空海 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
空海
監督 佐藤純彌
脚本 早坂暁
原案 上村正樹
坂上順
佐藤雅夫
製作 高岩淡
中村義英
全真言宗青年連盟(企画)
上村正樹(プロデューサー)
坂上順(同上)
佐藤雅夫(同上)
斎藤一重(同上)
出演者 北大路欣也
加藤剛
小川真由美
森繁久彌
音楽 ポール・バックマスター
玉木宏樹
ツトム・ヤマシタ
撮影 飯村雅彦
編集 市田勇
製作会社 東映
全真言宗青年連盟映画製作本部
配給 東映
公開 日本の旗 1984年4月14日
上映時間 179分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 16億円[1]
テンプレートを表示

空海』(くうかい)は、1984年(昭和59年)4月14日公開の日本映画。 

概要[編集]

弘法大師空海入定1150年を記念して全真言宗青年連盟映画製作本部が東映と提携して製作[2][3]真言宗は50年ごとに一大布教活動を展開しており『空海』は布教の一環となった[4]。全真言宗青年連盟が映画公開前に前売り券200万枚を完売させ[3][5]、これが総額で20億円とも[3]24億円ともいわれ[4]、公開前から大きな興行保障を実現させた[3]。このため総製作費には12億円という巨費が投ぜられ[3]、当時のままの遣唐使船を建造した他[3]、空海が密教を授けられた地である中国西安に大ロケーションが敢行された[6][7]。  

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

スポンサー映画のはしりは1973年創価学会東宝の提携作『人間革命』といわれ、その後も数本、宗教団体と映画会社の提携作が作られたが『人間革命』の前売動員は90万枚といわれており[3]本作はそれを大きく凌いだ[5]

本作の製作クレジットは高岩淡、中村義英とするものが多いが、実質は岡田茂東映社長と全真言宗青年連盟である[8]。高岩・中村は、それぞれ資金を分担した東映と全真言宗青年連盟からそれぞれ組織の代表者として名を連ねているだけである[8]。またプロデューサーとしてクレジットされている上村正樹、坂上順、佐藤雅夫、斎藤一重のうち、上村は全真言宗青年連盟、他の3人は東映の社員で、それぞれ所属する組織が企画立案した作品の製作現場に配属された形となる[8]。その仕事はシナリオ作成時にブレーンとして参加し、そのシナリオに基づいて予算を組み、その枠内でスタッフと契約、俳優の出演交渉をし、対外折衝や製作時に起こる種々の問題処理を行うものであった[8]

製作は3年前から始まった[9][10]。全真言宗青年連盟の中村義英本部長は「映画とはいえ、おもしろおかしくては困りますので、私たちも製作に関わらせていただいております」と牽制[4]、脚本の段階で「あまり生なましい表現は避けてほしい」「全面的に削除して下さい」など要請もあった[11]。口も出すがその分カネも用意し、前売り券200万枚を 東映に印刷するよう指示し[4]その全てを引き受け、映画公開までに全て売り切った[3][4]

脚本[編集]

脚本には空海と同じ四国出身の早坂暁が起用された[10]。オファーは2年前に受けたが[10]脚本執筆中に2度の手術と心臓病で倒れ、心臓発作に怯えながら膨大な資料を元に1年半をかけ脚本を完成させた[10]。早坂脚本により、PR映画になりがちな宗教映画に幾らか留まらない映画に仕上がったと評された[11][12]

キャスティング[編集]

妖しくも絢爛たる炎の女・薬子を演じた小川真由美。当初の脚本では男女の営みも面白く書き込んであり、小川はそこが気に入っていたが、スポンサーの意向でカットされたという[13]

宣伝[編集]

東映宣伝部では「マッコウ臭い宗教映画としてではなく、日本版『十戒』、『ジーザス・クライスト・スーパースター』として見て頂きたい。文部省選定前ですから学校にもチケットを買ってもらっています」と吹聴したが[7]、前述のように全真言宗青年連盟が映画公開までに前売り券200万枚を売り切った。東映は「早くも驚異の前売200万枚突破!」と新聞一面を割いて大広告を打った[7]。また全国600の書店とタイアップし「空海とマンダラ宇宙」ブックフェアを開催[7]。この時よく売れたのが陳舜臣作の『曼陀羅の人』(上下巻)で、2冊で10万部を突破した[7]。出版したTBSブリタニカでは「宗教書というより、空海を日本最初の国際人として捉えているので経済ビジネス関係の本の読者層とも合致した」と話した[7]。本作の影響で空前の"空海ブーム"が興った[7]

興行[編集]

