雷桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雷桜』(らいおう)は、宇江佐真理による日本時代小説、またそれを原作とした漫画および映画作品。

概要[編集]

2000年に角川書店より発売された、遊という女性の半生を描いた時代劇小説。2010年10月時点で40万部を突破している[1]。また月刊Asuka2010年8月号から11月号まで、八咫緑作画による漫画版が連載された。

あらすじ[編集]

映画[編集]

雷桜
監督 廣木隆一
脚本 田中幸子
加藤正人
原作 宇江佐真理
出演者 岡田将生
蒼井優
小出恵介
柄本明
時任三郎
音楽 大橋好規
主題歌 舞花
撮影 鍋島淳裕
編集 菊池純一
製作会社 「雷桜」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2010年10月22日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『雷桜』(Raiou)は、日本版『ロミオとジュリエット』と題した身分違いの恋愛をテーマにした時代劇[2]シネマコンプレックスが普及したことなどから、邦画としては異例の金曜日の2010年10月22日公開[3]。監督は『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一。主演は『瞬 またたき』の岡田将生。

キャッチコピーは「女は、恋さえ知らなかった。男は、愛など信じなかった。美しくも奇妙なその桜が、二人の運命を変えた。」。

テレビ特番としてTBSなどで『映画「雷桜」から学ぶ恋愛心理学SP』(60分枠)または『映画「雷桜」特番〜究極の恋物語と言われる4つの理由〜』(30分枠)が放送された。また『サムライ・シネマキャンペーン』と題し、『十三人の刺客』『桜田門外ノ変』『武士の家計簿』『最後の忠臣蔵』と併せて、2010年公開の時代劇映画5作共同のキャンペーンも行われた[4]

2010年10月22日から24日の初日3日間で興収8614万8460円、動員は6万8922人になり(土日2日間では興収6430万6060円、動員は5万0492人)、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第8位となった[5]。また、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第5位となった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]