ゴルゴ13 九竜の首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴルゴ13 九竜の首
狙擊十三
Golgo 13: Assignment Kowloon
監督 野田幸男
脚本 中島信昭杉本功
原作 さいとう・たかを
ナレーター 大塚周夫
出演者 千葉真一
嘉倫がるん[1]
志穂美悦子
新藤恵美
ジェリー伊藤
孫泳恩
林偉琪わいけい[2]
丹娜だな[3]
黄樹棠
鶴田浩二
音楽 伊部晴美
撮影 赤塚滋勝木勝夫
編集 市田勇
製作会社 日本の旗 東映
香港の旗 嘉倫電影
配給 日本の旗 東映
香港の旗 嘉倫電影
公開 日本の旗 1977年9月15日
香港の旗 1978年5月4日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本 / 香港の旗 香港
言語 日本語広東語
テンプレートを表示

ゴルゴ13 九竜の首』(ゴルゴさーてぃーん くうろんのくび、狙擊十三, Golgo 13: Assignment Kowloon )は、1977年日本香港合作映画[注釈 1]主演千葉真一監督野田幸男[注釈 2]製作東映嘉倫電影カラーシネマスコープ、93分。

解説[編集]

さいとう・たかを劇画ゴルゴ13』を映画化した作品。原作の第32話「帰ってきた標的」、第55話「ANGRY WAVES」、第62話「九竜の餓狼」の部分的な内容と第57話「キャサワリー」の名のみを取り入れ、これらに新たな脚色を加え、マイアミ香港東京京都マカオで、縦横無尽に活躍するゴルゴ13(デューク東郷)が描かれた内容となっている。これまで千葉真一小説劇画映画化した『ボディガード牙シリーズ』、『ウルフガイ 燃えろ狼男』、『けんか空手シリーズ』、『ドーベルマン刑事』の主人公に扮してきたが、本作では目線・態度・仕草で無表情・無口なキャラクターであるゴルゴ13を演じた。スタントでは原作の「ANGRY WAVES」と同様の落下するクレーンに摑まっての攻撃、走行する2階建てバスの屋根から脱出、ロッククライミングして崖にぶら下がりながらの狙撃、ジャパンアクションクラブ (JAC ) の面々が扮した敵をカラテで倒す格闘など、数々のスリリングなシーンがテンポよくスピーディーに展開されている[4][5]1977年6月末まで香港のロケーション撮影が行われていたが、当地ではSonny Chiba ブームに拍車をかけ[6]九龍城領域内の九龍城砦では映画史上初めてカメラを持ち込み撮影された[4]

主な脇役には麻薬撲滅に執念を燃やす香港警察の主任刑事・スミニーに共同製作している嘉倫電影の代表・嘉倫ガルン[1]、その部下で潜入捜査官・林玲に志穂美悦子、スミニーの妹・葉連に新藤恵美、ポラーニア領事・ポランスキーにジェリー伊藤、ゴルゴ13と関わる香港の娘・紅蘭に1973年の第1回ミス香港で優勝した孫泳恩[7]、麻薬シンジケート香港支部・支部長に林偉琪わいけい、その愛人に丹娜だな、スミニーの忠実な部下刑事に黄樹棠九龍城に住む調達屋・重宗千造に鶴田浩二など、国際色豊かなキャスティングがされている[6]日本では1977年9月15日から公開。言語を日本語のみで千葉真一・志穂美悦子・新藤恵美・ジェリー伊藤・笹木俊志波多野博高橋健二高橋敏光古賀弘文・鶴田浩二以外の出演者全てが、日本の声優による吹き替えとなった。ただし声優はクレジットタイトルに掲載されておらず、声優により複数の役を吹き替えしている。香港では1978年5月4日に封切られ、全て広東語で統一された。

ストーリー[編集]

香港のビクトリア湾に男の死体が上がった。同じ殺され方で3人目であったことから、香港警察の主任刑事・スミニーは同一犯とみなし、捜査を始める。一方、マイアミに居た麻薬シンジケートのボスであるロッキー・ブラウンは、ゴルゴ13にシンジケート香港支部長である周電峰の暗殺を依頼した。香港での立て続けの殺しは、麻薬の横流しをする周を始末しようとブラウンの命令でやってきた殺し屋を、周に雇われた暗殺集団が返り討ちしたものであった。

