダ事始
  • 第44回:お待たせしました大陰謀!
  • 第45回:敵は幾万ありとても
  • 第46回:さよならだけが人生さ

主題歌・挿入歌[編集]

  • オープニングテーマ曲、エンディングテーマ曲「船出の歌」[4]
    なお、「船出の歌」の歌詞中の「とんなんしゃーぺい」とは、東西南北をさす麻雀用語である。この部分を含む節は放送でのエンディングでは編集カットされていて、レコードシングル版でのオリジナルとなっている。

コミカライズ[編集]

1990年代にほんまりうの作画でコミカライズされている。単行本は平凡社から全2巻。

出版[編集]

  • 天下御免(大和書房
  • 天下御免 其の二(大和書房)
  • 天下御免 完結篇(大和書房)
  • 天下御免 番外篇(大和書房)
  • 早坂暁『天下御免 第1巻 早坂暁コレクション6』(勉誠出版ISBN 978-4585011866
  • 早坂暁『天下御免 第2巻 早坂暁コレクション7』(勉誠出版)ISBN 978-4585011873
  • 早坂暁『天下御免 第3巻 早坂暁コレクション8』(勉誠出版)ISBN 978-4585011880

脚注[編集]

  1. ^ 「痛快時代劇」とのふれこみはグラフNHK1971•11/1号 特集「天下御免」より[要ページ番号]
  2. ^ 特集 その時、舞台裏では…音響編 番組をより魅力的に表現する音の世界 NHKアーカイブス
  3. ^ NHKBS「BSプレミアムアーカイブ」より[要高次出典]
  4. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月31日閲覧。

参考文献[編集]

  • 加藤義彦「『天下御免』内田良平のハチのムサシは死んだのか」『映画秘宝 夕焼けTV番長』(洋泉社、1996年、p.158-159)
NHK総合 金曜20時枠
前番組 番組名 次番組
天下御免