有村次左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
有村 次左衛門
Arimura Jisaemon.jpg
有村次左衛門
時代 江戸時代末期(幕末
生誕 天保9年12月28日1839年2月11日
死没 安政7年3月3日1860年3月24日
別名 :兼清
官位正五位
幕府 江戸幕府
薩摩藩
氏族 有村氏
父母 父:有村兼善、母:連寿尼森元高見の娘)
兄弟 俊斎雄助次左衛門
養子:有村信清
テンプレートを表示

有村 次左衛門(ありむら じざえもん)は、江戸時代末期(幕末)の薩摩藩士、尊王攘夷志士兼清[1]

生涯[編集]

天保9年(1839年) 、薩摩藩士・有村兼善の四男として生まれる。母は連寿尼森元高見の娘)。兄に有村俊斎(後の海江田信義)、有村雄助がいる。

剣術薬丸兼義薬丸自顕流を学び、後に江戸北辰一刀流を修めた。

安政5年(1858年)兄の雄助とともに江戸で尊攘活動を行い、のちに脱藩し、水戸藩士らの志士と交流を深める。安政6年(1859年安政の大獄が起きるとそれに憤慨し、その実行者である大老井伊直弼暗殺を水戸藩士らと計画し、翌安政7年3月3日(1860年3月24日)の朝、桃の節句祝いに登城する井伊を狙って江戸城桜田門外で行列を襲撃した(桜田門外の変)。

自身は行列中央の井伊の駕籠を襲い、路上に引きずり出して殺害し、首級をあげた。井伊の首級を持ち去ろうとしたが、供回りだった彦根藩士小河原秀之丞に後頭部を斬り付けられて重傷を負い、同行していた広岡子之次郎が小河原を斬り伏せるも若年寄遠藤胤統辻番所付近で力尽きて自害を図る。有村はまず割腹しようと、着用していた皮の稽古胴を外そうとしたが紐を外せず、携帯していた短刀を雪上に立てて伸し掛かろうするも見当をつけられず、周囲の人々に井伊の首級を運ぶよう要請したが、応じる者はいなかったという。その後、水を飲めば早死にできるという割腹の教えに従って、手近な雪を口に含んでいたところを救出され、遠藤邸に運び込まれるが間もなく絶命した。享年22。明治35年(1902年)、正五位を追贈された[2]

宮崎県都城市横市町に残る有村次左衛門寓居地の碑

親族[編集]

登場する作品[編集]

前年放送の『白虎隊』での登場シーンをそのまま流用。

脚注[編集]

  1. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 65頁。
  2. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.17

関連項目[編集]