本作が公開された時期は、映画各社ともゴールデンウィーク前の捨て週間に当たり[14]、成績が良ければゴールデンウィーク興行に雪崩れ込むが、小松左京が並々ならぬ情熱を傾けた東宝の大作『さよならジュピター』は7億円の大赤字を出し上映打ち切り[14]中井貴一カーレースが売物の『F2グランプリ』に差し替えられたがこちらも大コケした[14]松竹清張ミステリー彩り河』も同様に成績不振で、"ゴールデン改め、ゴースト週間"などと揶揄されたが[14]、『空海』は唯一大ヒットを記録した[14]。岡田東映社長が「これぞ社運を賭けた大作。最低でも配収18億円は堅い」と豪語[14]。しかし全真言宗青年連盟が前売り券を売り切ったのが大ヒットの理由で「東映の岡田商法」などという陰口が出た[14]。興行収入は16億円を挙げ、この年日本映画4位の大ヒット[1]。前売り200万枚の完売だと単純計算では24億円の売り上げであり[4]、総製作費が12億円のため[4](宣伝費を合わせて13億円)[7]、黒字はもっと出たといわれる[4]

逸話[編集]

前述のように早坂が体調を崩し1年たっても脚本が出来ず、岡田社長の怒りが爆発[15]。『人生劇場』のオールラッシュを観るため京都に来た岡田がプロデューサーの坂上順と岡田裕介を呼びつけ「お前ら、何やってんだ。早坂代えろ ! 」と怒鳴りつけた[15]。坂上は「この映画の脚本には膨大な資料調べを必要ですし、脚本家を今から代えるのは時間的に無理です。それに『空海』は四国生まれの早坂さんしか書けないと思います」と言い返した。すると岡田は「お前は早坂のマネージャーか! 俺は会社を背負っているんだ。お前が腹切ったって、会社は助からんのだ。辞めちまえ! 」と一喝し部屋から出て行った[15]。坂上は縮み上がった。4ヶ月後、早坂の脚本が完成し映画も大ヒット。岡田から早坂と坂上に「一緒に飯を食おう」と声がかかった。坂上はクビを言い渡されたのも同然だったので狐につままれた思いで、お店に出向くと岡田から「坂上君、今度は君と喧嘩したことが良かったな」と言われた[15]。喧嘩は相手を認めなければ出来ないことだから、岡田の「喧嘩した」の一言を、坂上は「お前をプロデューサーとして認めてやるよ」と最大限拡大解釈し、今までプロデューサーを続けてこられたと思っている、人の心を掴む人間性が岡田さんの魅力でした、と述べている[15]。  

漫画[編集]

劇場公開にあわせて漫画『空海』が発表されている。画:中島徳博、作:早坂暁。ISBN 9784088581217

脚注[編集]

  1. ^ a b 1984年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』 文化通信社2012年、191頁。ISBN 978-4-636-88519-4
  3. ^ a b c d e f g h キネマ旬報』1984年4月下旬号、 166-167頁。
  4. ^ a b c d e f g h 「一二億円の黒字が約束された東映『空海』のご利益」、『週刊文春』、文藝春秋、1983年6月23日号、 29頁。
  5. ^ a b 『キネマ旬報』1984年5月下旬号、 174頁。
  6. ^ 『キネマ旬報』1984年3月下旬号、 72-76頁。
  7. ^ a b c d e f g h 「なぜか空前の"空海"ブーム」、『週刊新潮』、新潮社、1984年3月29日号、 15頁。
  8. ^ a b c d 佐藤純彌 『シネマ遁走曲』 青土社1986年、29-31頁。全国書誌番号:87031231
  9. ^ 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』 文化通信社、2012年、195頁。ISBN 978-4-636-88519-4
  10. ^ a b c d 早坂暁 『空海』 大和書房1984年、195-202頁。ISBN 4-479-54020-2
  11. ^ a b 杉浦孝昭 『おすぎのシネマトーク』 シネ・フロント社、1986年、195-202頁。ISBN 4-915576-09-4
  12. ^ 「ザ・セレクション 西脇英夫『空海』」、『キネマ旬報』1984年5月下旬号、 90-111頁。
  13. ^ 黒田邦雄「ザ・インタビュー 小川真由美」、『キネマ旬報』1984年昭和59年)4月下旬号 120-123頁、キネマ旬報社、1984年
  14. ^ a b c d e f g 「"ゴールデン"改め"ゴースト週間"」、『週刊新潮』、新潮社、1984年4月26日号、 13頁。
  15. ^ a b c d e 「欲望する映画 カツドウ屋、岡田茂の時代 岡田茂をめぐる七人の証言 坂上順」、『キネマ旬報』2011年平成23年)7月上旬号 63-64頁、キネマ旬報社、2011年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]