橋本満明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋本 満明(はしもと みつあき、1959年7月6日 - )は、日本CGアニメーター山口県出身。

経歴[編集]

幼少時から合成が好きであり、当時は『ウルトラマン』と『帰ってきたウルトラマン』を見て、前者(科学特捜隊のスーパーガン)が光線銃だったのに対して後者(MATのマットガン)が火薬になっていたことに、「合成が減った」と憤っていたという[1]

1981年には阿佐ヶ谷美術専門学校を卒業し[2]フリーランスのCGアニメーターとして活躍しながら同校の映像研究室の助手[3]1984年から1986年まで務め、後輩の寺田克也山崎貴に面倒見の良さで慕われる[2]。その後、コマーシャルなどの放電アニメの制作を経て、仲間と一緒に1988年の『未来忍者 慶雲機忍外伝』の立ち上げに関わる[1]

デン・フィルム・エフェクト(1984年5月 - 7月)やオフィス・カスタネット(1999年 - 2001年)に所属していた時期もあり、その後はライトハウスに所属している[2]

映画[編集]

公開年月日 作品名 制作(配給) 役職
1989年7月22日 ガンヘッド 東宝
サンライズ
バンダイ
角川書店
IMAGICA
東宝映画
エフェクトアニメーション
1989年12月16日 ゴジラvsビオランテ 東宝映画
(東宝)
1991年12月14日 ゴジラvsキングギドラ
1992年12月12日 ゴジラvsモスラ
1993年12月11日 ゴジラvsメカゴジラ
1994年7月9日 ヤマトタケル
1995年3月11日 ガメラ 大怪獣空中決戦 大映
日テレ
博報堂
(東宝)
ポスターイラスト
1995年7月8日 学校の怪談 東宝
サンダンス・カンパニー
視覚効果
1996年7月13日 ガメラ2 レギオン襲来 大映
日テレ
博報堂
富士通
日本出版販売
(東宝)
ポスターイラスト
1996年12月14日 モスラ 東宝映画
(東宝)
1998年5月19日 GODZILLA セントロポリス・エンターテインメント
トライスター・ピクチャーズ
1999年12月18日 御法度 角川書店
BS朝日
衛星劇場
IMAGICA
松竹
視覚効果
2004年12月4日 ゴジラ FINAL WARS 東宝映画
(東宝)
プロダクション・スーパーパイザー
2006年12月16日 犬神家の一族 角川ヘラルド映画
日本映画ファンド
TBS
オズ
ソニー・ミュージックエンタテインメント
Yahoo! JAPAN
(東宝)
視覚効果

参考文献[編集]

出典[編集]