ゴルゴ13 (1973年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴルゴ13
監督 佐藤純弥
脚本 さいとう・たかを
K・元美津
高久進
原作 さいとう・たかを
出演者 高倉健
音楽 木下忠司
撮影 飯村雅彦
編集 田中修
製作会社 日本の旗 東映
イランの旗 SOCIÉTÉ ANONYME CINÉMATOGRAPHIQUE IRAN
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1973年12月29日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本 イラン帝国の旗 イラン
言語 日本語
配給収入 日本の旗 4億400万円[注釈 1]
テンプレートを表示

ゴルゴ13』は、1973年日本イラン合作映画[注釈 2]。主演は高倉健。製作は東映SOCIÉTÉ ANONYME CINÉMATOGRAPHIQUE IRAN[注釈 2]

ストーリー[編集]

世界的な犯罪組織のボスであるマックス・ボアを逮捕しようとテヘランへ侵入した某国秘密警察の捜査員が、次々とボアの手先に抹殺されていた。警察部長のフラナガンはゴルゴ13へUS50万ドルを支払い、ボア暗殺の依頼をする。ボアの素顔もわからず、居場所もイラン国内としか判明していなかったが、ゴルゴ13はテヘランへ向かう。

出演[編集]

声の出演

スタッフ[編集]

製作・公開[編集]

作者のさいとう・たかをは東映から映画化を打診されたが乗り気でなく、「無茶な条件を出せば、あきらめるだろう」と思い、「オール海外ロケ」「主演は高倉健[注釈 5]」と条件を出したところ、東映がまるまる受け入れたので製作された[5]プロデューサー俊藤浩滋も「日本で撮影するなら映画化を認めない」とさいとうの示す条件が困難なものばかりで苦労したと述べている[3]。高倉以外はすべて外国人俳優で日本人声優によるオール吹き替えがされ、さいとうは綿密な脚本を書き演出の指定もしたが、監督の佐藤純弥は脚本通りに撮らなかったため、さいとうが思い描いた作品とは全く違うものができ、本作にさいとうは不満を抱いている[5]。一方で俊藤は「原作が短編でつまらない。読むのならおもしろいかもしれないが、映画の2時間枠に収めるとなると、ドラマのうねりが必要」と脚本作りに四苦八苦していた[3]パーレビ体制時代のイランが製作協力しており、なんでもパーレビ一族に話を通さないと進まなかった[3]ロケテヘランイスファハン中心に行われ、高倉は外国が好きなことや、ゴルゴ13のようなかっこいい役がお気に入りなので、撮影を楽しんでいた[6]。本作の脚本は『増刊ゴルゴ』6号に掲載されている。

日本では『女囚さそり 701号怨み節』と2本立て公開で4億400万円の売上は1974年(昭和49年)邦画配給収入の第7位にランキングされたが[1]、収益は不入りであった[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 女囚さそり 701号怨み節』と2本立てによる公開での配給収入である[1]
  2. ^ a b 本作のオープニングで「共同製作 SOCIÉTÉ ANONYME CINÉMATOGRAPHIQUE IRAN」とクレジットが流れ[2]プロデューサー俊藤浩滋はイランの映画会社からも製作費を捻出してもらった[3]
  3. ^ ノンクレジットだが、イラン政府や映画会社との交渉、ロケにも1か月帯同した[4]
  4. ^ ノンクレジット。
  5. ^ ゴルゴ13は高倉がモデルであった[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、198-199頁。ISBN 4-87376-595-1
  2. ^ 本作DVDより。
  3. ^ a b c d 「第六章 高倉健との歩み」『任侠映画伝』、140頁。
  4. ^ 「第六章 高倉健との歩み」『任侠映画伝』、140 - 142頁。
  5. ^ a b c 「さいとう・たかをインタビュー」『オフィシャル・ブック THE ゴルゴ学』 小学館
  6. ^ 「第六章 高倉健との歩み」『任侠映画伝』、141 - 142頁。
  7. ^ 春日太一 「第四部 必死のサバイバル」『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』 文藝春秋(原著2013年11月15日)、初版第一刷、348頁。ISBN 4163768106

参考文献[編集]

※異なる頁を複数参照をしている文献のみ。発表年順。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]