天晴れ夜十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天晴れ夜十郎』(あっぱれやじゅうろう)は、1996年9月13日から1997年3月21日までNHK総合金曜時代劇で放送されたテレビ時代劇である。全23回。

概要[編集]

金曜時代劇の先行作品「天下堂々」と同様、歌舞伎・講談作品の『天保六花撰』を下敷きとしている(原作)ため、同作品の主要人物である河内山宗俊・片岡直次郎(直侍)・三千歳・暗闇の丑松・森田屋清蔵らがメインキャラクターとして登場する。

現代から江戸時代にタイムスリップするという設定の主役・夜十郎を演じた阿部寛は、それまで同枠の「大江戸風雲伝」(1994年松平定信役)および大河ドラマ八代将軍吉宗」(1995年松平乗邑役)など時代物への出演を重ねてきたが、この作品が時代劇での初主演作となった。

宗俊役の石坂浩二は演じるに当たり、剃髪して丸坊主になった(ただ初期ではシーンによってカツラ着用もあった)が、途中から「必殺シリーズ」の坊主キャラのごとく髪を伸ばしていた。

あらすじ[編集]

不慮の事故で突如現代から江戸時代にタイムスリップしてしまったものの、それまでの記憶を失ってしまった青年が、河内山宗俊から人別と刀を授かり、また、女盗賊・花房のお絹等の協力の元に侍・碑夜十郎として時の火盗改め永井、続いて、鳥居耀蔵の悪政に挑む。

スタッフ[編集]

出演[編集]

ほか

サブタイトル[編集]

  1. 夜十郎誕生
  2. おれって誰だ
  3. 河内山大爆発
  4. 決戦 天保の巨悪
  5. 初春花魁凧
  6. 夜十郎の朴念仁
  7. 花の吉原 嵐の道行
  8. 花房お絹 純情す
  9. 江戸よ さらば
  10. 髑髏の秘密
  11. 夜十郎 捕わる
  12. 悪を斬れ
  13. 目醒め
  14. 傷だらけの宗俊
  15. 高野長英 男でござる
  16. 鬼子母神の涙
  17. 花のお江戸の逆転劇
  18. 学問のすすめ
  19. おれん慕情
  20. 父と娘
  21. 瞼の母と六花撰
  22. 運命の激突
  23. 男が命を賭けるとき

外部リンク[編集]

NHK総合 金曜夜8時台
前番組 番組名 次番組
天晴れ夜十郎(1996.9.13~1997.3.21)