岡本富士太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おかもと ふじた
岡本 富士太
本名 岡本 富士太
生年月日 (1946-11-21) 1946年11月21日(71歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
身長 174 cm[1]
血液型 O型[2]
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1966年 -
配偶者 鶴間エリ
所属劇団 演劇集団 円
事務所 円企画
主な作品
テレビドラマ
Gメン'75
大空港
峠の群像
あんちゃん
高速戦隊ターボレンジャー
中学生日記
映画
真田幸村の謀略
誘拐報道

岡本 富士太(おかもと ふじた、1946年11月21日[1][2][3] - )は、日本俳優。本名同じ[1][3]円企画所属[4]

神奈川県横浜市出身[3]藤嶺学園藤沢高等学校卒業[1][2][3]。妻は元スクールメイツ鶴間エリ[5]

来歴・人物[編集]

1966年東京芸術座附属演劇研究所を卒業[3]。同期には、小野寺昭小野川公三郎がいた[6]。同年、劇団雲に入団[5]1975年には、演劇集団 円の会員に昇格し現在に至る[4]

1974年テレビドラマ事件狩り』でのゲスト出演が好評で、大映テレビのプロデューサー・野添和子から東映近藤照男に紹介され『バーディー大作戦』への出演が決まる[5]。後番組の『Gメン'75』にも続投し、初代メンバーの1人である津坂真一刑事役でレギュラー出演した[7]。『Gメン』途中より他のドラマからも声が掛かるようになり、刑事役以外に等身大の若者を演じてみたいという気持ちから、第104話を以って同番組を降板している[8]

1989年には『中学生日記』に美術担当教師・南浩平役で出演し、1996年までレギュラーを務めた[2]。また同じく1989年には、東映のスーパー戦隊シリーズ高速戦隊ターボレンジャー』にもレギュラー出演している[9]。『Gメン』で監督を務めていた堀長文から、当初は『仮面ライダーBLACK RX』に妻とともに夫婦役での出演オファーがあったものの、周囲からの反対を受け『RX』には妻のみが出演することとなり、代わりに『ターボレンジャー』に出演することになった[9]

洋画吹き替えも複数担当し、磯部勉と並んでハリソン・フォードメル・ギブソン両者の吹き替えを経験している。

趣味は、ゴルフ釣り[2]。特技は、柔道(三段)[2]洋弓[1]フェンシング[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

ラジオドラマ[編集]


出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、82頁。ISBN 978-4990124229
  2. ^ a b c d e f 『テレビ・タレント人名事典 第5版』 日外アソシエーツ2001年、228頁。ISBN 978-4816916779
  3. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑'73』 VIPタイムズ社、1972年、33頁。
  4. ^ a b 岡本富士太プロフィール”. 円企画. 2018年4月28日閲覧。
  5. ^ a b c 刑事マガジン 2004, p. 60
  6. ^ 小野川公三郎 インタビュー」『映画論叢 47』 国書刊行会2018年、93頁。ISBN 978-4336062642
  7. ^ 刑事マガジン 2004, p. 61
  8. ^ 刑事マガジン 2004, p. 62
  9. ^ a b 「70年代刑事ドラマ・スペシャル2」『刑事マガジン Vol.2』 辰巳出版〈タツミムック〉、2004年、90頁。ISBN 4-88641-970-4

参考文献[編集]

外部リンク[編集]