松尾伴内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松尾伴内
本名 松尾憲造
生年月日 1963年5月3日(52歳)
出身地 長崎県大村市
血液型 A
身長 162cm
方言 共通語
最終学歴 東京都立桜町高等学校卒業
師匠 ビートたけし
グループ名 たけし軍団
事務所 オフィス北野
活動時期 1982年 -
同期 そのまんま東
笑福亭笑瓶
ダウンタウン
トミーズ
ハイヒール
前田政二
過去の代表番組 オレたちひょうきん族
スーパージョッキー
明石家さんちゃんねる
他の活動 レポーター
配偶者 栗林知美

松尾 伴内(まつお ばんない、1963年5月3日 - )は、日本のタレントレポーター。本名、松尾 憲造(まつお けんぞう)。

長崎県大村市生まれ、東京都目黒区育ち。新潟県新潟市在住。血液型A型。オフィス北野所属。東京都立桜町高等学校卒業。

妻は女優栗林知美。2005年に双子の男の子が誕生。

来歴・人物[編集]

漫才ブームで人気芸人となったビートたけしに着目し、弟子入りするためにニッポン放送の通用口付近で出待ちをした。しかし、人見知りである松尾は声を掛けるきっかけが掴めず、『ビートたけしのオールナイトニッポン』収録後のたけしをただ見送ることが続いた。松尾の存在に気付いた高田文夫は、たけしに「タケちゃん、あいつ(松尾の事)ヤバイよ」と警告していたという[1]。その時松尾が切迫した表情でたけしに近づき(たけし曰く「刺されると思った[1])、その後たけしに弟子入りを志願し3番弟子となる。入門当時の芸名は本名の『松尾憲造』だったが、1984年の一斉改名の際に現在の芸名に改名した。1982年、たけしの内弟子時代に「刑事ヨロシク」でデビュー。

近年は、ビートたけしよりも明石家さんま小堺一機との仕事が多い。一時期、外部修行としてさんまの付き人を務めていたこともある[2]。また小堺とは年に1回、小堺主演の舞台『小堺君のおすましでSHOW』で共演。20年以上出演を続けており[3]、2014年現在、同公演では最も古株のキャストである。

40歳代のベテランであるにもかかわらず、「まだ若手ですから」と言う[4]

『痛快!明石家電視台』では度々乙女チックな衣装で登場し、さんまのツッコミに対して「男女兼用でございます」などと答えるのがお約束のネタとなっている[5]

くりぃむしちゅー上田晋也とはお互いに似ているのがネタにされることがある[6]

そんな礼儀正しい性格だが、たまにタメ口を言ってしまい怒られたことがあったという。師匠のビートたけしに食事に誘われた際、「○○食べたいか?」と聞かれ、「ああ」と言い、たけしにこっぴどく怒られた経験を持つ[7]

妻の栗林とは、『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』での共演(栗林はイメージガールとして出演していた)で知り合い、松尾が散々栗林にアタックをし続けていた。結婚は、松尾が栗林とデートの約束をしていたが彼女は忘れており、何と松尾が10時間近く同じ場所で待ち続け、それを知った栗林が結婚を申し入れたといわれている。たけし曰く「よく松尾なんかと結婚する気になったなあ、あいつは家に最初に彼女を連れてきて都はるみのビデオをいっしょに見せられるんだぜ。結婚なんて一生できないとおもってたよ」[8]

エピソード[編集]

  • タレントで元宮崎県知事そのまんま東とアパートで同居していた頃、自分の持ち物を押入れにしまい込み、扉の襖に外から鍵をかけていた(東に無断で使われるのを防ぐため)[1]
  • 若白髪であることを気にしており、毛染めを欠かさない。『ビートたけしのオールナイトニッポン』では、たけしから「ビゲンの鬼」などと呼ばれ、色の選定に失敗したことなどを突っ込まれていた[9]
  • 松尾の芸能生活10周年に本人が作詞作曲を行い、自費出版で演歌のCDを出したが、それを知ったビートたけしから「そんなことをするより、お笑いをやれ」と怒られ、ビンタの鉄拳制裁を喰らっている[7]
  • 芸能界リアクション芸人四天王のひとりと言われている[10]
  • 周囲から車の運転が慎重過ぎると言われており、高速道路での低速走行を警察に注意された事がある[11]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

現在のレギュラー[編集]

特番[編集]

過去のレギュラー[編集]

ドラマ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

CDシングル[編集]

  • 別れ雪
  • 悲しみ花

その他[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c たけし軍団『ツノだせヤリだせ たけし軍団物語』太田出版、1986年「松尾伴内 軍団紀元前編」の章
  2. ^ U-NEXTによるプロフィールより。
  3. ^ 松尾伴内公式プロフィール(スケジュール)より。
  4. ^ 『コサキンの4548』(興陽館)308ページ
  5. ^ 男女兼用でございます-松尾伴内スタイル、メンズコレの先を行く 世界で進むジェンダーレス化”. 産経WEST (2015年3月16日). 2015年4月30日閲覧。
  6. ^ 「森泉が巻き込まれたトラブル!不注意なのはどっち!?」”. 行列のできる法律相談所 番組公式サイト (2007年3月4日). 2015年4月30日閲覧。
  7. ^ a b たけし軍団編、ガダルカナル・タカ監修『我が愛と青春のたけし軍団』双葉社、松尾伴内インタビュー・座談会より。
  8. ^ 週刊ポスト「21世紀毒談」 [要文献特定詳細情報]
  9. ^ ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選!(太田出版、2008年)年表、用語集など
  10. ^ 松尾盤内のパチンコ生活(プロフィール)より。
  11. ^ 痛快!明石家電視台 北海道グルメツアー~北の大地はおいしいもんだらけ!そんなわけないやろ…ホンマや!スペシャル~”. エンタ魂. 2015年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]