ゴルゴ13は香港へ潜入し、周の寄付で造成されたプールの完成式典に周自身が出席することを摑み、付近のビル屋上からアーマライトM16を改造した狙撃銃で狙いを定めた。その瞬間、何者かに周は射殺されてしまう。ブラウンへ依頼に偽りがないことを確かめたゴルゴ13は、周を暗殺した黒幕が香港の麻薬シンジケートを牛耳るボスであると確信し、新たなターゲットとした。しかし香港警察はゴルゴ13を周殺しの犯人として逮捕、正体不明の黒幕は不気味な暗殺集団を使ってゴルゴ13を抹殺しようと、それぞれ立ちはだかる。これらを排除しながらくぐり抜け、真のターゲットである黒幕にゴルゴ13は狙いを定める。

キャスト[編集]

※はノンクレジットで、〔 〕は日本語に吹き替えている声優
香港警察
麻薬シンジケート 香港支部
  • 林偉琪わいけい[2] : 支部長 周雷峰 〔雨森雅司
  • 丹娜だな[3] : 周の愛人 麗花 〔中村晃子
  • 唐天希 : 入道
  • 尹發 : チャイ
  • アラン 余 : 毒蜘蛛の黒竜
  • 泰山 : 手下1
  • 黎剣雄 : 手下2
黒幕の配下
麻薬シンジケート
警視庁 国際捜査共助課
その他

スタッフ[編集]

※はノンクレジット。
東映
嘉倫電影(嘉倫・黄乗棋・何家駒)
  • 製作担当 : 鐘重光
  • 製作進行 : 韓坤
  • 助監督 : 梁東尼
  • 装置 : 梁栄
  • スチール : 張正名
  • 擬斗 : 黄樹棠
  • 擬斗助手 : 宋錦成
  • 美粧 : 陳国雄
協力
  • ファッション プラス 提供 : ルスチカ、イタリア LXOTTICA☆☆

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 当該記事に外部リンクしている各々の映画データベースにより、製作国が「日本」、「香港」、「日本と香港の合作」とそれぞれ異なっているが、本作のクレジットタイトルでは#スタッフのとおり、日本側である東映の製作スタッフと、香港の製作会社・嘉倫電影とその製作スタッフが、双方表記されている。
  2. ^ 一部の映画データベースでは嘉倫ガルン[1]監督として記載され、野田幸男と共同演出になっているが、クレジットタイトルの監督表記は野田のみである。
  3. ^ この他にはノンクレジットである、ホテルのボーイを吹き替えている。
  4. ^ a b この他にはノンクレジットである、ナイトクラブ「東方光」の司会者、取調室の制服警官を吹き替えている。
出典
  1. ^ a b c d 嘉倫 Ga Lun” (広東語). 香港影庫 HKMDB. 2014年12月25日閲覧。
  2. ^ a b 林偉棋 Nick Lam Wai-Kei” (広東語). 香港影庫 HKMDB. 2014年12月25日閲覧。
  3. ^ a b 丹娜 Dana” (広東語). 香港影庫 HKMDB. 2014年12月25日閲覧。
  4. ^ a b ゴルゴ13 九竜の首”. 日本映画製作者連盟. 2014年12月25日閲覧。
  5. ^ 「ゴルゴ13 九竜の首」 (グラビア) 、『KINEJUN キネマ旬報』第1532巻第718号、キネマ旬報1977年10月1日、 42 - 44頁。1977年、10月上旬、秋の特別号。
  6. ^ a b 「『ゴルゴ13』香港ロケ・千葉真一」、『週刊明星』、集英社1977年9月11日
  7. ^ Miss Hong Kong - 香港小姐” (広東語). tvb.com. 2011年12月21日閲覧。

関連項目[編集]

千葉真一主演で暗殺者に扮した作品
千葉主演で香港との合作作品
モチーフ

外部リンク[編集]