桜田門外ノ変

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桜田門外ノ変』(さくらだもんがいのへん)は、吉村昭の歴史小説。また、これを原作とした2010年10月16日公開の日本映画江戸幕府大老井伊直弼が暗殺された桜田門外の変とその前後の顛末を、襲撃を指揮した水戸藩士・関鉄之介の視点から描いている。

小説[編集]

秋田魁新報』(1988年10月11日から1989年8月15日)など地方紙各誌に連載された後、加筆改稿を経て1990年に新潮社から単行本が刊行された。

「桜田門外変」の表記は、当時の資料の一部で用いられていたものである。

概要[編集]

単行本あとがきによれば、桜田門外の変に関心を持った吉村は、1982年または1983年頃から資料集めを始めていた。執筆に当たって吉村は、まず東京大学史料編纂所の教授も務めた吉田常吉を訪ね、その勧めによって関鉄之介を主人公とした。関が暗殺の現場指揮者で事件の全てに立ち会っており、また多くの日記を残していることから、吉村も関以外に主人公とすべき人物はないと判断したのである。

吉村は単行本あとがきでまた、江戸幕府崩壊の過程と「大東亜戦争」の敗戦の類似を感じるとし、桜田門外の変と二・二六事件とを重ね合わせている。

物語は安政4年(1857年)正月、水戸藩の門閥派の要人結城朝道の手足となって改革派と争っていた谷田部籐七郎が弟とともに捕縛され、水戸領内を護送されるところから始まり、遡って斉昭の藩主就任と藩政改革が描かれる。大老井伊直弼による水戸藩への弾圧、それに対し水戸藩士が井伊暗殺を企て、暗殺を成就するまで、その暗殺の次第が克明に描かれるが、井伊の死までで全体の2/3である。その後は暗殺後の彦根藩と幕閣、水戸藩の対応、井伊暗殺に呼応して薩摩藩が兵を挙げて京都へ上る計画が成らず、暗殺を企てた水戸藩士たちが失意のうちに捕縛、自刃、潜伏逃亡する様が描かれる。物語は文久2年(1862年)5月11日の関鉄之介の斬首で終わり、その後のことが簡潔に記されて締めくくられる。

刊行書誌[編集]

関連書籍[編集]

  • 吉村昭『史実を歩く』(文春新書、1998年10月 ISBN 978-4166600038文春文庫、2008年7月 ISBN 978-4167169466
    歴史小説の執筆にあたっての取材や創作にまつわるエピソードが綴られたエッセイ集。「「桜田門外ノ変」余話」を始め、「原稿を焼く」「読者からの手紙」などで『桜田門外ノ変』について触れられている。

映画[編集]

桜田門外ノ変
監督 佐藤純彌
脚本 江良至
佐藤純彌
原作 吉村昭
出演者 大沢たかお
長谷川京子
伊武雅刀
北大路欣也
音楽 長岡成貢
主題歌 alan悲しみは雪に眠る
撮影 川上皓市
編集 川島章正
制作会社 ユニークブレインズ
製作会社 「桜田門外ノ変」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗 2010年10月16日
上映時間 137分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6.9億円[1]
テンプレートを表示

「水戸藩開藩四百年記念」と銘打ち、茨城県の地域振興と郷土愛を目的に時代劇として実現した県民創世映画。監督は『男たちの大和/YAMATO』の佐藤純彌。主演は大沢たかお。企画・製作・撮影においては茨城県内の自治体・企業・市民団体の全面協力体制がとられ、見せ場である桜田門外襲撃シーンのために約2億5000万円の巨大オープンセットも組まれた。

キャッチコピーは、「幕末リアリズム。日本の未来を変えた、史上最大の事件。」

本作では冒頭から全体の1/3ほどで桜田門外の襲撃が発生し、あとの2/3を襲撃に至るまでの経緯と水戸浪士達の逃避行を交互に描き、関鉄之介の捕縛と斬首、明治維新によって桜田門を通って江戸城に入る新政府軍の行進で幕を下ろす。その後の水戸浪士達に焦点をあてて描いているところは原作と同じだが、ほぼ時系列通りに物語が進行する原作とは異なった構成となっている。また襲撃シーンは実際の桜田門外の変にほぼ忠実であるとされるが、彦根藩士側の個人名などは特に描写されておらず、事件後の井伊家の対応も伝聞で語られるのみとなっている。

公式サイトでスペシャル動画『幕末通信 立川談春の3分でわかる『桜田門外ノ変』』が配信された。10月4日以降各局でテレビ特番『公開直前!映画「桜田門外ノ変」徹底解剖スペシャル』が放送された。また『サムライ・シネマキャンペーン』と題し、『十三人の刺客』『雷桜』『武士の家計簿』『最後の忠臣蔵』と併せて、2010年公開の時代劇映画5作共同のキャンペーンも行われた。

2010年10月16・17日初日2日間で興収9172万6200円、動員は8万390人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第6位となった[2]。また、「ぴあ」初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第4位になるなど好評価されている。

本編のDVDは2011年4月21日に発売される。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サウンドトラック[編集]

  • 桜田門外ノ変 オリジナルサウンドトラック(AVCA-29845)

オープンロケセット[編集]

  • 映画のオープンロケセットと記念展示館が水戸市千波湖畔で公開されていた[3]。当初は1年間の予定だったが公開時期を延長され2013年3月31日をもって閉館となった[4]。3年間で約31万人が訪れた。

関連書籍[編集]

  • 黒沢賢一『桜田門外ノ変―時代を動かした幕末の脱藩士』(宮帯出版社

スピンオフ作品[編集]

本作の製作過程を題材にしたスピンオフ作品『桜田門内の変!?』が2012年6月に公開された。監督・主演は本編にも出演している渡辺裕之

脚注[編集]

  1. ^ 「2010年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2011年平成23年)2月下旬号、キネマ旬報社2011年、 190頁。
  2. ^ 映画興行成績ランキング績goo映画 2010年10月19日
  3. ^ オープンロケセット・記念展示館 入場のご案内 - 水戸藩開藩四百年記念「桜田門外ノ変」映画化支援の会
  4. ^ 桜田門外ノ変オープンロケセット閉館(茨城新聞2013年4月1日)

外部リンク[編集]